スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道筋理論】 「選ぶ」能力 定義

今回からはいよいよ「選ぶ」能力についてやっていきますよー。もともとうちのブログで主張してたのはこっちなんさー。

でもでもその前にコメ返しを簡単にしちゃおうっ♪

とても励みになるコメントありがとうございます(ペッコリン ちょーうれしいよー。しばらくにやけが止まんなかったよー。

さてはて、今回はメインが「選ぶ」なのでかるーく。スッキリしていただけるかは正直自信ないけど頑張って書いてみるでー。

○能力の痕跡

大まかな認識はそれで大丈夫です。この考え方をするなら能力を回避する道筋に入った場合に能力を使おうとした痕跡が残るとするのが自然です。

でね、一応前回記事の補足と多少の訂正を入れてみますよー。

はっちゃんの裏鬼門ですがまずはっちゃんが北家の時にしか発動出来ません。つまり4回に1回の割合ですね。ちなみに連荘に関してはあんまり考えなくていいです。あの副将戦にはと塞ちゃんという存在があったために連荘が起きてましたが、実際にはほぼ連荘はあり得ないと思われます。

何故かというと、まず情報を持っていない他家が東、北を鳴かせた場合は相当高い確率ではっちゃんの四喜和が炸裂します。ということは親は流れるので次局ははっちゃんの親になります。

次に、対策されて東、北が抱えられた場合ですがこの場合でもほぼ連荘は起こり得ません。はっちゃんの手牌に東、北が2枚ずつ。で、それを鳴きたいので他家の手に残りの東、北を置くわけですがこれを引かされた段階でほぼテンパイがあり得なくなります。張れる手はチートイ、東or北単騎、東北トイツ持ちの手になります。

東、北両方掴まされる可能性が割りと高い以上この3パターンがテンパイまで行く確率は相当低いです。

つまりね、親が東、北を一枚掴んだ段階でその局に和了やテンパイで親を維持することがほぼなくなります。ほいで、残ってる東、北は4枚あるんよね。で、大体他家さんの手で浮いてる状態になってるんやから親がこれを掴まされる可能性も相当高いのです。

だから連荘はほとんど起きないと考えられます。絶対にないわけではないですけど。現にはっちゃんは絹ちゃんの手に飛びこんだりしてますしね。

ということは、はっちゃんが北家になるのが多くて4回に1回という割合になりますよね?薄い確率の連荘があったらもう少しは高いだろうけど。

つまり裏鬼門が不発で他家さんに南、西が集まってきても4回に1回。これはそこまで多くはないんじゃないでしょうか?

しかも裏鬼門は鳴きが必須条件になっており、鳴けなかった場合南、西が集まってくる人もばらばらです。(ツモ筋のずれ方がバリエーションに飛んでいるから。)

それでも、はっちゃんが北家の時に毎回中盤誰かの河に南、西が並ぶのがおかしいということが出来るかもです。ただ・・・

この南、西は絶対にツモ切られる訳ではないんです。何故か?誰かに南、西が集まる=他家が裏鬼門対策で東、北を打っていない状態ということ=その止めている子が和了を拾える形がほぼチートイ一択だからです。

もちろん、南、西を引き切ってしまえば東、北は打てるようにはなります。でも、その保証がない以上(はっちゃんが南、西を何枚持っているかが分からないから)裏鬼門の存在を知っている打ち手は東、北を温存して手作りをすることを考えるのではないでしょうか?

狙い役がチートイな以上南とか西とかより先に中張牌が切られますよね、普通なら。こうなると南、西が河に並ぶことも意外と少なくなります。

つまりはっちゃんが北家で裏鬼門が発動しないときでも不自然に南や西が河に並ぶことは割と少ないんじゃないかな?で、はっちゃんが北家になるのが4回に1回。これくらいなら牌の偏りでいいんじゃないかな?

ちなみに連続して南、西を誰かがツモってしまうに関しては反論出来ないです。この考え方だとあり得てしまうかなあと。南、西引き始めた時に鳴きが入ってずれて連続で引かないパターンがあったりするかな程度です。

ちなみにちなみに、この理論で突かれると痛いところはもう一点あります。それは東、北が鳴けなくてもはっちゃんに南、西が集まってくる可能性があることです。これに関してはなんも言えないですね。そういうことはないような道筋が作られてる・・・という想像しか出来ません。

こんな感じかなあ。正直疑問が残ってしまうのは仕方ないかもです。あくまで仮説と決めつけで推論を進めている感じなので無理が多少出てしまうかな。納得できないという方には頭を下げるしかないのだけれど。

続いて、先負に関しても少しだけ。詳しい情報ありがとうございます。確認してきましたところ、姉帯さんの手は258mと14sの5面待ちですね。1s以外ならダマで和了れるという綺麗な手ですね。

この局自体は姉帯さんの先負の「支配」と咲ちゃんの「支配」が共存して生まれた状態だと考えられますね。

姉帯さんの残す痕跡に関して。確かに面前テンパイした相手が次巡和了れるか和了れないかに関わらず毎回姉帯さんの当たり牌をツモってくるという痕跡は残ります。牌譜を取ってみたらこんな異常なことがっ!ってなると思うんだけど・・・

これは姉帯さんの能力がひとつではないことが解決してくれる気がします。先負を使った痕跡自体は残るんですが、目立たない。友引を使う局もあるし、彼女は他にも能力を持っていることが示唆されてますからね。1局につき1能力しか使えないと考えると毎回面前テンパイを入れた相手が次巡に姉帯さんの当たり牌を掴んでいるという状況にはなりませんし。

思ったより長くなってしまった。この考え方だと能力が不発でも能力を使用しようとした痕跡は残ることになります。ただ、前回の霞さんの件で書いたようにそれが目立たないような道筋を作っていると考えることが出来ます。確かに力技なので違和感は残るかもですが。

うーん、あんまり上手くまとまってないですねー。一応理論のために能力の性質を変えてるつもりはなくて、この理論を使って考えるとこの能力はこうなんじゃない?と推察を進めてる感じだと思っていただければ。あくまで推察です。ただし書く以上は私の中では自信を持ってやってくさー。

こんな感じなんですが、まだまだ付き合ってくれると嬉しいのよー。

というわけで本題。「選ぶ」能力について。今回は大まかに。登場してもらうのは、しろみー、怜ちゃん、りゅーかにキャップです。

まずは私が昔書いた駄文の方を出来れば読んで欲しいな(チラッ

小瀬川白望の能力検討

福路美穂子の能力検討

園城寺怜の能力検討

小瀬川白望及び園城寺怜の能力検討

過去作ながらこの理論の原型がここにあるんやでー。

さて、「選ぶ」能力とはその名の通り道筋を選ぶ能力です。「作る」能力が作った道筋だけが存在するわけではなく、牌山が動かない以上何通りもの道筋が卓上には存在しているのです。その中から自分にとって得なものを選んで打ち回せる能力の総称を「選ぶ」能力と言います。

「作る」能力が能動的に「支配」を仕掛ける能力なのに対し、「選ぶ」能力は受動的。存在する道筋に対応していく感じです。文面だけみると「作る」の方が強そうなんですが・・・

はっきりいえば「選ぶ」能力のがかなり厄介だと思います。様々な状況に対応出来る臨機応変さがあるからです。

「作る」能力はずっとやってきた通り自分の作った道筋に沿えなければ能力が発動してくれません。が、「選ぶ」能力は受け身の能力であるからこそ能力が生かせないという場面は非常に少ないです。

名将・赤土晴絵が白糸台の対策は取れたのに全国2位チームのエース・園城寺怜に関しては何も出来なかったのは怜ちゃんの能力が対応力と汎用性を持つものやからなんやで。

あー、照姉に関してはね、能力自体が強過ぎて対策無理だったんじゃないかな?ちなみに対策されてますが菫さんも「選ぶ」能力です。「選ぶ」能力でも汎用性があるものと選ぶというよりはむしろひとつの道筋を歩むことを強制されるような不自由なものまで多種多様なのです。

具体的にはどんなんがあるん?というわけで、しろみー、怜ちゃん、りゅーか、キャップにサンプルになってもらいますー。ただし詳しくは次回やりますのでここでは簡単に。

○小瀬川白望の「選ぶ」能力

私の嫁ことしろみーの能力は「最善手を選び続ける能力」です。これを道筋理論的に言い直すと「通常の打牌の範疇で無意識に最善の道筋を選ぶ能力」ですね。なぜこう考えられるかは過去記事と次回に投げます(笑)今はこうだと考えてやってください。

注目ポイントは「通常の打牌の範疇」なことと「無意識」なことと最善の「道筋」を選んでいることです。これが「選ぶ」能力の典型例。

○園城寺怜の「選ぶ」能力

怜ちゃんの能力は「1巡先を視る能力」でした。これを道筋理論的に言い直すと「1巡ごとに不合理な打牌も含めて意識的に視えた情報からよさそうな道筋を選び続ける能力」です。

注目ポイントは「不合理な打牌も可能」ということと「視えるので意識的」であることと「一本の道筋を選んでいる訳ではなく、すごろくのコマみたいに1巡ごとに選択を迫られること」ですね。しろみーとはタイプが全然違うけどこれも「選ぶ」能力です。

なお、なぜこう考えられるのかとかデメリットとかは過去記事(ry

○清水谷竜華(枕神怜ちゃんモード)の「選ぶ」能力

最近出てきた私がこの話を始めるきっかけ。その能力は「最高打点への最短の和了の道筋を選べる能力」です。道筋理論的に言い換えると「回数制限があり、自分に和了筋がない時には発動できないが、不合理な打牌を含め意識的に一本の道筋を選ぶこと」です。

注目して欲しいのは「常時使えない=和了筋がないと使えない」ことと「不合理な打牌も可能(ただし自分の手に関することだけに限る)」ことと「意識的に使える」ことと「一本の道筋を選ぶ」ことです。

しろみーと怜ちゃんのいいとこどりみたいに見えますが私的には二人の劣化だと思ってたり。デメリットとして回数制限があること、守備的な意味合いでは使えないこと、最善を選択している訳ではなく使える情報が自分の和了筋だけなので他家に関して能力を発揮できないことがあります。

ちなみに二人に勝っている部分は意識して不合理な打牌も含めて(無意識に普通の打牌の範疇でしか道筋を選べないしろみーに勝っている部分)一本の道筋を選べること(よって裏目引きがない=怜ちゃんに勝っている部分)ですね。

私的には「選ぶ」能力は守備的な意味合いで使えることが強い部分だったりすると思っているので。同じ一本の道筋でもしろみーは「守備」に意識を置いた道筋も選べますし(振り込まない、失点を抑えるために鳴かせる等など)、怜ちゃんの能力で最も強いのは振り込まないことですからね。

ちなみに何故私がしろみーと怜ちゃんをこんなに推してるかは過去(ry

○福路美穂子の「選ぶ」能力

彼女の能力を道筋理論的に表すと「他家の手牌を正確に読み、点数や場の状況を考慮に入れた上で他家に和了らせる、振り込ませる、自分が和了る等を選択することが出来る」です。

この子も詳しくは過去記事と次回で。ただ、正直私はこの子は作中最強候補の一角だと思ってます。能力が強過ぎて、なおかつ汎用性が高過ぎるからです。咲や衣と同卓しても勝てると思います。それくらいの能力。

注目ポイントは「他家に関しては不合理な打牌が出来る」ことと「意識的である」ことと「ツモ牌に関しては裏目引きがあり得るが、打牌に関しては裏目引きがあり得ない」ことと「一本の道筋を選びながら突然違う道筋に移ることが出来る」ことです。

最後が分かりにくいと思うので少し補足。

まず、自分の手ありきで普通に打ちます。これは普通の道筋を辿っているだけ。でも、この子は他家の手の進行が分かるのだからその道筋をいくと誰が和了そうなどの情報を常に確認できます。そこで突然別の子をアシストしたり、当然打つべき牌を絞ったりしながら自分に都合のいい展開を選べるんですね。

何が強いか。道筋理論は「不合理に打てば道筋を逸れることが出来る」という前提がありましたよね?この子はこの「不合理に打てば」を「意識的に」「裏目なし」で実行することが出来るんです。

えっと、もっと分かりやすく言うと怜ちゃんは煌ちゃんに鳴かせたもののその打牌で煌ちゃんが照姉の当たり牌を出してしまったために連続和了を防げなかったということがありました。キャップにはその裏目引きがあり得ないのです。だって、何を鳴かせたら何を切るのか、誰がどういうテンパイをしているのか等を正確に把握してるんだから。

その場面場面に応じてベストな対応が出来るんですねー。

しかもツモに関しては分からないものの他家の手牌構成が分かっているのだから何が山に生きているのかをかなり正確に読むことが出来ます。こちらに関しては裏目があり得るものの、怜ちゃんと同じような攻撃に生かせる能力でもあるということですね。

なんて感じで4人あげた訳ですが「選ぶ」能力を観るときのポイントは「意識しているか否か」と「不合理に打てるかどうか」と「選べるもの」に注目することです。これでどんな能力なのか判断しやすくなるかと。

ちなみにもちろん「意識出来た方」が強いし、「不合理に打てた方」が強い能力ではあるんですが、一番大きいのは「選べるもの」です。

「選べるもの」を観るときは「どこから」選べるかと「何を」選べるかを観る必要があります。

例えばしろみーは無意識ですし、不合理に打てるわけではありませんが「普通の打牌の範疇で相手の手牌進行等も加味した上での道筋」の中から「最善の道筋」を選べるから強いんです。

選択肢は多い方がいいし、選べるものは質が高いものがいいのです。枕神怜ちゃん付きりゅーかがしろみーに劣るのはこの部分ですね。

りゅーかは「不合理な打牌を含めて自分のツモ筋を加味した上での道筋」から「最高打点への最短の道筋」を選べる感じですので選択肢の数も選べるものの質もしろみーよりも若干質が低下しています。

とはいえ、これだけだと言いたいことが伝わってないかもです。詳しくは次回作中に出てくる選ぶ能力者全員取りあげる予定なのでそのときに。

といった感じで今回はここまでにします。ご清聴ありがとうなのです。

あ、それですね・・・

明後日からは通常営業に戻るので更新頻度が多分落ちます。もちろん最後までやるさ―。目標は1月中に一通り完成だし。でもコメ返しとかが遅くなるかもです。でもでもこれからも頑張って書いていくので気長に付き合ってくれると嬉しいですー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>何故かというと、まず情報を持っていない他家が東、北を鳴かせた場合は相当高い確率ではっちゃんの四喜和が炸裂します。ということは親は流れるので次局ははっちゃんの親になります。
北家の次は西家なのでは?

No title

メンツで能力認識が揃っていれば東か北の片方は鳴かせてもいいから連荘の可能性はそこまで低くないんじゃないかな。

まぁ、こんな危険地帯、親がトップなら早く切り抜けたいでしょうから、ダマ進行で最後はテンパイ崩すんでしょうけど

No title

面白いですね、道筋理論。 シリーズ全部楽しく読んでます。
これ使えば咲さんの「末原先輩最強発言」の真意も解明できる・・・かも・・・!?

No title

ちょっとキャップを過大評価しすぎじゃない?
キャップの場合はいわゆる「能力」じゃなくて読みと分析の賜物でしょ?
ばっちり読みきれる局もあれば、なんとなーくだったり読み違えてることもあると考えるのが普通じゃないの

シロについて「通常の打牌の範囲内で」と限定しても道筋が分岐する場面は無数にあると思うんで
「最善手を選び続ける」というのがその度に能力を発動しているという意味なら個人的には考えづらいですね
数ある分岐の中でもシロの能力が発動するほど悩む場面は限られてるんじゃないかと

No title

 キャップもだけど、シロ怜も過大評価っぽい気がする。キャップの右目が能力か否かは正直判別しきれないし、個人的には洋榎もほぼ同じことをやってるように感じる。部長の悪待ちにノータイム合わせうち、聴牌気配0と言わしめた胡桃の待ち読み「まぁ、そこやろな」、去年のインハイやスプリングにおいて常に+収支。この描写と成績から考えれば怜ほどでないにしろ、放銃率はかなり低いはず。開眼の描写と難易度から能力と言われてる側面が大きいけど洋榎でも似たようなことやってることから能力でない可能性も十分に高い。正確な手配がわかっている明らかな描写もないし、さらに言えば分析に必要なのは明らかに開眼前の情報(理牌など)が多いので、いわゆる「魔眼」を持ってるわけじゃないだろうと思う。絶対に能力じゃないとまでは言い切れないが。連続和了についてはただの結果でしょう。照なんかは打点制限から、例えば「点を徐々に上げることで友好牌を引き込める」みたいな能力を想像できるけどキャップは単純に実力で他者を上回ってただけ。個人戦を考えていいなら部長相手に読みが成功しながらも和了られてる。
 シロも怜もいわゆる「場の支配」に対しては能力としては無力。例えばいくらずらそうが玄のドラ爆はいまだに破られてないし、照の和了(仮に能力として)で「ズラしても和了るんか?」があった。すばらがあそこまで鳴けたのは自分の利を最大限捨てたからでしょう。ぶっちゃけ怜が意図的に鳴かせるのに成功したのは案外ないんじゃないかな。
 シロは描写少ないし正直分からないけど、少なくとも以前の記事にあった「常に」は言い過ぎではないかと。最終的にトップとはいえタコスが負けたのも結果的には姫様が二度寝したからだし、東3の和了の後は+6000。確かに放銃率は低そうだけど収支的に何回か姫様に振り込んでいると予想されてるとこもありましたしね(自分の手柄みたいに言うのはあれですが)。ランダムとまではいかなくとも何らかのタイミングはあるんじゃないですかね。
 長々とうざいこと言ってすみません。最近見つけて一気に記事読んできたのでその辺まとめた感想みたいになったので長くなりました。ただ道筋理論は正直かなら面白いと思いますし、大筋では納得いくものと思います。実際キャップ怜は「場の支配」的に強力なタコス玄を抑えてますからね。印象としては相手にしたくないのが「作る」能力で爆発力強制力が強い、持っておきたいのが「選ぶ」能力でアベレージが高い、ただし「支配力」次第ではどうしようもないって感じですね。ガイト、憩がどんな打ち手かはわからないけど、前年が荒れたのは衣姫様憩なの確かだろう衣姫様は明らかに後者。極端に言えばシロは局数が少なかったとはいえ神降ろしには勝ってない。怜はドラ爆玄、とばないすばらを利用してなお照に負けたし、竜華が淡に負ける(本編考えればさすがに白糸台は勝つだろうという予想の元)となると、負けにくいだけで記事にもある通りどうしようもないのはどうしようもないんじゃないですかね。自分が負けにくければその分他が沈み相対的には勝ちの方へよるになるし。

No title

返答ありがとうございます

今回の記事を読ませてもらって、管理人さんが能力の痕跡に対して、ぱっと見で不自然に見えなければ能力は発動していないと考えても問題ないとしていると感じました。

確かに、連荘がなければ4回に1度だけ、捨て牌に並ぶとは限らない、鳴きが入れば同じ人が連続でツモらない
かもしれないと考えると、見た目上一局を見ただけでは不自然なことが起きたとは思わないでしょう。
しかし、はっちゃんが北家のときの牌譜を集めると、手の中で浮いた東北を切っていたらはっちゃんに南西が集まっていたと思われる牌譜がごろごろあることになり、これは明らかに不自然だろうと思います。

先負に関しても、他の能力が使われていない牌譜のうち、リーチをかけたくなるような手をテンパイしたものだけを取り出して調べると、次順に当り牌を掴まされているケースが常識的な確率からは考えられないほど多く見つかると思います。もっと言えば、そんな牌譜がいくつあるんだ?と言いたくなるような特殊な牌譜が意外と多くあることにもなります。

前のコメントでも同じようなことを書いたんですが、
限られた条件下であれ、何らかの不自然が生じたのならば、それは偶然ではなく能力によるものだと咲では考えているのではないでしょうか?
それならば、リーチをかけなかった、東北を鳴かなかったあとに起こる不自然も能力によるものと考えるべき、先負や裏鬼門はリーチや鳴きが必要といった一般に考えられているのとは実は少し違う能力なんだというべきなのではなかろうか?


と、ここまで書いてからこれまでの記事を読み返してみたら、そもそも道筋理論では「ツモを操作する能力」を「積込みをする能力」と考え直すことから始まっていたんでしたね。だとすればこれまでの能力の常識を白紙にして、新たに作中の表現と理論に合うように定義しなおすのは当然のことなんですね。


何が言いたいのかよくわからない文章になってしまいましたが、言いたいことは、「目立たなくたって不自然は不自然なのだから能力によるものとして能力の再定義をしてみてほしい」ということです。
もちろん道筋理論にそんな再定義は必要ないとのことでしたらスルーしてください。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。