スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天邪鬼?ミーハー?

どうでもいいけどなぜ私のPCは「たがため」がちゃんと変換されないの?馬鹿なの?

というわけで、前回『誰がための刃 レゾンデートル』の感想を書かせて頂きました。その中で島田荘司先生について少しだけ触れました。が、実際には私は先生の作品は『占星術殺人事件』しか読んだことないんですよね。なんか文面だけ見ると凄いファンです的な感じになってましたが。

私はね、多分天邪鬼なんですよ。有名な作家さんの作品はあんまり読んでない気がします。まあどんな話かは大体分かるんですけどね。ネットなんてネタバレの宝庫ですし。

ただね、一方では凄いミーハーだったりするんです。映像化した、何かの賞をとった等話題になったものには結構片っ端から手を付けているんですよね。実際今までこのブログで触れた作品は何らかの賞絡みですしね。ちなみに『占星術殺人事件』もドラマ版金田一少年の事件簿お蔵入り事件があったから読みました。日本ミステリが誇る名トリックでしたね。

他の例をあげると・・・

東野圭吾先生はドラマ化した天下一シリーズと『聖女の救済』『流星の絆』のみ触れています。

伊坂幸太郎先生は映画化した『死神の精度』しか読んだことがないです。

宮部みゆき先生は歴史物は読むんですが、っていうかお初さんの話ね、ミステリ系やファンタジー系は触ったことがないです。(ちなみに映画化している模倣犯は手元にあります。ずっと。もう3年位放置してあります。いつか読まなきゃとは思ってるんですが・・・)

などなど。一応若い人(私は自分を若い人だと思ってます)に人気のありそうな作家さんで考察してみました。

ミーハーな天邪鬼なのですよ、私。

多分購入の仕方が問題なんですよね。ひとまずタイトルが目についたものを立ち読みして、自分に合うかなと思ったら買うようにしてるんですが、大体が保留扱いになっちゃうんですよ。だってお財布の中身は有限だから。本気で面白そうなら即買いですが、外すのは怖いのです。だからこう考えるんです。

「違うメディアで取り上げられている作品はおそらく面白いのだろう。」
「有名な作家さんで失敗した時の方が精神的にダメージが大きい。」

だから作家さんで選ばずに、周りの反応と立ち読んだ感想で読む本を選んでます。ビッグネームは外れは少ないでしょうけど外した時の絶望感がもう・・・。

まあ、これはある作品からきたトラウマによるものなんですが、その話はまた別の機会に。

なのでこれからも結構偏った、それでいてなかなかに有名な作品について触れていくと思いますがこれからもよろしくお願いいたします。

全然関係ないですが・・・

一応ブログを始めた当初にやろうと決めていた記事は書ききったので多分更新ペースが落ちます。気が向いたときに書くってスタンスなので、もともとは。

っていいつつまた明日もなにかしら書いてそうな気もするんですが(笑)

って感じで今日はお開きと致しましょう。ご清聴ありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【天邪鬼?ミーハー?】

どうでもいいけどなぜ私のPCは「たがため」がちゃんと変換されないの?馬鹿なの?というわけで、前回『誰がための刃 レゾンデートル』の感想を書かせて頂きました。その中で島田荘

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。