スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捩れ屋敷の利純

けれども……彼女の忠告を尊重して。ここはひとつ……、黙っていよう、と思うのだ。

はい、というわけで今回は森博嗣先生のVシリーズのこの作品『捩れ屋敷の利純』についての感想を書かせて頂きます。さて、本作は実は過去記事で少しだけ触れてます。それが『四季』シリーズ、特に秋なんですが・・・

本ブログで『四季』はネタバレ自重せずに感想を書いてたりするので本作読んでない人は出来る限り観ないでください。やばいネタバレがあるわけではないんですがそれでも一応・・・。え?そんな感想書くなって?読む順番がおかしかったからねしょうがないね。

という言い訳をしつつ。というわけであの時いまいち分からなかった大部分の出来事が本作で補完出来ました。本作はVシリーズの1冊なのですが少しだけイレギュラーだったりします。なんと、S&Mシリーズとのクロス作品なんですよぉ。・・・いや、知ってて買ったんだけどね。

はい、じゃあそんな本作の作品紹介にいきましょう。

エンジェル・マヌーヴァという工芸品を観るため秋野秀和と名乗り熊野御堂家の屋敷を訪れた保呂草潤平。不思議な建造物を観るため国枝桃子と共に屋敷を訪れた西之園萌絵。捩れ屋敷と呼ばれる建造物、不思議な密室状態にあるログハウス。二つの物語が二つの奇妙な建物で起きた殺人事件とエンジェル・マヌーヴァ盗難事件でクロスする。招かれなかった二人の探偵役を尻目に。・・・こんな感じかな?

瀬在丸紅子と犀川創平は今回屋敷に招かれなかった人々なのでほとんど出てきません。ただ、犀川先生は少ない出番できっちりお仕事してますし、瀬在丸紅子もプロローグとエピローグに出てきていい味を出しています。というかですね、この作品はプロローグとエピローグが実は一番大事だったりします。

本作読んでてまず思ったこと。国枝ちゃんってこんな可愛かったっけ?本作で一番いいキャラだった気がする。そもそも国枝ちゃんはある理由から外見が男に見えるという特徴を付けれらてしまった可哀そうなキャラだったりします。詳しくは『すべてがFになる』を観ましょう。ただ、シリーズが進むごとにどんどんいいキャラになってますよね、うん。

そもそも今回は登場人物が少ないです。シリーズキャラクターの保呂草、萌絵、国枝の3人の他に5,6人しか出てきません。なので、消去法で犯人分かっちゃいます。というか、多分わざと知らせてますね、これは。話的にも犯人は論理的に導いてるわけではないですしね。

今回問題になってるのは複数のハウダニットです。屋敷物ですしある意味当然ですね。こんな建物普通作らないだろっていう屋敷で起こる殺人は意外に好きだったりします。あきれることもあるけれど小説の中でしかできないトリックだからね。やっぱり面白いです。

今回のもなかなか強引な仕掛けでした。けどワクワクは大きかったですね。

一応本作の探偵役は萌絵ちゃんになります。ただ保呂草さんもそれなりに色々動いています。本作はこの二人のやり取りが魅力ですね。保呂草さんは萌絵に紅子の面影を、萌絵も保呂草さんに犀川の匂いを感じているようです。クロスっぽいね、うん。

ただ、本作の一番の面白みは実はプロローグの記述にあります。プロローグだけ保呂草さんの一人称で書かれています。ここの記述、かなり重要な伏線なので覚えておいてください。

「いつも三人称で書いているから今回もそうするでー」

これが最大のポイント。これを意識すると違和感を感じ取れるかも。といってもストーリー上でこの違和感は大した意味はないです。この違和感は続きものだからこそ面白みを持つものだから。

ちゃんとエピローグでネタばらしが入るのでご心配なきよう。ただし、一番大事な情報は隠されたままです。本作で語られなかった真実が『四季』の秋で語られます。そのための伏線の話なんだと思います。ただ、いやらしいのが本作の形式をこうしておくことでシリーズの読者にある勘違いを植え付けています。

そのへんは何度でもいいますけど『四季』を読んでくださいね。私はとても後悔しています。どうして順序立てて読まなかったのだろうと(笑)まあ、いまさらなんですけどね。

大体いいたいことは言ったかな?というわけで人気シリーズがクロスする、過去、そして未来に向けた伏線の話、是非読んでみてはいかがでしょうか?


【どうでもいい追記】

一応ですね、『四季』を読んだときに前提条件としてあげたもう一作『有限と微小のパン』も入手済みだったりします。いずれ感想を書く予定です。で、これ読んだら私的おすすめ読書順序的なのも書こうかなーって思ってます。とりあえずこれだけは絶対読もう的なやつを。

ただ・・・今めちゃくちゃ小説積んでましてね。いつになるかは分かりません(笑)

頑張って年内以内には書きたいところですけど、気分次第なのでどうなるかは分からないですねぇ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。