スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片眼の猿

大衆社会と呼ばれる今の世の中で「個性」を持ち続けることは難しい、そんなお話。

はい、今回は道尾秀介先生の『片眼の猿』について感想書いていきますよ。

というわけで今回初めてブログで道尾先生の作品を扱います。ただ私の読書歴で先生の作品を初めて読んだというわけではありません。これで2作品目です。うん、敬遠してたんですよね。ある作品のせいで。ものすごーく有名なあの作品ですね。いや、面白かったけどね。

ただ、友達に道尾先生の大ファンがいまして猛プッシュされたので久々に読んでみようかと思い今回久々に手に取ってみた訳なのです。

え?本当に同じ作家さん?というのが正直な感想。どっちも面白かったけど本作はかなり読みやすい一作でしたね。こんなんも書けるんかこの人という感嘆。

ちなみに本作は十二支シリーズという作品群の一作なんだとか。

じゃあ、早速作品紹介ですのー。

ある特殊な容姿を持つ主人公。盗聴専門という彼が経営する探偵社にある依頼が持ち込まれる。その依頼をこなす中で彼はある女性に興味を惹かれることとなる。彼女と接触し自身の探偵社の引きこもうとするがとある事件に巻き込まれていくことに。そしてその事件は彼のとある過去の出来事とも繋がっていて・・・といった感じですかね。

その手際の良さには敬意を表さないとあかんですね。さすがといった感じ。さらっと謎を残しつつどんどん話を進めていって忘れたころに種明かしされる感じ。しかもいっぺんにではなく、ところどころ小出しにして。

トランプとか過去の事件とか今起きてる事件とか登場人物それぞれの事情とか。

いやいや、作中のあなたたちは納得してても私たちなんのこっちゃ分かりませんよぉ。

とか思いつつもどんどん話が進んでいってしまうので分からないまま進んでいくと唐突にネタばらしが入ったり。え?今それについて触るの?的な。意外なタイミングなんだけどよくよく全体をみると最高のタイミングとしか思えないんですよね。

『犬はどこだ』でも同じこといってましたけど魅せ方が本当に上手いですね。今回は逆ですけど。知ってる前提で進む登場人物と情報を隠されている読者って対比ですからね。情報を読者に渡すタイミングを上手く調整してます。それによって読者を一気に話に引き込んでます。

事件としては相当重い内容なんですが、受ける印象はそこまで重々しくないんですよね。むしろコメディを読んでるイメージ。キャラが全体的に明るいからかな?一応このキャラクター達がこの作品のテーマを体現してるわけですしね。

だからもの凄く読みやすいです。巧みに読者をミスリードへと誘導する技術とか話の中に惹きこませる文章力とか素晴らしい部分は多々ありますが何よりも「読みやすさ」が私の中では一番の特徴な気がします。これが本当に意外でした。先生を敬遠してた私にとっては。

ただ読みやすさの中にある技術、謎の畳み掛け、錯覚のさせ方・・・これらはやっぱりあの作品の作者だなあとも思えるレベルでしたね。

うーん、こんな感じ?感想としては薄いかもですが本当にあまりの読みやすさにびっくりして他の感想が出て来なかったです(笑)過去読んだあの作品が私にとって衝撃的なものだったということですね。

さて、その作品ですが今私の手元に持ってきてあります。もうお気付きかと思いますが・・・

『向日葵の咲かない夏』

です。いや、面白かったんだ。絶賛出来るレベルなんだ。ただ、なんとなく気持ち悪かったんだ。多分好きな人はめちゃくちゃ好きなんだろうけど私的にはそれはあかんやろうって感じだったんだ。

うーん、でもね、今回別の作品を扱ってみてもういっかいちゃんと向き合った方がいいんじゃないかなーって思うようになったのも事実です。このままの印象で終わるにはもったいない作品だったんじゃないかなーって。

なので、いずれこのブログでも扱う・・・かもね。

はい、いつも通りの脱線具合ですが巧みな技術と読みやすさが合わさった本作、是非手に取ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。