めざせっ、トップアイドル!

ζ*'ヮ')ζ<うっうー!今回はアイドルマスターのアニメ感想かなーって。

はい、ブログを閲覧してくださってる皆様っ!アイマスですよ、アイマス!「アニメ・漫画」カテゴリを作った時に氷菓に並んで絶対扱おうと思ってた作品ですね。私は大体の有名どこのアニメは観てたりしますが視聴歴の中でも屈指の作品です。3回くらい泣きました、割と号泣的な感じで。

言うまでもないことかもしれませんが一応。アイマスことアイドルマスターはゲーム原作ですねー。アーケードから始まり家庭用ゲーム機に移植され多くのソフトを世に出してますねー。ちなみに私はひとつもやったことないです。まあ、ゲーム自体あんまりやらないからね、しょうがないね。ネト麻とポケモンぐらいですね。

プレイ動画は観たことあるんだけどね。あとアイマス関連の楽曲とかは結構知ってます。ニコ厨なので(キリッ

ただ、二次創作の動画はあんまり観ないですね。ちゃんと観てるといえるのは雀姫伝くらいです。なおあれに出てくる麻雀漫画はほぼ全部読んだことがある模様。

動画じゃなくてSSは大好きなんですけどね。SS読むのは私の趣味の一つです。これのせいで読書のペースが遅くなることもしばしば。リンクはいいのか分からないので張りませんがSSのサイトはメインがひとつ、そしてアイマス専用でもういっこブクマしてあります。これについて語ると長くなってしまいそうなので今後駄文でやるかも。今回の記事はあくまでアニメメインでいきます。

作品内容は765プロ所属のアイドル達が力を合わせて時には切磋琢磨しながらトップアイドルを目指していくというものです。もともとゲーム原作なうえに多数の作品を有していてなおかつ長い歴史を持ってるためキャラ立ちは十分、なおかつ私みたいなほとんど前情報がない人でも熱中できるよう上手くキャラを紹介しつつ彼女達を生かす脚本でした。

というわけでもう少し細かく観ていきますよー。

〇1クール目 

顔見せ→伊織回→雪歩回→ゲロゲロキッチン(はるちはひびたか)→海回→竜宮小町と美希、P回→やよい回→あずさ回→亜美真美回→運動会回→コンサート準備回(美希伏線回)→美希回→コンサート(強いて言えば美希回)

という13話。羅列だとみにくいかもですがこれを縦に並べちゃうとおそらく異様に長い記事になってしまうのでこれでご容赦ください。全体的な感想は「2クール目いるのかな?」という感じでした。ここまででも並みのアニメよりも全然いい出来でしたからね。

ちゃんと全員見せ場があったからねー。確かに登場シーン、回数こそ差はあるけども全員が魅力的に描かれていたと思います。それらを踏まえた上で・・・

観た感じ美希無双といった感じ。伏線2回に自分メイン2回、しかも1クール目最終回も自分メインという優遇具合。ドラマが作りやすい子だからね。やっぱりミk・・・美希ちゃんが一番きらきらしてたって思うな、あはっ☆

ただ、前半戦MVPは個人的には伊織ちゃんだと思います。1クール目はそれほど存在感がありました。要所要所を締めてた感じでしたね。次点では真くん、あとやよいちゃんですね。彼女達もおいしいポジションだった気がします。

正直竜宮小町出てきた段階であずささんと伊織ちゃんは退場するのかと思ってたからねー。全然そんなこともなく。実際多分竜宮小町は中の人の事情だっただけだろうからアニメでは普通に話に絡んでました。

あと、メインヒロインことわた、春香さんもいいポジションだったね可愛かったね。

〇2クール目

顔見せ回→生っすか!?回→響回(ハム蔵回)→真回→律子回→貴音回(千早伏線回)→千早回→千早、ジュピター、小鳥回→クリスマス回(雪歩誕生日回、春香伏線回)→春香伏線回→春香回→最終回→特別編

私個人的に3回泣いた伝説に残るであろう2クール目。生っすか!?MC組(春香、美希、千早)の優遇のされ方が異常だった気もしますがそれを感じさせないほど面白かったです、泣けて笑えて。

ひびたかは少し可哀そうだった気もしますけどね。貴音さんの方はしっかりとした話だったのでそんな気になりませんでしたが自分のペットに喰われる響ェ・・・。ただ響の扱いは生っすか!?と自分メインの回は確かに酷かったけど全体的に観ればこの子は結構出番あったよね。上位互換に亜美と真美という双子がいたけども。

2クール目から961プロとジュピターとの対立がメインになってきました。ジュピターが発表されたときのニコ動のランキングが荒ぶっていたのは今でも覚えてますが今となってはよかったよね。少なくとも個人的にはそう思いますね。

ちなみにジュピター好きにはP.K.ジュピターシリーズ(私がそう呼んでるだけ)というSSをおすすめしておきますね。961にPが修行に行ったり、冬馬君が765にレンタルされたり、小鳥さんも交えて飲み会したり、雪歩と焼き肉したり、やよいちゃんを寿司に連れていったり、アイドルの誕生日を祝うために歌ったりね。

脱線しました。ここで一応メインのイベントになる私が泣いたエピソードについて触れていきますよ。

まず20話での千早の『約束』ですね。号泣。もうこれが最終回でいいんじゃないかなと思ったくらい。未だにこの曲を聴くと泣きそうになるくらい感動しました。ベタだけど、やっぱり王道って最高ですね。

次に21話の千早の『眠り姫』です。これはうるっときた程度でしたけどあのエピソードのあとにこの話を持ってくるというね。このシーンでの音響トラブルって元ネタニコ動の隣にのMADって本当ですか?あの動画もやばかったよね。即マイリスしました。ジュピター?そんなんあったっけ?

そして24話のラストですね。長々伏線を張っていただけにここの破壊力もやばかったです。実質最終回だからね。アニマスの春香さんはあざとい要素が抑え目になってて本当に可愛いですね。二次創作だとなぜあれほどいじられるのでしょうか?愛されてる証しなのかな。

2話使った千早、3話使った春香という後半のラインナップ。ただ一番おいしかったのは間違いなく美希ちゃんでしょうね。「ミキ、感動したの!」とか春香ちゃんと主役の座を争ったり「帰る場所が~」とか。

それにしてもハニ―もといP絡みとアニマスの主役争いのせいで春香と美希が不仲という風潮・・・一理ない。この二人は絶対仲いいってば。好きなキャラは選べないけど好きな組み合わせといわれたらはるみきですもん私。なお次点はひびたかの模様。というか言っちゃえば全部好きですけどね、じゃないとSSなんて読めないよ。

彼女達が実在したら付き合いたい子は選べないけど結婚したいのは小鳥さんだけどね(ボソッ

はいはい、脱線脱線。といった感じで確かに優遇されたキャラはいたけど冷遇されているキャラはいないところがアニマスの魅力なのかなと思います。出演シーンは少なくてもちゃんと魅力は伝わってきましたからね。

例えば雪歩ちゃん。メインで話に絡むことはあんまりなかった印象ですがところどころ現れてはしっかりお仕事をしていた印象。貴音さん、あずささんの年長組もまた然り。一言で存在感を勝ち取っていく感じでしたね。

響ちゃんと亜美真美ちゃんは誰とでも絡んでいけるので細かいけど出演シーンをかなり多いんだよね、個人的な印象だと。

・・・別にさっきあんまり触れられなかった子をフォローしてるわけじゃないよーそんなわけないじゃないですかー(棒)

あとアイドルじゃないグループもよかったですねー。律っちゃんはゲーム組は悲しんだでしょうがアニメだけならプロデューサー転向は大成功でしょうし。エビフライもいいけどパイナップルだって魅力的だし。

小鳥さんも出演シーンこそ少なかったですがいいポジションを確立してましたねー。というかあんな優良物件が隣にいるのに手を出す気配がないPは何を考えているんですかね?あっ・・・(察し)、まさかPさんって・・・ダメよ小鳥ぃ~。

社長も安定感があったよね。さすがといった感じ。765も961も。ただ黒井社長はもうちょい実はいい人設定が欲しかった気もするけどね。

で、一番難しかったであろうPです。なにせ視聴者さんのポジションなわけですし、ゲームだと。でも普通に良キャラだったよね。

ただ、キャラ造形もドラマの作り方もだけど制作さんサイドが一番頑張ったのはED含めた楽曲部分だったと思います。本当に名曲が多いよねアイマス。一番好きな曲は決められないなー。名曲といわれると『隣に…』と『自転車』と、あと・・・うん、これも絞れないわ。

と、そんなこんなで好き勝手喋りつくした感じですがいかがだったでしょうか?一応無難な感想にとどめたつもりですけど。一応書きたかったことは大体書けたかな?あとで記事見返して何かあったら追記か駄文で触れますかね。

というわけで泣いて笑えて、さすがにめちゃくちゃ長いコンテンツなだけあるなーと、不動の人気を誇る作品だなーと思わされた名作、是非観てみてくださいねー。私もまた観たくなったので今度借りてきますかねー。


はい、ここからは業務連絡ですよー。一応アニメ・漫画カテゴリの2回目でしたがどうだったでしょうか。あくまで読書メインでいきたいのでそこまで多用するつもりはないんですが、とりあえずアニメはあともう1作品絶対触っておきたい作品があったりします。さらに未だに一度もやってない漫画ですが作品候補は数種類ありますがそのうち2作品は絶対やりたいと思ってたりします。

小説の感想ではないけれどそちらの方もお付き合いいただければ幸いです。

ζ*'ヮ')ζ<ではでは、ここまで読んでくれた皆さん、はい、たーちっ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR