四季 春及び夏

私がしようとしていることは、私が決めたこと。私は、しようと思ったことを、しなかったことは、一度もないわ。

というわけで今回は森博嗣先生が創り出した天才、真賀田四季を主役に据えた物語である四季シリーズの前半2作品春と夏について語っていきます。

実はですね、これをどう扱うか結構迷いました。一応今手元に4冊あるんですけどこれを4つに分けて紹介するのか、ひとつの物語として紹介するのか。で、妥協案で2作品ずつ紹介するという形に。

で、まずはじめに注意事項。このシリーズは森作品の中でもS&Mシリーズ及びVシリーズのサイドストーリー的立ち位置になっています。だから多分それらを読んだ後に読まないと中身を読みとくのは厳しいかもしれません。

必須条件:『すべてがFになる』を読んでいること

推奨する条件:『すべてがFになる』『有限と微小のパン』及びVシリーズを読んでいること

って感じですね。ちなみに私は必須条件しか満たしていません。いずれ読むことにはなると思うけどね。だから正直にいえばちゃんと理解してるかどうか自信がないのが本当のところ。

ただ、今の世の中は作中とは違いネットが普及しているので足りない情報は比較的簡単に埋めることが出来てしまいます。こういう読み方はあんまりおすすめしないけどね。だって、だって手に取ったのがこの作品が先になってしまったんだからしょうがないじゃんか(笑)

それでもFになるは読んどかないと夏以降は楽しめないとは思うけども。春はある程度ミステリ要素があるんだけどね。

さて長い前置きになってしまいましたがそろそろ本題へ。で、ここからは・・・

いつも以上にネタバレ注意でお願いします。

気をつけますが幾分いろんな森作品に深くかかわっている作品なのでどこでネタバレしちゃうか分からないので。もちろんする気はないんですよホントだよ?

『四季 春』

真賀田四季が5歳のころのお話。叔父である新藤清二の病院で起きた密室殺人。その才能が注目され、周りからも特別視されるようになる中彼女の中でひとつの節目となった出来事があった。彼女の周りの人間、全てを巻き込みながら少女は特別な自我を形成していく。類まれな頭脳を持ち神に最も近い人間と称される天才の少女時代。・・・こんな感じかな?

前述の通り春はミステリ要素があります。密室殺人自体は些細な問題として扱われていますが、それ以外にもちょっとしたギミックが施されていたり。なのでこれに関して言えば前情報なしでも楽しめるかも。ただ、納得はいかないだろうけどね。

『すべてがFになる』を読んでおくと一応重要な前提が頭にあるはずなので納得できるし、間違いなく楽しめる一品になっています。

推奨する条件を満たしていると意外なキャラの登場、その関係性にさらに楽しむことができるかと。

とはいえ、完全にそのギミックを生かそうとしている訳ではなく、あくまでストーリーの中の一要素をして扱っているので途中で気付けるようにはなってるんですけどね。・・・というかネタばらしがちゃんとある訳ではないのっで気付けなきゃダメなんだけど。

いきなり透明人間とかが出てくるので最初本当にミステリなのかこれ?と感じてしまいますが紛うことなきミステリです。少なくとも『人格転移の殺人』みたいなSF要素がある訳ではないです。

本作最大の特徴は疾走感、臨場感があることですね。作品全てではなくそれが求められる場面で。言葉の羅列なんだけど、それが場面に与える影響は大きいです。

実際人間の思考なんてこんなものでしょう。今私が書いているような文章の形で何かを捉える人は少ないと思います。少なくともその空間の一瞬だけを切り取るならば。文章にするという作業は何かを認識して、さらに具体化する作業が必要な訳ですし。なんて、少し四季さんに毒されたのかもね(笑)

あ、四季さんはちゃん付けが嫌いだったりするので気を付けましょう。ませてるわけではなくて精神的には大人以上の存在だからね。

春における四季はある意味最も人間らしくないキャラクターになっています。無駄なこともしますがそれまで計算に含まれたことだったりするからね。あざといの究極の形?一方次に紹介する夏における四季は少しだけ人間味を持ったキャラクターになってたり。というわけで・・・

『四季 夏』

真賀田四季13歳のころの話。『すべてがFになる』では語られることのなかったあの惨劇の全貌が明らかになる。その後自身が幽閉されることとなる妃真加島の研究所で実の父、そして母に何があったのか。彼女は何を思い、何を目的に行動したのか。彼女には何が見えていたのか。様々な人とのかかわりが彼女に何をもたらしたのか。・・・こんな感じですかね。

こっちは最悪『すべてがFになる』だけは必読です。じゃないと何も面白くないと思われます。

というか、確かに惨劇は起きるんだけどこれも含めて四季が人との関わりで何を考え、どういう行動を取っていくのかというのが話のメイン。そしてその関わりを持つ人というのがほぼ全て過去の森作品の登場人物たちであるという事実。

というわけでもちろん、そのキャラ達を知らないとひとつも面白くないかと。いや、まあ私も大半のキャラを知らなかったけどそれでも読ませる森先生の力量には脱帽なんですけどね。でもでも結局調べながらになってしまいまたからね。

さて前述の通りここでの四季は若干人間味があるキャラになっています。自分の感情をコントロールできずに声を荒げてしまったり、ワインに酔ってしまったり。また自分の在り方について考察したり、他の人に少なからず影響を受けたり。

無駄なこと、他人とのコミュニケーションを通じて彼女は自分自身を確認していく。そしてそんな彼女の成長が未来へと繋がる事件というラストシーンに繋がっていく。

はい、堅苦しい感じに語りましたけど夏ではメインは『すべてがFになる』に繋がる四季の行動であり、それの肉付けとして各キャラクターの過去未来の描写って感じになっています。

過去未来という書き方に違和感を覚えるかもですがここで時系列を簡単に。

四季春→Vシリーズ→四季夏→S&M→四季秋→四季冬・・・って認識で大体は大丈夫です。例外がなくはないんですけどね。詳しい時系列は森先生のサイトと読者さんのファンサイトなどを利用して調べてみてください。私もちゃんと把握できているわけではないので。

ここで本音を書くとですね、正直にいえば春に関してはそれ単体でも感想を書ける作品だったんですが、夏が何を書けばいいかという状態でして。だから2作まとめちゃえーって感じに。ちゃんと読んでおけばよかったとなんとなく後悔してたりもします。

最後に夏までに登場する主要キャラで解説が必要そうな人をピックアップしてまとめときますねー。

新藤清二:四季の叔父。『すべてがFになる』に登場。春、夏においては最重要キャラ。

佐織宗尊:Vシリーズに登場。四季の資金源らしい・・・?

各務亜樹良:Vシリーズに登場。記者。裏に大きな組織がいる謎の女性。四季をサポートする。

瀬在丸紅子:Vシリーズの探偵役。息子が一人(Vシリーズのへっくん)。この息子というのが・・・それは読んでからのお楽しみということで。

林警部:紅子さんの前の旦那さん。Vシリーズに登場。

祖父江七夏:林警部の愛人。彼との間に子供がいる。この子が・・・。

四季を誘拐した彼:名前は保呂草潤平。Vシリーズの語り部。

こんなところでしょうかねー。その他にもいろいろ出てきますし、彼ら以上のキーパーソンもいるんですがここでは伏せておきましょう。

ではでは森ミステリィの到達点でもある本作、是非読んでみてくださいねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR