スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

双頭の悪魔

この時点で何もかもに解答を出す必要はなく、またそれは不可能である。

というわけで今回は読者への挑戦が3度挟まれた有栖川有栖先生の最高傑作とも名高い(というか傑作じゃないものが存在しないですよね、うん)『双頭の悪魔』でございます。

連続して学生アリスシリーズですねー。これで本ブログでは3作目。まだ買ってないですが『孤島パズル』も読むことを決めているのでそのうち本ブログで最も巻数を扱ったシリーズになることになりますねー。有栖川先生自体がおそらく最多登場な気がしますが。

ほいじゃ、さっそく作品紹介ですねー。

殺人事件に遭遇し心に傷を負った有馬麻里亜が気まぐれに始めた旅行。目的地は決めていなかったがひょんなことから芸術家の住まう人を寄せ付けない村に辿りつきその村に籠ってしまう。マリアが帰ってこないことを心配し彼女の両親が行動を起こすが彼女は帰ろうとしない。そこで彼女の友人である英都大学推理小説研究会(EMC)の面々に救援を依頼することに。EMCの面々は強行策に出て江神二郎がマリアの元に辿りつくが河が氾濫し村に閉じこめられてしまう。そして河の両側で殺人事件が発生。江神とマリア、アリスと望月と織田に分かれ双方で真相究明に動くことに。・・・こんな感じかな?

純粋なフーダニット。さすがでしたねー。王道なんだけどここまでしっかりしているのは珍しいですね、やっぱり。さすが有栖川先生といったところですねー。

目玉はやっぱり3度の読者への挑戦。ちなみに私の結果は・・・

第一の挑戦 「どうやって」だけは分かりましたが「なぜ」このような殺し方をしたのか、そして「誰が」この殺人を起こしたのかは全く分かりませんでした。

第二の挑戦 あてずっぽうでは犯人分かったんですけど、論理的には全然分からへんかったなあ。ちなみにこっちは江神さんがいない側で起きた殺人だったので探偵役どうするんやろうと思ってたんですがなかなか綺麗にまとまってますねー。

第三の挑戦 全体の真相を問うラスト。まるで分からへんかったですね。鮮やかな江神さんの推理に脱帽でした。

というわけで、私は完敗でした。読んだら確かにそうやと思えるんですけどね。探偵の能力ないですね私。

細かい部分までしっかり描写されているので真相を読み解くことは出来ると思うんですが気付かない、気付けない。読み返してこんなところも伏線やったんかーと楽しめるのが推理小説の醍醐味ですね、やっぱり。

河の両側で起きた事件を扱っているので今回もアリス目線とマリア目線で分かれています。マリアちゃんはかわええですね、やっぱり。青春って感じがしていいですよねー。学生アリスはこういう冒険要素が素晴らしいですからねー。

そして探偵役の江神さん。そのコミュニケーション能力の高さ、観察眼、行動力・・・まさに理想的な探偵役と言えるんじゃないでしょうか。ご都合主義といえばそれまでですが全てのステータスが高い感じですね。

登場人物が多いので整理が大変でしたねー。複雑に絡み合う事件をアリアドネの糸を手繰り寄せて一本の筋道を作っていくという美しい構造には脱帽でしたねー。

さてはて、中身についてはこんな感じです。是非美しい理論の帰結に感動してくださいね。

ただ、ちょっとあとがきで気になることがちらほらあったのでそれについても書いていきますね。

まず、有栖川先生は伏線と真相だけ決めたら文章は考えずに作品を作ってるそうです。あれだけ緻密なものを、ほぼ一発書きしているという事実。怖い。有栖川有栖という才能が怖い。

次に作家アリスシリーズの探偵役である火村英生の元ネタになったキャラの存在ですね。そんなに似てるかどうかは微妙なんですが確かに言われてみれば面影は感じられる気もします。また、作中のアリスが作家アリスシリーズを執筆しているという描写もあり、作家アリスに繋がる伏線が垣間見れたりします。

最後に私の作品の中でも一番長いという記述がありました。もちろん当時の話ですね。このシリーズの次回作はこれより圧倒的に長い作品なんですよと少し笑ってしまいました。長いけどさすがの名作なんですが。

うん、こんな感じですかねー。有栖川有栖の珠玉の名作是非読んでみてくださいねー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。