スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月光ゲーム Yの悲劇‘88

今回は学生アリスシリーズ1作目にして有栖川有栖先生の長編デビュー作品を扱いますよー。新本格を代表する作家さんの始まりと言える本作、やっぱこの人すげえわと思わされた作品。

ちなみに一番読みたかった『双頭の悪魔』は入手済みで、なおかつ『孤島パズル』も購入予定なので学生アリスの長編作品は多分近いうちに全て本ブログに出揃います。そしてですね、さらに作家アリスの作品もひとつキープしているのでしばらく有栖川祭りになるかもしれません。有栖川有栖川ひとつ挟んで有栖川みたいな感じになっちゃうかも。

ついでにいっておくと綾辻行人先生も積んである作品があり、なおかつその紹介のために別の作品も扱うことになるだろうと思われますのでしばらくこの両巨頭メインで進むのかも。

さらにさらに、東野圭吾先生のあの名作とか、歌野晶午先生の最高傑作と名高いあの作品とか怪奇を描いたあのシリーズの続編とかも積んでいるのでしばらくミステリばっかかも。うーん、なんか別ジャンルの作品も買ってきますかね。

まあ、一応予告したけどその通りになるかは微妙です。読書は気まぐれなペースで続けていきますので。

ほい、じゃあ作品紹介です~。

大学入学から江神二郎という人物に惹かれて英都大学推理小説研究会に所属することとなった有栖川有栖は地獄のような資金集めのバイトを乗り越え夏合宿のために矢吹山へキャンプに行くことに。そこで偶然一緒になった3つのグループと仲良くなるが火山の噴火に巻き込まれ、さらに殺人事件に遭遇することとなってしまう。現場に残されたYというメッセージ。極限状態の中生き死にを賭けたサバイバルが始まる。・・・こんな感じですかね。

『女王国の城』からこのシリーズを読みだした私にとってまず最初の驚きはマリアちゃんがいないということ。あのキャラが好きなのにぃ・・・。次回作の『孤島パズル』からの出演らしいですね、彼女は。楽しみにしておこう。

ただ、その代わりにちゃんとヒロインはいます。この子もまた魅力的な子でしたね。一応今回のアリスはこの子と行動することが多くなっています。火山の噴火という特殊状況下ですし冒険小説的意味合いも強い本作においてふたりの関係はなかなかいい味を出していたりします。ただ、アリスとこの子のこの関係も事件に深く関わっていたりするの点がさすが有栖川有栖先生と言ったところでしょうか。

プロローグからいきなり噴火シーン。しかも殺人事件があったということを匂わせていましたねー。で、その時点で生き残っている人も全員出てくるので、次の第一章の時点で誰が死ぬかが大体分かります。まあ、プロローグと第一章を見比べただけなんですが。

実際はこの時点でいない人全員が殺されているという断言は出来ないんですけどね。火山の噴火で亡くなったのかもしれないし。ただ、そこは王道ミステリが得意なこのお方でした。いなくなる人の使い方が本当に上手かった。殺される人はもちろんのこと、外部犯の候補をこの特殊状況下で残しているのはさすがと言わざるを得ないですね。

進んでいく物語。そしてもはや恒例になっていると言える古典的ミステリ、そして有栖川有栖先生の作品ではお馴染みの読者への挑戦。はい、頑張ってみました私。でも全然分からへんかったよぅ・・・。

作中でモチさん(EMCメンバーのシリーズキャラ)がこんなことを言っています。

「僕は常々思ってるんやけど論理の松明を掲げた探偵があり得た唯一人の犯人の特定に読者を導くっていう、純粋なフーダニットというのは本当に少ない。」

そうかもしれません。が、本作はまさに論理の松明を掲げた江神さんが唯一の犯人を突き止める話になっております。確かにこの犯人以外ありえないというほど綺麗な論理でした。ひとつひとつ丁寧に読みとかれていく火山で起きていた出来事。綺麗に回収されていく伏線。そして、鮮やかに解き明かされる真実。まさに本格ミステリというべき作品だったのかなあと思いますね。

しかも全てが終わったあとのエピローグでも最後の伏線回収があり、こちらもまた綺麗な終わり方になっていました。これ本当にデビュー作なんかなあと思わされましたね。でも、この作品を初期に残せているからこそ有栖川有栖先生は本格を代表する作家になっていったのだとも感じ取ることが出来ます。

プロローグでの火山噴火、「君は人殺しなのか」、丁寧に紹介されていく登場人物、クローズドサークルの出現、殺人、捜査、繰り返される惨劇、疑心暗鬼に陥っていく面々、出される珍回答、そして鮮やかな推理劇。

まさに王道、ですね。美しい。心からそう思えます。

うん、言いたいことは書いたかな。ではでは本格の代表する作家の始まりの作品、是非読んでみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。