【道筋理論】赤色の雲と寿命の支配者

タイトル全くひねってないけど大丈夫かこれ。

コメントありがとうございますー。そうですねー。爽さんはちょーつよいよー。あとあと末原先輩ちょーかっこいいよー。という感じの回でした。

赤色と言えば最近イカがインクをぶちまけ合うゲームで赤いきつねチームとして戦ってきました。ちょー足引っ張ったけどー。

あれは神ゲー。みんなやりましょ?というステマ?ステルスじゃないか。じゃあただのマーケティングですねー。ぜひぜひ買ってみては?

さて、今回はコメントいただきましたので久々の道筋理論です。正直コメント頂けるとは思ってなかったので(過去記事みてくださってありがとーですっ!)何も用意してなかったっちゃあしてなかったのですが。

でさ、爽さんなんだけど…道筋理論だと『作る』能力なら全然説明可能ですねー。

赤色の方は指定した相手が字牌ばかり引く道筋を作る、カムイの方は先負と同じで相手が振り込む牌を振り込むような道筋にすればOK

はい、終わり…

涙目咲さん改


に、出来ないんですっ!なぜならこの子はどちらの能力も山が積まれた後に使っているからです。しょーじきヤバすぎです!なんでかというと…

道筋理論は『山が積まれた後に積まれた牌は動かない』を前提として自然に山に積み込みを行う『作る』能力と積まれた山から色々な選択をする『選ぶ』能力に能力を大別してみようという考え方だからです。

なので山が積まれた後能力使用な以上『作る』能力ではないんです!

でもでも牌を集める能力を『選ぶ』能力では説明できない…。じゃあ、どうすればいいんだろう?こんな時は十八番のハイブリット作戦で…

『作る』で一定のものを作っておいて、『選ぶ』でその能力発動が確定する道筋を選ぶ的なやつですね。

これだと一応玄ちゃんは説明がつきます。ドラの来る道筋を作り、なおかつずらされても選び直せるという…。これならどんな能力でも…

と、思ってたんですけどね…。爽さんは無理ですね。彼女はただでさえ同時に2つの能力を使い、さらに複数の能力を秘めているからです。

姉帯さんだったら、使う能力をおそらく局がはじまる前に選んでいるので大丈夫なのですけどねー。この子は完全に後から能力を選択してるし。

やばい、どうしよ…説明できねえ…。

ふふ、ふふふ・・・だったら記事にしないのですよー。

見つけてきました突破口!

それが何かというとですね…この卓がアルティマではないことが鍵です!自動配牌じゃないんですよねー。そんなのあんまり注目してなかったのですけど。というかアニメは自動配牌だったきがするし…。

自動配牌でないのなら何が起きるのかって?えっとですね、配牌を取る前にサイコロを振るという作業がプラスされるのです。これがポイント!

つまり、配牌の取り出し位置が変わるのです。これなら出来る。複数の能力を山を積まれた後に発動することが。よくわからないという人はですね、黒沢さんの四川決戦のラストを読んでみるといいかもです。

あれは最終半荘で天和、地和がサイコロの出目によって出るという局でした。それと同じ事なら理論上出来るはず。雲はサイコロの目を変えることによって調整が可能なのだと思います!

さらにカムイを多分これで説明できるんじゃない?

なんて感じでおしまいです。麻雀は山が積まれた後でもサイコロの目によって様々な可能性が起きうるゲームなんですねー。

というか、ありがとう天牌。この作品がなかったらこの解決法は思い浮かばなかったです。偉大やな、最近津神編長すぎやけど。

詳細は分からないけどねー。実際は無理なのかも。

でもでも、可能性が残ったという事実がすばらでした。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

牌がめくられるまでは波動関数が収束しないので、全ての牌種が重ね合わさった状態で存在してるよ説
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR