物申すっ!

久々に駄文ですよー。思いのほか今読んでる本に時間がかかっているので。

物申すっ(キリッ

というタイトルですが今回は小中高の国語の授業について文句、もとい意見を述べてみたいと思います。

国語の授業というと思いだされるのは・・・

漢字

日本語の文法

古典

漢文

そして、現代文ですね。小説やら評論やらの。

他のものはまあ、いいんです。古典、漢文が将来役立つかは疑問だけどもそんなこと言い出したら社会科から一番楽しい歴史が消えてしまいますし、数学は大体算数の部分だけでよくなりますし、理科に至っては基本全部いらないという結論になってしまいますからね。

ただ現代文教育、これだけは意味が分からない。

いや、そりゃ必要なことですよ?評論、小説を読む、とてもいいことです。

しかしながら、やり方が意味が分からない。このやり方ならいらないナイアガラですわ。ブーイングものですよ。ぶーぶーブータンですわ。このやり方を続けるなら罰金バッキンガムですわ。

脱線するけど私は最近ゆるゆりを観たんだ。超面白かった。それにしても無理くり突っ込んだ感じですが、このだじゃれシリーズは好きですね~。

何が言いたいかというと・・・あやのちゃんかわいい 教え方が悪すぎるということですね~。

まず、教科書ね。評論だろうと小説だろうと一部抜粋なんですよね、基本的には。その一部だけ読ませてその作品を教えた、学ばせた気になっているのがだめですね。

大体一部分だけ読んで作者さんの意図を理解しろと?登場人物の心理を書けと?出来る訳ないじゃん!

作者さんは1作品で文章を構成してるんだから。一部分抜粋でその意図を図ろうなんて無理に決まってるやん。

・・・とはいえ、教科書にもスペースというものがあるしおそらく私よりも賢い人が検定を行っているんだろうから何かしら学生に伝わる構造にはなってると思うのだけれど。

でもですね!授業内容がまたあんぽんたんな気がするのですよ。

基本的にさ、こういう感じではなかったでしょうか?

〇小説編

「じゃあ、この登場人物がどうしてこう考えているか分かる?」

「分かりません。」

「なんで?書いてあるやん。ちゃんと読め。」

どこを読めばいいかを示せっ!!そりゃ、あなた方の教師用の教科書には書いてあるだろうさ!違うやん。求めてるのは生徒用の教科書のどの部分を読んで、どう考えることでその答えに行き着くかやねん。答えじゃなくて過程が大事なんだよっ!

〇評論編

「結局この評論何が言いたかったかわかったか?」

「いえ、内容も難しかったし・・・」

「こんなんも理解できないのかよ・・・」

あーほーかっ!評論の中身がどんなことを言ってようが現代文という科目においては関係ないんだよっ!評論の中身を理解する必要なんてないんだよっ!文章構造の把握が大事なんだから。文章構造をこういう風にすることでこの結論を導き出すのが作者の意図だ・・・という風に説明しないと。

結論の中身なんて分かってなくてもええねん。こういう文章の並びだから結論はこの文章ですという解答が作れればいいのさ。だから表面を読ませるんじゃなくて構造を理解させるように教えないと。それが甘い。

そのくせテストは構造を理解できないと解答できない問題じゃなきゃ意味ないのに授業さえ聞いてれば答えられるように作る始末。

その後受験で一切触れたことのない文章が問題にでるのにね。こういうテストをやってるから答えられない子が続出するんだよ。「私、学校のテストは成績いいのに・・・」という勘違いから悲劇を生んでしまうんだよ。

以上私に国語を教えてくれた先生の受け売りでした~。私の場合この先生のおかげで受験国語は得意分野だったんですが、実際学校の授業だけじゃどうにもならないよね、あれ。大事なのは教科書に載ってる作品を理解することではなく、初見の文章の構造をぱっと見で理解出来る力だと思うんですよ。だからこそ、こういう面に着目して授業を行って欲しいと思いますね~。

なんて今回は本格的な駄文でした。反感買いそうやな~。あくまで無駄な文章ということでご容赦を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR