スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SSS】健夜「選抜最強戦、準決勝A卓…決着」

セーラさん俺っ娘って分かってたのになんかうちって言ってる!?ご指摘ありがとうございますー。人だしすぎると分からなくなるね(笑)

さて、準決勝A卓最終回です。展開は変えたけど結果は変えてないです。この二人が決勝面子になる二人だっ!(どんっ!

・・・・・・

南2局 ドラ 白

北家 小瀬川白望 23800
東家 宮永照   29700
南家 園城寺怜  27600
西家 宮永咲   18900

~9巡目~

照(これで、かわせる、けど……)ツモッ

2344③④⑤一三四八八八 ツモ 二

照(リーチはない。まだ、次の和了は揺蕩っている)

照(誰が、残るか。この局はそういう意味で大きい局。だからこそ、和了に、こだわるな。ここはただ勝つための最善を…)ギギ、ギ……

照(ま、テンパイは取るけどね)打・4

怜(まだ、誰の和了もなしかぁ)ツモッ

45678三四五③⑥⑥⑧白 ツモ⑥

怜(ドラを切らせるようなツモ筋。が、さっき視えた。これを打ったら咲ちゃんに鳴かれる。ここはうちが行く局面じゃない、やんな?)打・⑧

咲(多分お姉ちゃんの和了。展開的にあわてる必要はないよね?)

五六七七③④⑤⑦⑦6白白 ツモ⑦

咲(もちろんシャンテンは進めるよー)打・6

白望(まだ、自模れない…)

123①②③二三七八九九九 ツモ ⑤

白望(そろそろ、限界な気がするんだけど)打・⑤

照「チー」

234⑤一二三四八八八  ⑤③④

照(園城寺さんは咲にポンをさせることはあり得ない。鳴かれる牌を打つならそれが分かるはずだし、鳴かれたら加槓が怖いから)

照(さらに、咲には槓材が集まる。このずらしで本来鳴いた時の手筋になっているはず。後は、貴女次第だね、咲?)打・八

怜(完全に撤退サイン)ツモッ

45678三四五③⑥⑥⑥白 ツモ 一

怜(ツモ切りがいつもの打ち方。でも、それやとアウト。)打・⑥

咲(ん、これで槓材二つ目)ツモッ

五六七七③④⑤⑦⑦⑦白白 ツモ 白

・・・・・・

~13巡目~

咲(…私の、和了?)ツモッ

咲「槓っ!」

五七七③④⑤白白白 ⑦⑦⑦⑦ ツモ七

咲「ツモ。4000・8000」

・・・・・・

恒子「決まったァ――――ッ!!!混戦を抜け出したのは宮永咲ィ――――ッ!!!!渾身の倍満ツモ炸裂ゥ――――ッ!!!」

健夜「今の局、おかしかったですね」

恒子「へ?」

・・・・・・

智葉「あんなミスするか?宮永照が…」

洋榎「まあ、らしくない打牌やったな」

竜華「本当なら、ツモのみで終わってたはずなのに」

美穂子「咲さんをアシストした?」

智葉「なんのために?」

美穂子「それは、分かりませんけど」

透華「相手に倍満を和了させるアシストなんてあり得ませんわ」

竜華「でも、こんな展開どこかで?」

洋榎「ああ、うちも観たことがある」

憩「うちと智葉さんとやったあの時、ですーぅ」

智葉「そうだったな。あの時も和了のアシストにいっていた。けど、あの時は局を回しにいってただけだろう?お前が粘ってたし」

憩「あれが、もし何かの前兆だったとしたら…?」

竜華「先が、ある?」

美穂子「まさか、あれの上があるんですか?」

豊音「す、すごいよーちょーつよそうだよー」

まこ「いや、結果的には大失点じゃし、あくまで予想じゃ。このまま咲が押し切る可能性だってあるんじゃぞ」

・・・・・・

怜(咲ちゃんが和了?確かに絶対ないとは言えへんかったけど、まだ宮永の方が警戒やと思ってたんやけどなぁ)

白望(んー、目的は達成。けど、状況は悪化だね。だるっ)

咲(和了出来た?なんで?)

照(ふぅ…。これでパターンBの下準備は出来た)

怜・白望・咲(……)ゾクッ

怜(な、なんや今の!?)

白望(これが、本性か…)

咲(これって、昔の…)

照(一回だけ、やろうとしたことがある。憩ちゃん、智葉さんと戦ったあの時。結局条件クリアを狙ってたけど成立しなかった)

照(だから、公式戦で見せるのはこれが初めて)ギギギギギギギギギ

・・・・・・

淡「来た、ギギギーってやつ!」

衣「これは、予想以上」

穏乃「まだ、隠し玉があるの?」

淡「いや、これはデメリットもあるから部内でも滅多に見れない。ただ、初見で同卓した人たちがあと2局で攻略出来るとは思えないけど」

穏乃「ど、どんな感じなの?」

淡「見てれば、分かるよ…」

小蒔(は、話についていけない…)

・・・・・・

南3局 ドラ 六

西家 小瀬川白望 19800
北家 宮永照   21700
東家 園城寺怜  23600
南家 宮永咲   34900

~7巡目~

白望(宮永は2巡目以降全部ツモ切り?)ツモッ

①②③④⑤⑥⑦⑧東東發發中 ツモ②

白望「ちょい、タンマ」

白望「迷うけど、これで」打・①

照(……)タンッ

怜(なんやったんや、あれ?)ツモッ

二二三三四四六七②④⑧⑧⑧ ツモ④

怜(テンパイ。先制した…って②振り込み?)

怜(って、えええええええええええええええええ)打・④

咲(正直この段階でこんな有利になれるとは)ツモッ

44455567九九中中中 ツモ②

咲(私が嶺上で和了りし続ければ私と園城寺さんが勝ち抜け。園城寺さんも強いけどお姉ちゃんに比べたら)打・②

照「ロン」

咲(……っ!?)

照「12000」

①③一二三七八九12399

白望(連続和了のルール無視?トシさん、正直こっちの打ち筋の方が規則性がなくて厳しい気がするんですが…だるい…)

怜(いきなりそんな大物手やと…)

咲(この、この感じは…昔のお姉ちゃんだ…)

照(ごめん、咲。咲が私を勝ち抜けさせないようにしてるのは分かってた。でも、それは私だって同じ。貴女を2回やりこめる自信はない)

照(あと、1局。ここまでは計画通り、だったよ)

照(園城寺さんと小瀬川さんは振り込まない。咲も和了特化なタイプだから振り込みは少ない方だけどこの二人に比べたら…)

照(でも、貴女には確実に私を超える時間がある。連続和了だけじゃ封じ込められない。それが貴女の点棒調整能力だった…)

照(だから、リードを作らせた。捲りの態勢に入らせたら貴女以上の打ち手はいない。けど、リードがあれば狙い撃ちは可能。そう判断した)

照(さあ、縛りをなくした私相手にどう戦う?規則正しく、でなければ私と貴女の本質はほぼ同じ。確実性はないけど、ね)

南4局 ドラ ①

南家 小瀬川白望 19800
西家 宮永照   33700
北家 園城寺怜  23600
東家 宮永咲   22900

咲(完全に予想を外された…。点棒調整、絶妙に±0が厳しい状況。そもそも、このお姉ちゃんに勝てるの?ここまで、計算ずくなの?)

咲(やるしか、ないんだけど)ゴゴゴゴゴゴッ

白望(…捲りだけなら3900でいい。連続和了より、今の方が強いなら常にこの打ち筋のはず。だからこそ、勝機はある)

白望(きっちり、和了しきる。でも…)

照(まだ、決勝がある。荒川さん、愛宕さん、福路さん、天江さん…見逃してはくれないだろうな。だからこそ、欠点を見せずに勝つ)

照(簡単。和了すればいい。いつも通りに)

怜(僥倖の2位。本当はこの半荘も獲りたい。せやけど、さすがに勝ち抜けに比重を置くべきやね。この宮永を倒すのは決勝でええ)

怜(うちが決勝にいくんや…絶対に)

・・・・・・

咲(欲しい手は①お姉ちゃんからの直撃(12000以上)②トップになれる手③連荘…のどれか。出来れば①だけど正直なりふり構わない)

三三五七八③③③⑥⑧333 ツモ三

咲(好形配牌イーシャンテン…。三色含みで直撃OKでトップもある)

咲(でも、今普通の人の打ち方じゃおそらく勝てない。私の一番得意な打ち方…±0調整狙いで連荘。次の局で逆転が理想かな?)

咲(最も得意なこの調整でも、勝てるか分からないけど)打・五

白望(これは…吉兆かな?)

二二二四五六②②③④677 ツモ8

白望(いや、私がダブリーをあがれた試しがないでしょう?)

白望「ちょいタンマ…うん、これで」打②

白望(勝てるかは分からないけど、最後まで迷う。それが勝ち筋!)

照(……)タンッ

怜(……あかん、好配牌なんやけど)

六七八九九⑤⑥⑦⑧⑨北北中 ツモ⑦

怜(ダブリー、チャンスなんやけど…完敗やわ)

怜(この借りは……)タンッ

咲(テンパイ…しかもどうやら次は三萬、かな?)

三三三七八③③③⑥⑧333 ツモ八

咲(仕方ない。お姉ちゃんともう一戦か…)打・⑥

白望(……)タンッ

照「ツモ。3000・6000」パラッ

123456789東東西西 ツモ 東

咲(……!?)

咲(やら、れた…か。仕方ない。さすがお姉ちゃんだね)

・・・・・・

恒子「オーラスはわずか2巡決着!最後は圧巻の連続和了ァ―――!制したのは宮永照だァ―――――――――――ッ!!!!!」

健夜「これは初めて見せる打ち筋ですね。なるほど、強い…」

恒子「すこやんからみても異常なんだ?」

健夜「うん、この子に足りないのは火力だけだと思ってたから。これで正真正銘私たちと同じステージに立ちましたね…」

恒子「インハイですらみせなかったのにここで本性を現したって感じ?」

健夜「うん、そうだね。完全無欠な能力という訳ではなさそうだけど」

恒子「攻略、出来る?」

健夜「多分、ね。特に残った子なら可能性はあるかも」

恒子「2位通過は園城寺怜選手ですね」

健夜「期待は、出来ます。可能性は薄いけどね」

・・・・・・

智葉「な、なんだよあれ…」

竜華「あれともっかいやるんか、怜…」

豊音「今までと、違う…す、凄すぎるよー」

小蒔「神様を降ろした私でも、あれは…」

まこ(咲でもあかんかったか…)

透華「あんなのどうにか出来るんですの?」

美穂子「……」

洋榎「どした?びびったんか?」

美穂子「いえ、楽しみになってきました、決勝が」

洋榎「せやね。けど、決勝にいくのはうちやで?」

憩(なるほど…それが全力か。それでもうちが勝つで、宮永さん?)

・・・・・・

穏乃「凄すぎ、だね」

淡「あはは、さすがテルーだね。怖いよ」

衣「楽しみだ!衣と、麻雀を楽しんでくれそうな……」

淡「私でも十分なんじゃない?」

衣「残念ながら、淡じゃ足りないなー」

淡「な、なんだとぅ!」

穏乃「ははは、強気だねー」

衣「衣の全力で、お相手するよ」ゴゴゴゴゴゴッ

・・・・・・

照「…え、えっと」

咲「ふふ、いいの。私もお姉ちゃんを落とそうとしてたし」

照「ご、ごめんね?」

咲「その代わり、勝ってよ?私を落として上がってるんだから」

照「もちろん」

・・・・・・

白望「うん、今の私じゃどうしようもなかったね」

怜「いや、うちもどうにか出来るとは思えへんけど」

白望「多分、園城寺さんと私で安定感のあるのは私だけど」

怜「い、いきなりディスられたやと?」

白望「でも、オーラス。もしあなたが同じ手牌を持って私の席に座ってたら鳴いてずらしたでしょう?一巡先には出来る、けど迷家には無理」

怜「うちも動けんかったで?」

白望「自分の番が来てれば動けたはずでしょう?だるいけど、私じゃあれには届かない。けど、あなたなら届きうる。だから、託したよ」

怜「そないなプレッシャーかけへんでも…。でも、任されたで」

怜「そういう訳やから、うちが勝つで?三度目の正直や」

照「私も負けられない理由が増えたから。負けないよ?」ニコ

観たい闘牌を創ってみようシリーズ 準決勝A卓 槓っ!

・・・・・・

次回はこのシリーズじゃないやつをやります!ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

更新お疲れ様でした!
b卓の行方ものんびりお待ちしておりますー。
洋榎ちゃんの活躍に期待してます!

えっ
咲負けんの?
そっか
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。