スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SSS】怜「選抜最強戦、準決勝A卓?」

恒子「色々攻防がありましたが、まだ東3局という事実!」

健夜「何を今更…。宮永さんが戦ってるんだから当然でしょ?」

恒子「そうだよね。ただ、連続和了があっさり止められたから点棒的に移動はあまりありません。この辺は宮永選手の試合だと珍しいですかね?」

健夜「うーん、あまり記憶にないんですが…ないことはないです」

恒子「そうでしたっけ?」

健夜「残ってる牌譜だと、荒川選手との最初の試合ですね。昨年の個人戦決勝です。辻垣内選手と上手く連携して抑え込んでいました」

恒子「そのときは結局宮永選手が勝ってるよね?」

健夜「うん。今は3人の連携だから上手く封じ込めたけど、あのときは実質二人の連携。しかも1位以外意味がない状況だったから完全に封じ込められずに結局和了率で上回って押し切った感じだったかな」

恒子「さすが、宮永照だね。憩ちゃんも辻垣内さんも化け物なのに」

健夜「あの時は立ち回りが圧倒的だったからね」

恒子「どういうこと?」

健夜「連続和了にこだわらなかったんだよ。荒川選手はこの頃は天江さんレベルに高火力連打してたしね。場に対応できる天江衣に対して、時には辻垣内選手と連携して全てかわし切ったんだよね」

恒子「連続和了だけが宮永照じゃないと?」

健夜「そうだろうね。実際荒川選手はあの試合の後若干スタイルを変えてるからね。自身の能力を生かして対応する麻雀に」

恒子「それくらい衝撃だったってことかな?」

健夜「うん、ただ…」

恒子「ただ?」

健夜「あの時も今も、宮永さんには余裕がある」

恒子「余裕?自身の代名詞を破られてるのに?」

健夜「それが経験値からくるもの、例えば家庭環境から来たものかもしれないし、もしかするとまだ牙を隠し持ってるのかもしれないし」

恒子「末恐ろしいね」

健夜「長いこと解説してるけど観てきた中では一番戦いたい子かな」

恒子「才能ある芽を摘もうとするのはやめてください」

健夜「そんなつもり全くないよ!?」

・・・・・・

~東3局 ドラ1~

西家 小瀬川白望 20200
北家 宮永照   28600
東家 園城寺怜  24200
南家 宮永咲   27000

怜(防いだ。あの時は玄ちゃんが連携に参加できるような状況やなかったからな。それに意思を共有できてるからやりやすいで)

怜(出来れば、ここで稼いでおきたい、んやけど・・・連続和了の一発目か。分かっていたけど連荘は厳しそうやなぁ。なるべく和了したいけど)

咲(畳みかけるよー。まずは優位を取りたい)

咲(大丈夫。この二人は場況を読んで的確に動いてくれる。上級者が卓にいる状態の方が点棒調整はしやすいしね)

白望(現状ラスかぁ…。だるいなぁ、和了筋が本当に見えない)

白望(まあ、これは相手が宮永照じゃなくても同じことなんだけどね。かわし手は協力するけど任せる。私は一撃あればいい)

照(うん、厄介。対応が的確だね。ただ、このまま連続和了を続けてれば、和了率で押し切れちゃう?いや、それはないかな?)

照(園城寺さんも小瀬川さんもチャンスは絶対見逃してくれないし、何より咲がいる卓だからね。場合によっては連携も辞さないよ)

~6巡目~

怜(お、これは先制とれたんちゃうか?)ツモッ

2223344⑤⑤⑥⑦⑦⑧ ツモ⑨

怜(ただ、⑨やとタンヤオ消えてしまうしなぁ。どないしよ。2345sも⑤⑧も次巡に出てくるわけやないし。誰かの和了もないけどなぁ)

怜(ダブル打ってもええけど、和了筋だけ探すために二巡先はなぁ。ここは役確定と最高形狙いでピンズ待ちにしとこか)打・2

咲(うーん、好形なんだけど…)ツモッ

1112①①②②③二七八九 ツモ④

咲(手役重視ならツモ切り?和ちゃんならどれ打つのかな?でもドラ3だしなぁ…。まあ、ここは多数派っぽい槓材固定でいいか)打・2

白望(まだ、耐える)タンッ

照「……」タンッ

怜(ん、ここの無駄ヅモは分かってたんやけど)

怜(お、次で最高形変化なんやね)タンッ

咲(よし、大成功)ツモッ

111①①②②③④二七八九 ツモ三

咲(チャンタはないけど、出和了り可能な手だね)イーソーデ

白望「……」タンッ

照(ん、なるほど。園城寺さんなら大丈夫だと思うけど…)タンッ

怜(よし、⑥引きや…って、えええええ!?)ツモッ

223344⑤⑤⑥⑦⑦⑧⑨ ツモ⑥

怜(普通に最高形の⑨打ちやと咲ちゃんの嶺上開花で跳満親被り!?)

怜(なんやねんこの姉妹…。これは詰みやね、しゃーないか)

怜(いや、じゃあなんで宮永も小瀬川も動かなかったんや?この二人ならみすみす跳満和了させるなんてありえへんと思うんやけど)

怜(小瀬川は動かないことが最善?宮永も積極的な動きはなし?ずらしてしまえば防げるんに?それはおかしいやろ?)

怜(つまり、防ぐ方法はうち次第ってことやんね。視えてないから確証はないけどこのまま座してやられるくらいなら、一番鳴きやすい…)

怜(頼んだで、二人のどっちか)打・⑧

照「ポン」タンッ

怜(さすがやね)ツモッ

223344⑤⑤⑥⑥⑦⑦⑨ ツモ1

怜(この1sさえ止めれば咲ちゃんの和了筋はほぼ潰せたで。しかも、まだこの手は死んでない…って次は宮永の和了かいっ!)

怜(しゃーない、頼む小瀬川)打・4

怜(だめかぁ…)

咲(上手くやられたなぁ)タンッ

白望(さすがに、それはムシがよすぎるよ、園城寺さん?)タンッ

照「ツモ。300・500」

②③④56788六七 ⑧⑧⑧ ツモ八

怜(止めれんかったけどよしとしとこう)

咲(うーん、本手は対応されちゃうなぁ)

白望(さ、さすがすぎるでしょ…だるすぎだよこれ)

三四五44678⑤⑧中中

白望(もし、園城寺さんが⑧を鳴かせたタイミングで4か⑤を切っていたとしても私が打つのは⑧だから同じことが出来てるんだよね)

白望(私の⑧さえ鳴ければ、園城寺さんに今の局と同じツモがいく。私の感覚は宮永さんの和了が得と考えている以上絶対に和了出来る局だったわけだね。恐ろしい支配力と対応力を持った絶対王者か。だるすぎ)

・・・・・・

洋榎「さすが、やな」

智葉「普通の打ち手だったら間違いなく妹さんの和了だったんだが」

洋榎「各々がベストな選択をしている…が、結局アイツの和了なんか」

智葉「現状これで問題はない。耐えていれば必ずチャンスは来るさ」

憩(違う。今の局で最も恐ろしかったんは確実性がないはずの選択を平然と決めたことですーぅ。この局はほぼ全員タンヤオ系なんだからもっと早い段階でツモずらし出来たはずなんにそれをせんかった)

憩(あの状況にしても園城寺怜なら必ず4・⑤・⑧のどれかを打ってくれる…という確信があったんや。そこがうちとの違いやね)

憩(何をしても掌の上、か。凄すぎんなぁ、やっぱり)

智葉「ん、どうした荒川?」

憩「何でも。登りがいがある山やなって思っとっただけですーぅ」

洋榎「ま、その山に登る前にもっと高い山があるねんけどな」

憩「同じ大阪やないですか。手加減してくださいよぉ」

洋榎「どの口がいうねん」

・・・・・・

~東4局 ドラ五~

南家 小瀬川白望 19900
西家 宮永照   29700
北家 園城寺怜  23700
東家 宮永咲   26700

咲(さ、東ラスだよ。ようやく親番だね)

①①①②②④④五五六3東北 ツモ八

咲(好配牌!ここでなんとかしたいよぉ!)打・北

白望「……」タンッ

照(無理すれば和了出来ると思うけど…)

二三四六七七九⑧⑧⑨356 ツモ 4

照(照魔鏡の感じだと、荒川さんレベルで警戒が必要なんだよね、咲には。何より連続和了だけで押し切れるほど甘い面子とは思えない)

照(咲はもう±0にこだわってない。それならこの親番で稼ぎたいと思っているはず。そしてあの子の思いには、必ず牌が応えてくれる)

照(あの時と同じ。状況にあった最善を)打・⑨

怜「……」タンッ

~8巡目~

咲(時間かかったなぁ。でも、これは貰うよー)ツモッ

①①①②②④④④四五五六八 ツモ②

咲(これも選択だけど、マックスの残る手順にする)打・四

白望「……」タンッ

照(和了筋は残ってると思うけど、今の咲の支配は私が和了する支配よりは上でしょう。家族麻雀でもあったな、こんなこと。懐かしい)ツモッ

二三四五六七七九⑧⑧456 ツモ 六

照(でも、私だってあの時とは違うんだよ、咲?)

照(当然九切りが普通。けど、普通なら貴女が上。そんな判断した相手は荒川さんと貴女だけだけどね。ここは、小細工するよ)打・四

怜「チー」

怜(え、これ次はどないしよ?しゃーない、二巡先や)ゴッ

怜(ふう、視ておいてよかったな)タンッ

咲「……」タンッ

白望(ん、これは手ごたえありかな)ツモッ

③③③⑥⑦⑧⑨東南北北中 ツモ④

白望(和了出来る気がしなかったんだけど、さっきまでは)打・東

照「……」打・二

怜「チーや!」打・六

一一六七九九九 二三四 四二三

咲(最高形…だけど…)ツモッ

①①①②②②④④④五五六八 ツモ

咲(さすがにあの鳴きはテンパイ。しかも六周りのドラ筋は大本命。…これ、おねーちゃんは多分和了りに来てないなー?)

咲(大体、園城寺さんは一巡先が視えるんだよね。ってことはこの赤五萬が引けることも分かってたはず…なのに鳴くってことは…)

咲(嶺上牌はやっぱり七萬で、私の和了を封じにきたってこと?)打・六

白望(ふう、ありがと、宮永さん、園城寺さん?)ツモッ

③③③④⑥⑦⑧⑨南北北中 ツモ②

白望(これ、和了筋なかったんだろうなぁ)打・中

照(これで、フィニッシュだ)ツモギリッ

白望「ポンっ!」

照(んー、私らしくないけど)タンッ

怜(貸しにしとくでー)タンッ

咲(はい、手詰まりだね)ツモッ

①①①②②②④④④五五八 ツモ①

・・・・・・

竜華「四暗刻テンパイ…やけど!?」

美穂子「手中全てが当たり牌!?」

竜華「漫画かっ!?」

透華「麻雀である以上薄くても確率上はあり得ますわ」

竜華「冷静かっ!」

豊音「ちょーすごいよー」

竜華「普通の感想かっ!」

美穂子(普通の感想は別にいいのでは?)

・・・・・・

咲(助かる気がしない。なら安全そうで打点が低くなりそうな)打・②

白望「ロン。3900点」パタッ

②③③③④⑥⑦⑧⑨ 北北北

白望(ぎりぎり符はねしないね・・・)

・・・・・・

恒子「決まったァ―――――ッ!!!和了は小瀬川白望!!!」

健夜「宮永さんが、和了を捨てて援護?」

恒子「そう!そうなんです!あんなの観たことある!?」

健夜「うん、さっき言ってた昨年の個人戦決勝だね。あの時も完全に他家のアシストに回った局が何局かはあったはず・・・」

恒子「宮永さんをその状態まで追い込んだ3人が凄いのか、それとも状況に的確に対応した宮永さんが凄いのか…」

健夜「今の局…もっと上手くやれば和了もあった気がするんですよね。咲さんは確かにずらされても和了出来るようなツモ筋でしたが」

恒子「え、じゃあなんで和了にいかなかったの?」

健夜「打点、かな?タンピンドラ1確定してたし…」

恒子「でも、そんな理由で?」

健夜「それが宮永照。しかもこの行為は彼女にとって得しかなかったしね、結局のところ。競ってた2位を蹴落としたわけだし」

・・・・・・

淡「……」

穏乃「ん、どうしたの?」

淡「いや、なんでもないよ。珍しいなって思って」

穏乃「宮永さんが和了らないのが?」

淡「…うん、そうだね。テルーっぽくない」

穏乃「っぽくない?」

淡(これが最後だから?確実に、勝ちに行くの?)

・・・・・・

今回はここまでー。次回はちょいと間があくかも?

ではではー。

追記。
咲ちゃんが①を槓しなかった理由ですが、普通に私が間抜けだった…だと面白くないので、槓して嶺上の七萬打ちでしろみーの和了を潰すと怜ちゃんが八萬をつもってしまうから・・・ってことにしときます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う~ん、嶺上牌を七萬と判断したのなら咲ちゃんなら四暗刻に取らずピンズのどれかに手をかけると思うけどな……このメンバー相手に本手は止められるて言ってるし

更新お疲れ様ですー

一体誰が勝つのか、楽しみですー。
宮永姉妹を倒すことが出来るのか、なんやかんやでチャンピオンが意地を見せるのか、とりあえず、園城寺さん頑張ってー!
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。