スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道筋理論】咲世界における強者の条件

道筋理論と書いてありますが、そこまで道筋理論でもないので横からとべるまとめ記事には載せずにいくよもー。タイトル詐欺だよもー。

さて次回から『観たい闘牌を創ってみようシリーズ』を再開、もとい選抜最強戦準決勝を書いていきたいと思っているのですが…

とりあえず状況整理と選抜理由を明らかにしていきたいと思います。で、一応道筋理論の話になっていくわけなのですよー。

咲世界で強い打ち手には2パターンあります。それが、圧倒的な支配力を持った子とどんな状況にも柔軟に対応することができる子です。

この2つ、『作る』能力と『選ぶ』能力とに分類するというのが道筋理論です。前提条件として牌山は積まれたら絶対に動かないものとして。

『作る』能力は裸単騎になると必ず和了出来る友引とかの能力。特に和了確定能力・相手の和了を封じる能力が強いです。

『選ぶ』能力は積まれた山にある道筋から自分に都合のいい牌を選べるというもの。怜ちゃんとかしろみーとかですねー。

で、今回トーナメント形式にしてたんですけど・・・1年前くらいの記事なのでおさらいしときます。選抜したメンバーはこの16名でした。

予選A卓 染谷まこ 園城寺怜 清水谷竜華 天江衣
予選B卓 小瀬川白望 福路美穂子 大星淡 神代小蒔
予選C卓 宮永照 愛宕洋榎 龍門渕透華 姉帯豊音
予選D卓 宮永咲 荒川憩 辻垣内智葉 高鴨穏乃

この子たちを分別していくと・・・

『作る』能力=(まこ)、ころたん、あわあわ、小蒔、照、とーか、とよねえ、咲、穏乃、(憩)

『選ぶ』能力=まこ、怜、竜華、しろみー、みっぽ、照、洋榎ちゃん、咲、憩、智葉

になります。どっちにも名前がある子はどっちも持ってるだろう子ですね。宮永姉妹は確定でどっちも。まこちゃん、憩ちゃんは多分ですね。

で、勝ち上がりが…

準決勝A卓 宮永照 宮永咲 園城寺怜 小瀬川白望
準決勝B卓 天江衣 福路美穂子 愛宕洋榎 荒川憩

になります。純粋な作るはころたんしか残していません。何故かというとですね…四者四様の打ち手なら選ぶの方が強いと思うからですね。

ちなみにとーかは別格。描写不足で強さ分からないので照姉に消してもらいました。ごめん、とーか。本当は最強なんじゃないかって思ってる。

モブ相手なら絶対『作る』能力の方が強いです。局数が決まっている麻雀において和了確定で局を流すことが出来る子は強いです。

エイちゃんとかね。(エイちゃんは選ぶもあるけど)

が、その支配下に置いて、最適な選択をし『作る』能力を逆手にとれる『選ぶ』能力がいたら直対なら絶対に『選ぶ』有利です。

後出しじゃんけんだしねー。

ただ、この中でもころたんは別格。この支配はどんな選び方をしても攻略が困難です。だってさ、基本テンパイ自体が出来ないんだもん。

なので咲世界での強い人は①どんなタイプの打ち筋にも対応できる『選ぶ』能力者②誰も対応できない圧倒的支配力を持つ子③前二つをどっちも装備している魔王の系譜・・・って感じですね。

というわけでこんな感じですねー。『作る』からは割と支配力強めかつ有効な効果を持つ子を選びました。『選ぶ』は汎用性の高い子を並べたつもりです。支配をどう攻略するか、が予選4つの目標でした。

準決勝A卓の目標は『選ぶ』の中でも屈指の打ち手(というか個人的に好きな)しろみーと怜ちゃんが作中最強の姉妹に挑むという構図。

準決勝B卓は宮永姉妹並に凶悪な支配を持つころたんを牌に愛されつつ上級者の打ち筋が出来る3人がどう封じ込めるのかがポイント。

攻略するのか、それとも、出来ないのか…。

色々考えつつ、次回から『観たい闘牌を創ってみようシリーズ』を再開させたいと思います。お付き合い頂けたら幸いです(ぺっこりんっ♪

ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。