スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【どうでしょう】憧「試験に出る…?」【第六夜】

咲「麻雀プロ宮永咲とー」

憧「実況アナの新子憧のー」

咲・憧「コメント返信ー」

咲「前回はどうでしょうシリーズではなく、連載の感想もといユキちゃんかわいいですし記事をお送りしましたがコメントありがとうございます」

憧「折角頂いたのでコメント返しを前枠でしていきます」

咲「まずはユキさんの声優さんは諸星すみれさんがいいというコメント。管理人的には知らなかったらしいのですが、聞いてみて確かに合ってるかもと思ったとのことですー。可愛らしいすばらな声だと思います」

憧「次にダヴァンさんについてですが、宮永プロはどう思います?」

咲「そうですね。私自身が直接対決があまりない方なのであれですが、捲り合いが必要なだけで発動すればほぼ勝ち確定の能力だと思います」

憧「と、言いますと?」

咲「亦野さんに似ているんですけど、条件の後数巡後に和了することの出来る能力と考えると捲り合いは数巡後に当たる部分なのであくまで通過儀礼的な要素だと思われます。ただ…」

憧「ただ?」

咲「亦野さんよりも条件が緩い分、確実なツモ和了ではなく回避可能な出和了りになっているのではないかと推測されます」

憧「なるほどー」

咲「いずれにせよ、和了がほぼ確定なので強い能力です」

憧「その条件クリアも能力で出来ちゃう宮永プロと比べるとあれですが」

咲「…っ!?い、いや、そ、そんなことないですよ?」

憧「またまたー御謙遜をー」

咲「もう、急にいじるのやめてよぉ、憧ちゃん」

憧「最後に真屋さんですが」

咲「私たちの同級生ですね。確かに個人戦よりは団体戦向けの能力です。もちろん、個人戦が弱いという訳ではないですが」

憧「一日一回の和了って言われると個人戦には生きなさそうですが」

咲「能力だけならそうです。が、彼女は守備型のプレイヤーなので、点棒を多く取ることは出来ませんが安定した成績を残すことは可能です」

憧「守ってれば、一撃でプラス側に回れるからかー。ユキも強いね」

咲「そだね。ユキちゃんは和ちゃんとは違う方向で安定感があるよ」

憧「最後はコメントをそのまま引用しますが…

あの能力は満貫以上確定の状態から左手リーチ(ダマでも可?)することで必ず和了する能力です。 衣ちゃんみたいな能力者が同卓した場合、そもそも聴牌できないため能力が使えないものと思われます。 素の雀力が必用になるし見映えもいい感じの能力だと思います。

とのコメントはどう思われますか、宮永プロ?」

咲「衣ちゃんと同卓した時の結果は同意見ですね。ただ、満貫以上確定の状態から左手を使えば和了可能という状態の捉え方なんですが」

憧「何か思うところがあるの?」

咲「これはこのブログの根底にある考え方なんだけど『道筋理論』的には一日一回満貫以上の手を和了する能力と言い換えられちゃうの」

憧「詳しくはカテゴリ欄からまとめ記事に飛んでくださいね」

咲「簡単に解説すると、山が積まれた後は動かないことを前提に咲の能力は作ると選ぶの二つに大別されるんですが、和了筋を作る=ツモ牌以外にも手格好の確定ということになるからですねー」

憧「ユキの能力は普通に打ってると一日一回大物手が和了出来るツモ筋を貰えるって感じになる…って認識で大丈夫だよね?」

咲「そういうこと。ただ、ユキちゃんの和了筋を作る能力よりも、衣ちゃんのイーシャンテン支配の方が強い支配力があるので衣ちゃんの能力が優先されて、ユキちゃんの能力は不発になっちゃうんだけどね」

憧「結果的には同じことなんだね」

咲「さて、長くなってしまったけど」

憧「あこさき水曜どうでしょうシリーズ第三弾、試験に出る石川県富山県…いよいよ佳境の第六夜!テスト前の一夜漬け回になります」

咲「お楽しみにー」

・・・・・・

~2日目 片山津温泉~

咲「さあ、いよいよ明日がテストだね」

穏乃「憧には今テストを作ってもらってるよー」

淡「ということは私たち3人で自由気ままに過ごしていいんだね?」

咲「勉強に決まってるでしょう?」ニッコリ

淡「ですよねー」

穏乃「予想問題をね、解いてもらおうかなって」

咲「私たちが問題を出すから、答えていってね」

淡「えーほんとに当たるのー?」

咲「先生が信じられないのかな?」

淡「いや、サキが信じられないわけじゃなくて…」

穏乃「なくて?」

淡「私、アコが作る問題、解ける気がしないんだけど」

咲「た、確かに憧ちゃんレベルの問題の対策になるかは分からないけど」

穏乃「まあまあ、やらないよりは、ね?」

咲「そうそう」

淡「ううー、分かったよー」

咲「じゃあ復習。畳の原料は何?」

淡「えっと、い草だね。熊本がいっぱい作ってるんでしょ?」

穏乃「おお、覚えてたねー」

淡「あのさ、舐め過ぎだよさすがに。分かるに決まってるじゃん」どやあ

穏乃「じゃあ、レベルを上げて…北陸地方は早場米の名産地ですが、これはほかの地方から土を持ってきたからです。これをなんていう?」

淡「うっ…えっと、ってそんなのやったっけ?」

咲「やってないわけないでしょうっ!」グサッ

淡「い、痛あああああああああああああああああああああ」

穏乃「ま、まさかこれは宮永一族に伝わる宮永ホーンを使った攻撃だあああああああああああああ!コナンの蘭姉ちゃんもできそうだけど」

淡「す、スパルタすぎるよ」

穏乃「ちなみに正解は客土と言います。憧が言ってました」

淡「覚えてるわけないでしょっ!」

咲「覚えるまで、刺すよ?」ニッコリ

淡「あはは、そんな冗談…め、目が笑ってない」

穏乃「罰ゲームは過酷な企画だから余裕ないんだよ」

淡「逆になんで穏乃は余裕で自分を苦しめる企画を通すのさ!」

咲「続けて、第三問。松尾芭蕉の奥の細道から『五月雨を 集めてはやし 最上川』という俳句の季語とその季節を答えなさい」

淡「絶対やってないよっ!初めて聞いたよそんなの!」

咲「俳句については触れたでしょう?グレーだけど、あり得るんだよ…」

穏乃「確かに、憧ならやりかねないね」

淡「いや、止めてよ…。でも、これなら分かるよ。五月雨で春が正解だね」

咲「……」グサッ

淡「痛い!痛いって!なんでさ、五月って漢字だよね、五月雨」

穏乃「五月雨の漢字は知ってたんだね」

淡「穏乃はバカにしすぎだよ?」

咲「五月は旧暦だと夏扱いなの。この系統で他に出たら危ないのは七夕かな?これは秋の季語になるよ。気を付けておいてね」

淡「いや、今のは理不尽すぎるでしょ!?」

穏乃「絵的にすばらだからOK!」

淡「あ、だめだこれ。止めてくれる人がいないや」

穏乃「第四問。蜃気楼が出来る要因を答えなさい」

淡「えっと、あの…あったかいのとつめたいのがあって…」

穏乃「咲先生」

咲「……」コクッ

淡「待って、無言で攻撃態勢に入らないで!」

咲「でもこれはやったよ?ノートにあるんじゃないかな?」

穏乃「ちょっと見せてね」

淡「あ」

穏乃「光はさむいとこにいく→でも目は直進してる」

咲「さむいが平仮名になってるのは置いといて、目が直進してるってどんな文!?私、そんな説明してないよぉ!」

淡「だってわかんないんだもん」

咲「目は光が直進してるって思いこむから蜃気楼が見えるんだよ?」

穏乃「待って咲。これ続きがあった」

淡「穏乃、そこは読むのやめよ?」

穏乃「気温差が鍵。琵琶湖やオホーツク海でもみられるらしーけど原因は教えてくれなかった。宮永先生は威圧して覚えたと言わせた。テレビの前の皆、どうでしょうゼミナールには入らない方がいい」

咲「威圧だけじゃ足りなかったようだね」

淡「あわわわわわわ」

穏乃「自分の勉強不足を塾のせいにしてはいけないよ?」ニッコリ

淡「でも、これ書いた後に自分でまとめて分かったから大丈夫」

咲「頼むよ?私いきたくないよ、過酷なロケ」ウルウル

淡「サキ、安心して」

咲「えっ」

淡「大丈夫。思いは一緒。私だって行きたくない」

咲「うん、うん」

淡「絶対に私が満点とる!信じて」

咲「淡ちゃんっ!分かった、信じるよ!」

淡「せんせー!」

咲「淡ちゃん!」

穏乃「盛り上がってるところ悪いんだけど、番組的には罰ゲームの方がおいしいんだけどなぁ。次の企画案出すのめんどくさいし」

咲・淡「おい」

憧「話は聞かせてもらったわ!」バンッ

咲「憧ちゃん!」

淡「じゃあ、問題は簡単にしてくれるの?」

憧「いや、そこは手を抜かないわよ?」

淡「あ、うん」

憧「でも、私も信じてあげるわよ。それに…」

穏乃「それに?」

憧「一生懸命やって、ダメだったなら付き合ってあげるわよ」

咲「そうだね。もしダメでも4人でどっかにいくだけだから」

淡「ありがとう、二人とも!」

穏乃「感動的だねー。よし、じゃ、明日のテストもがんばろー」

咲・憧・淡「おー!」

・・・・・・

次回、最終夜!テスト回!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。