スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詩的私的ジャック

今回は当初の予告通り?S&Mシリーズ4作品目『詩的私的ジャック』でございます~。

うーん、何気なく手が伸びてしまうあたりハマってるんでしょうね、このシリーズに。安心感がありますもんね、多分面白いだろうっていう。文章構成がしっかりしてますし結末までの筋道は綺麗の一言に尽きますからね、このシリーズは。まあ、例えめちゃめちゃありきたりな古典的トリックを使っていても犀川先生と萌絵ちゃんの会話だけで十分楽しめる作品だと思いますけど。

ただ、本作は二人の会話は少なめになっているんですが。その分少ない機会に凝縮されてる感じ。

さて、ではでは作品紹介へ~。

1つ目の殺人。服を剥ぎ取られ、ナイフで腹を傷つけられた被害者。綺麗に片づけられ、証拠が一切残っていない密室の現場。捜査は難航する。2つ目の殺人。またも密室。またも服はなく、ナイフで腹に傷がつけられている。傷の形は1,2つ目では違ったものであったがそのやり口から同一犯による犯行と思われる。密室という不可思議な状況に興味を持った西之園萌絵は捜査に乗り出すが、第3の事件に巻き込まれることになってしまう。・・・こんな感じですかね~。

今回は密室ではあるんですが、メインテーマは犀川先生が序盤で指摘された「なぜ、密室にしたのか?」になっています。前回の『扉は閉ざされたまま』と同じくホワイダニットの色合いが強い作品ですね~。

あといわゆる童謡殺人、見立て殺人です。「なぜ犯人は同一犯だと思われるような殺し方をしたのか?」が問題ですね。

実際密室のトリック自体はあっさり解けます。1,2番目の事件は3つ目が発生する前に萌絵ちゃんが解いちゃいますしね~。よくある機械トリックですので読者は考えるだけ無駄ですね。針と糸的な感じです。だから早い段階で「ハウじゃなくてホワイが問題だ」と釘を指している訳です、犀川先生直々に。

もちろん、ハウの部分が高度なものではないからといっても、理詰めの筋道を立てて読者を納得させるような推理を披露してくれるのが犀川先生ですし、このシリーズですのであんまり心配する必要はないですけどね~。

そして当然ながら謎は「なぜ」だけではないですから。これは読んでからのお楽しみということで。

個人的な感想だと作品単体でみれば『すべてがFになる』や『笑わない数学者』の方が驚きがあり楽しめます。が、S&Mシリーズの作品としてみれば本作は今挙げた2作よりも優れている気がします。こう考える理由はキャラクター描写がこっちの方がしっかりしてるからだと思います。事件自体に派手さはないけどユーモアあふれるキャラが作品を支えている感じですね~。

しかも前述の通り今回は犀川先生と萌絵ちゃんの会話は少なめです。その分萌絵ちゃんの心理描写がとてもよかったです。というかやっぱり可愛いですねこの子。

これが会話が少ない理由ですが、犀川先生を途中退場させたのも良かったですね~。海外出張だとかで。だから今回は安楽椅子探偵って感じの活躍。シリーズでも屈指のチートキャラですからね~。いたらあっさり解決に導いてそうな気がしますし。まあ、このシリーズで一番超越しているキャラクターはあの人なんですけどね。

本作は理詰めも素晴らしかったんですが、やっぱり各キャラクターに魅力があるところが読みどころですね~。犀川先生や萌絵ちゃんはもちろんですがその他脇役の皆さんが。実際事件だけを追うミステリだけを描きたいのであれば国枝さんの描写はオールカットでもいいはずなんですよ。ただ、それでもやっぱり必要なシーンなんですよね。本作全体を通してみると。

ちなみに本作は詩的と謳っているだけあって詩的表現のオンパレードです。台詞回しをなぞるだけでもお金とれるレベルな気がします。そんな本作の中で私が気にいった言葉を連ねて、この感想の締めということにしようかなと思います。

まず筆頭。個人的にさすが先生と思わされたのが「英語で言える?」

次はこれ。「煮もののような方ですね」かなあ。それとこれに対応するシーンがまたね、二人の関係性を表している気がして。

あとこれ。「私なら、行くよ」これはこの事件というよりもシリーズ全体で意味のある発言な気がしますけど。

うーん、まだ好きななのが結構あるんですが、書くと読んだ時のネタバレになってしまいそうなので自重しときますかね。推理後の独白とか、犀川先生と萌絵の本作ラストシーンとかはとても素晴らしい内容ですしね~。

ではでは、そんな素敵な描写が詰まった本作を、是非読んでみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【詩的私的ジャック】

今回は当初の予告通り?S&Mシリーズ4作品目『詩的私的ジャック』でございます~。うーん、何気なく手が伸びてしまうあたりハマってるんでしょうね、このシリーズに。安心感があ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。