スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あしたのために(その1)

といってもあしたのジョーの話をするというわけではないのですが。

まずはコメントありがとうございますー。メガゲン、クレッフィ、ゲッコウガかー。強いですよねー。クレッフィは正直XY序盤はお世話になりました。可愛いけどえげつないですよねー。選出率めちゃ高かったなぁ。

そうそう、全くカテゴリ関係ないのであれなんですがパワプロを買いました。栄冠ナインは私これまでのシリーズは確か全部やってるはずなんですが今回の奴難易度高くない!?バカスカ打たれるんやけど・・・。

でもあれ、実際野球以外の部活でも出来ますよね。サッカーとかバスケだときついかもだけどテニスとか卓球とかそういうゲームが途中で止まる系なら全然出来る気がするのよー(やりたいとは思わないけど)

でさ、本当はその流れに沿って『赤土晴絵体験シミュレーション』的なゲーム妄想でもやろかなとかとか思ったんだけど・・・

あんまり膨らまなかったから今回は別テーマで。

というか書きやすさ的には一番楽なシリーズがあって、でもでもそれに頼りすぎるのもとかとか思い、結局ずっとやってなかった咲ちゃんとのどちゃんの夫婦漫才(他1名)をやろかなーって。

というわけで今回は『京ちゃん麻雀教室シリーズ』でいきます。

で、原点回帰ということで・・・本当に初心者向けの話題に終始しようかなーって思います。本音を言えば自分の復習用なんだけどね。

・・・・・・

咲「京ちゃんのためのー」

和「初心者のためのー」

京太郎「麻雀講座っ!」

咲・和・京太郎「わーぱちぱちぱちぱちっ!」

咲「全国100万はいると言われている咲さん可愛い会員諸君、久しぶりだね!久々の麻雀教室の時間だよっ!せーのっ!」

和「咲さん可愛い!」

京太郎「あーそういやそんな茶番いれるんだったっけか?」

咲「茶番とはなにさ!」

和「そうです!掴みは大事ですよ!」

京太郎「え、ごめんごめん・・・」

咲「ま、京ちゃんの粗相は後で何かしらやってもらうとして」

和「そうですね。主に須賀君のお財布に活躍してもらいましょう」

京太郎「え、えー・・・」

咲「呆けてないですすめるよ、京ちゃん。今回は麻雀の成長過程を管理人の考え方ありきで説明していく予定なんだけど」

和「管理人の考え方というのが怖いですが」

咲「京ちゃんはさ、自分のことを初心者だと思う?」

京太郎「どうなんだろうな。全然勝てないけど一応数はこなしてるし初心者ではないんじゃないかな?相手お前らだから勝てなくて当然だし」

和「須賀君っぽい答えですね」

咲「そもそもさ、初心者ってどんな人を指すのかな?」

京太郎「え、そりゃ牌の種類分からないとかは初心者だろ?」

和「そうですね。須賀君的にはそうかもしれません」

咲「でも、私たちにとっては京ちゃんも初心者だよ?さすがに牌の種類が分からないってことはないんだろうけどさ」

和「いや、でも須賀君ならイーソー辺りを分かってない可能性も」

京太郎「分かるわ!」

和「えっ、本当ですか!?」

咲「ちょっと、あやしい?」

京太郎「泣いても、いいですか?」

咲「鳴くのは卓上だけにしてください」

和「そのやり取りも久々ですね」

咲「でね、今回の話は麻雀を始めた人がどんな風に初心者を脱するのかを考えてみたいと思うんだ。もちろん、あくまで主観的にだけど」

○正統派パターン

和「オールラウンダータイプですね。競技麻雀とか何かしらの団体に所属している人に多い成長パターンだと思います」

咲「色々あるパラメーターを平均的に振り分けていくってイメージ」

京太郎「俺はこっちに入るのか?」

和「そうですね、こちらのタイプに属するんじゃないでしょうか?」

咲「だいたいこんな成長過程になるはずだよ」

①牌の種類を覚える→ゲームを一通り回せる
②役を覚える
③降りの存在を知る→筋壁を知る
④ある程度牌効率と役を使える
⑤筋を使ったベタ降りを意識出来る
⑥リーチに対してベタ降り出来る(ただし注意出来るのはひとり)
⑦鳴きの基準が分かってくる(ただし人によってさまざま)
⑧仕掛けに対してある程度警戒が出来る
⑨降りる場合に壁も考慮出来る
⑩自分のスタイルがある程度確立する

咲「まだまだ覚えることが多いけど自分の中である程度の決め事が出来ている人は初心者とは言わないと思うかな。だから、初心者を脱するこの状態のことを管理人は『オールD』にすると呼んでいるよ」

和「基本を一から学んでいるので時間が掛かりますが、徐々に応用出来るようになってくるので大器晩成型ですね」

咲「ここから先は人によるんだけどね」

京太郎「前も聞いたけど意識・考慮出来ると使えるは違うんだよな?」

和「そうですね。ひとつのセオリーにも実は多くの意味合いがありますし、使える場面も覚えた当初より絶対に増えていきますから」

咲「他にも待ち牌がちゃんと分かるとか、そういう細かいとこまで色々あるけどとにかく基本と思われる事項は抑えるのがこのタイプだね」

和「ただ、勝ちたいのであればこの方法だと時間がかかってしまうので」

○特化パターン

咲「このタイプが主流になりつつあるんだよね」

和「一芸特化。攻撃だけ考えるとか、とにかく守備だけやりつづけるとかとかですね。まあ、ほとんどの場合は攻撃特化ですが」

京太郎「攻撃だけするって、弱そうだけどな」

咲「甘い!全ツッパ出来るのは強いんだよ?正統派パターンの人には出来ないことが出来るから、すぐ結果に現れてくるんだよ」

和「正統派の人と比べると覚える量が減る分、覚えたことへの理解は早くなりますし多く選択があるゲームで迷わなくなることは強さですね」

京太郎「じゃあ、俺も何かに特化した方が・・・」

咲「ううん。特化型には限界があるんだよ」

和「だから、どのみちある段階で別のことも覚えていかなければならないんですよね。なので即効性のある分限界があるんですよ」

咲「ただ、どちらにしても自分なりのシステムがある程度出来れば、それはもう初心者ではないと思うんだよね、うん」

京太郎「なるほどなー」

和「ただ、ここからが大事なんですが、その作ったシステムは必ずしも正解じゃないことを意識しておかないといけなんですよね」

咲「固定観念を持たない方が成長に繋がるんだよね」

京太郎「どういうことだ?」

咲「例えばさ、京ちゃんは明らかにテンパイ気配のある相手に対してリャンシャンテンで突っ込むのってどう思う?」

京太郎「え、さすがにないかなと」

咲「でも、案外みんなそれをやってるんだよ」

和「これは麻雀は和了を目指すゲームだという考えを持っているからなんですが、和了れないと思ったら降りるのが普通ではないですか?」

咲「だいたいの場合形を残そうとするんだよね。それは悪いことじゃないんだけど、どう考えても和了れないタイミングでも形を維持しようとして悪い目に遭うのはもったいないよね?」

和「焼き鳥という考え方からも伺えます。でも麻雀は和了ることが目的ではなくて、最終的に点棒を持っていることが本来の目的なので…」

咲「失点の可能性を考えるなら和了出来ない状況からならツモラレ覚悟でも降りた方が得なこともあるのが麻雀なんだよね」

和「もちろん、焼き鳥というルールがあるなら和了しにいくべきですけどね。そうじゃないなら和了れない=下手ではないんですよね」

京太郎「言われてみれば全局和了する意味はないな」

咲「あと放銃はしちゃいけないものだって考え方とかね」

和「点棒を削られるのでしない方がいい。これは正しいですが、だから絶対振ってはいけないは考え方として間違っています」

咲「局を進めた方が得な場面、降りる意味のない場面。色々あるからね」

京太郎「ふんふん」

咲「さて、大分話が広がったからまとめるけど」

和「今回のテーマは『初心者脱出の道は自分なりの打ち方をある程度確立することにある。が、その打ち方を絶対視してはいけない』ですね」

京太郎「難しい、のかな?」

咲「意識の問題だからね。大事なのは考えることを辞めないことだよ」

和「もっと大事なのはそもそも考えて打つことですけどね」

京太郎「なんだろう、凄くバカにされた気が」

咲「さて、書いててだんだん何をいってるのか分からなくなってきましたが今回はここまでにしときましょうか」

和「次の登場はいつになるんですかね」

京太郎「まあでも、管理人が麻雀に関して何かしら考えたときは出番があると思うのでこれからもお付き合いをー。ではではー」

・・・・・・

って感じですかねー。何を書きたかったのだろう(笑)

私は割と正統派パターンで麻雀やってましたけど、特化の人の方が絶対多いと思います。そっちのが強いしね、実際はー。

まあ、難しいですよねー。最近後輩に麻雀を教えることになったので自分のために何をどう教えていこうか考える回でしたー。

ではではー。

あ、そうそう。咲さんイェイ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

麻雀歴21年(27歳)今では馴染みの雀荘のメンバーに自分の打ち方を聞いたらバランサーと言われてるけど最初(中学、高校の時のゲーセンでの麻雀格闘倶楽部)は攻撃寄りだったな~
基本、此処まで来たら自分の打ちたいように打てばいいけどたまにそこからぶれた打ち方をするんだよね~
ぶれない和は本当にすごい。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。