スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺戮にいたる病

たまにこういう驚きに出くわすから読書は止められない。

というわけで今回は『殺戮にいたる病』です。かなり有名作品なのでタイトルは知ってたんですが中身は全く知りませんでした。知らなくて本当に良かったと思える作品でしたねー。

我孫子武丸先生です。ふぇぇ・・・かんじむずかしいよぉ よめないよぉ・・・

あびこたけまる先生ですね。正直私も読めませんでした。タケマルという名前が独り歩きしてらっしゃるお方ですね~。『どんどん橋、落ちた』とかね~。そう、先生もまた新本格第1世代なのです。(だったよね?)

有名なのは「かまいたちの夜」のシナリオを書いていることな気もしますが。あと最近では、アニメの方言に苦言を呈してたりしますねー。異能力美少女麻雀漫画ですねー。

じゃ、早速作品紹介に行きましょうかー。

真実の愛を求めた男は自分の眼鏡にかなった女性を殺し、犯す。たった一度だけ許される性交。そして死体の乳房を持ち帰り愛でる。だが、時がたつにつれ薄れていく。乳房は肉塊と化す。また求める。理想を、究極の愛を。殺人鬼、被害者の関係者、殺人鬼の家族の視点で語られる繰り返される惨劇。子は母の愛を求め、猟奇的殺人鬼に変貌する。・・・こんな感じかな。

大分気を使ったのだけれど、なにか問題になるような記述はないよね?この作品ね、エピローグから始まるんだよ。しかも犯人視点があるから「古畑任三郎シリーズ」みたいな感じなんですよね。読者は結末を知ってるけど探偵役はその謎をどう解き明かすかみたいな。だから正直ネタバレすると面白くないんですよねー。

さて、感想をいっちゃおう。最近読んだ中でも上位にランクするほど面白かったです。

面白かったは語弊があるかもだけどね~。正直気持ち悪いし。っていうか生々しいですよね、描写が。だってあらすじで分かると思うけど殺してから犯すんだよこいつ。しかも肉塊を持って帰ってさらに一人で・・・。これだけでも気持ち悪いのに、不必要なほどその場の情景を思い起こさせるような記述がもうね。

しかも問題は殺人鬼だけではないんですよ・・・。

まず、家族視点。この人二人の子供をもつお母さんなんですが思考が気持ち悪い。正直自分の親がこいつだったら私はまともに育たなかったと思います。自分が異常なことに無自覚なのもまたね。実は読んでて一番嫌いになる人物かも。

次に被害者の関係者。これが元刑事とある被害者の妹とで事件を捜査する探偵役なんだけどこの二人もよく読むと正常じゃない気がするんですよね。特に妹のほうね。姉を思っての行動ではないんですよね、多分ですが。

もう主要人物全員頭おかしいとしか思えない。まともな人も数人出てくることは出てくるんですけど。記者さんとかね。気持ち悪い。もうラスト付近になってもずっと気持ち悪い。

ただラストまでいけば納得できるのかなあと。作者さんはあえてこういう人物を描いたんだなあと、そう感じますね。

うん、こんな感じですかね。いつもよりも短い?書こうと思えばいくらでも書けますがネタばれしちゃいそうなんで・・・。若干微妙な記述があるんですがそれも御愛嬌ということで。素人の感想文ですし。

あ、新本格の人とは言ったけどこの作品は新本格ではないねー。どっちかというとホラーに近い感じですし。

さてさて、私は絶賛した本作を是非手に取ってみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【殺戮にいたる病】

たまにこういう驚きに出くわすから読書は止められない。というわけで今回は『殺戮にいたる病』です。かなり有名作品なのでタイトルは知ってたんですが中身は全く知りませんでした。...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。