スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憩ちゃんについて考えてみる回

久々にふつーに考察という名の妄想をしますー。

でもでも、その前にコメントありがとうございますー。そですねー。コメント来て確かになんでリーチを掛けたんやろー?っと自分で思いました。

一応オーラスで描きたかったのは・・・

素で必要な手を入れるころたんの親族、とーかさんと平然と状況をクリアする宮守の魔人、とよねえ…そして、その状況からでも和了り切ってしまう照姉と与えられた状況の中で最善手を打つ洋榎ちゃんでした。

で、まず点差なんですが一応洋榎ちゃんからみてドラの東は全部観えている状態、赤は所在不明だけど謎の嗅覚と照姉の能力を鑑みて持っていない→だから、差し込み・・・をイメージしてます。

ので、一応リーチなしでも捲られないことを想定してます。

あと、姉帯さんの能力は複合出来るかどうかとか結構曖昧なとこがあったので・・・実は特に考えずノリでリーチ打たせました。

というか、こーこちゃんに「先負キタコレ」とすこやんに「能力の同時使用できるん?」を語らせるためだけに打たせました。

でもでも確かに、役がある以上リーチ打たない方が正解っぽいよね。どの道当たり牌掴んでくれるし、リーチなしで条件クリアやし。

うーん、苦しいけど「照姉は降りる、洋榎ちゃんは来なきゃいけない状況、とーかはリーチなのでダマにしておく意味があんまりなかった」ってことにしておきます。ダマのがいいと分かってても打っちゃった的な。

さて、本題。これでこの選抜最強戦は予選卓全ての組み合わせが分かったことになります。残っているD卓のメンバーは・・・

宮永咲 辻垣内智葉 荒川憩 高鴨穏乃 の4人になりますー。一応この順番がそのまま席の順にする予定だったりします。

この組み合わせにした理由はまず、咲ちゃんVSしずを連載より先に予想してみよう…というテーマがあるからだったりします。

で、色々な事情で残った強者を詰め込んだ結果こんな感じに。ちなみに今だから言うけど、小蒔ちゃんととーかはジョーカー要素が強すぎるので予選で敗退するようににB、C卓の面子を決めた感じだったり。 

ころたんは描写が多いのでなんとかなるかなって。

ただ、その理論でいくとこの卓…

憩さんだけは情報が足りないから負けちゃうんじゃね?

ってなってもあれなので先に憩ちゃんの能力をある程度決めておこうというのが今回の趣旨だったりしますー。ちょー考えるよー。

ちなみに、憩ちゃんの能力を今考察している以上、実は勝ち残り決めてません。見切り発車的な要素が強いのです。従って、準決勝、決勝の結末も決めてなかったりします。その場のノリでいこう、うん。

たださ、原作では一度も闘牌描写がない憩ちゃんをどう描くかはかなり難しい気がする。一体どんな打ち手なんだ・・・。

ま、妄想の域は出ないわけなんですが。

よく観るのは…『相手の当たり牌を見抜く能力』ですねー。発祥はどこなのだろうか。色んなSSの憩ちゃんが持ってる気がするこれ。

私、とりあえず世にあるSSS(咲SS)を全て観ているわけではないので確証を持って言えないけど、ほとんどこの能力はあるよ、ね?

当たり牌察知能力と言えば『兎』の俊君だけど、俊君だと山城麻雀の時点でちょーチートだよーなので・・・。現在のやつとかもうね。

そこまでいかないにしても、当たり牌察知だけだとあの世界で個人戦2位はさすがに厳しそうなので付加価値が欲しいところです。

例えば・・・仲良くさせていただいているブログ様のSSS(咲SS)感想ブログ様の憩-kei-シリーズのパターンとかね。

当たり牌察知→吸収→結果和了れるみたいな感じ。シンプルだけど、相手を抑え込んだうえで和了れるのは大きいですねー。

天運は絶対必要な要素だよね。パターンとしては山城前の俊君なんだけど、このあたりなら上手くバランス取れそうですねー。

あとさ、学年対抗SSの憩ちゃんもよかったですねー。

理牌の癖などなどを読み切って他家の手牌を全て読み切る。なおかつ牌を愛することでガン牌と同じ効果を作ることが出来る。

チートかっ!

・・・って思わず突っ込みを入れたくなるんですけどこれも『兎』の主人公、俊君の山城麻雀から現在に至るまでの打ち筋ですよねこれ。

もうさ、武田俊=憩ちゃんでよくね?

うん、割とハマる気がする。さすがにショートカットだのなんだのは使わないつもりですけど、第六感に目覚めた俊君くらいの力でいこかなって。

第一段階:当たり牌察知+当たり牌吸収+和了り切り

第二段階:他家の手牌察知+運気支配

第三段階:全員のツモ牌察知+展開支配

みたいな。第三段階はやりすぎな気がするから使うかどうかは微妙なところなんですけど。こんな感じのぶつかり合いでいこかなって。

圧倒的な点棒調整能力を持つ嶺上使い、純然たる能力者である宮永咲、誰にでも対応出来る力と作中でも屈指の強運、技術屋、辻垣内智葉、そして、能力を抑えつつ精神的な強さで立ち回る高鴨穏乃。

そこに、作中屈指の兎の能力を持つ荒川憩。

で、D卓はお送りする予定です。次回から始めるかは未定ですけどー。

お付き合いいただければ嬉しいのよー。ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

いつも書け麻でお世話になっております。

たしかに荒川さんはいまだに原作での描写が全くないですから、先行して能力がわかっている阿知賀ポータブルの能力だけでSSを作成するのは大変だと思いますねー。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。