スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SSS】豊音「選抜最強戦?予選C卓だよー?」

コメントありがとうございますー。そんな自信はないのですが、例えばあの場面ですこやんがこんな感じに語ったらすばらくないのでは?

健夜「所詮は餓鬼の闘牌ですからね」

え、言いそう?まあ、創作なので演出上過剰になるのはご容赦ください。

ではでは、観たい闘牌を創ってみようシリーズ。選抜最強戦予選C卓…最終回。是非是非お付き合いいただければと思いますよー。

・・・・・・

南3局

西家 宮永 照   33400
北家 愛宕 洋榎  28900
東家 龍門渕 透華 17200
南家 姉帯 豊音  20500

透華「ツモ。2600オール」ヒエッ

洋榎(まいったな。何も出来へんかった)

洋榎(和了役はメンタンピンツモ。姉帯がおるのにリーチを打ってきとる以上能力無効化は確定やな。火力はなくとも相手を完全に封じとる)

照(面前じゃ確実にやられる。2局捨てて分かったことは…)

照(能力無効化だけでなく、こちらの攻撃の芽は全て摘まれていること。そして基本的に鳴けない、ということ。そろそろ、動かないと、ね)

豊音(リーチを2度も決められた。先負が使えない以上面前勝負は分が悪すぎるよー。かといって、鳴くチャンスは2局通して0だったし)

豊音(支配系はあっちのが上。一点突破を狙ってみるよー)

・・・・・・

恒子「ここで来ました龍門渕透華ァ――!!!チャンピオンのお株を奪う連続和了ァ――!!!このまま一気に捲りきるのかァーーー!!!」

健夜「強い、ですね」

恒子「うん、素人目でもこの異常さは感じとれるよ」

健夜「誰もテンパイも入れれず、鳴けもしない場を作ってます」

恒子「これ、本当に最強の能力なんじゃないの?」

健夜「ただ、突破口はあると思います。天江さんもそうなんですが、牌の種類が限られている以上完全な支配は不可能です」

恒子「うーん、でも今観てる感じだとかなりやばそうだけど」

健夜「そうだね。何かきっかけが欲しいところですね」

・・・・・・

南3局1本場 ドラ4

西家 宮永 照   30800
北家 愛宕 洋榎  26300
東家 龍門渕 透華 25000
南家 姉帯 豊音  17900

透華(……)ヒエッ

豊音(面前勝負は勝てないよー。どうにかして鳴かないと)タンッ

照(さて、ここを普通に打ったら駄目なんだよね)ツモッ

三四五①③⑤⑦667東白中 ツモ3

照(普通に打てば第一本線はタンヤオ。役牌重ねもありのこの配牌。ただ、本線は追えない。それは貴女の思惑通りになっちゃうのでしょう?)

照(この局欲しいのはテンパイや和了じゃない)打・四

洋榎(普通に打ったらアカンのやろ?)ツモッ

二二三四④④④⑤⑦⑧347 ツモ北

洋榎(絵に描いたような好形配牌。分かりやすすぎるで)

洋榎(ここで必要なのは意外性。絶対にあり得ない選択をする度胸と、それを成功させる運。こういうギャンブルは嫌いじゃないでー)打・四

透華(……?)タンッ

豊音(初打・四が二人!?そっか、そこまでしなきゃ勝てない、か)

~8巡目~

照(……)タンッ

豊音「ポン!」

照(よし)

洋榎(ま、うちとチャンピオンが中張牌切りまくりやからな)

~15巡目~

照(間に合った、ね)ツモッ

三五九⑤66東東白白中中 ツモ三

照(変則手順と姉帯さんの動きでなんとかなったね)打・五

洋榎(きたでー、えぐいのきたでー)ツモッ

一九①⑨19東南北北白發⑧ ツモ中

洋榎(確実に端牌をツモるって読みは合ってたな、さすがうちやで)

豊音「その發、ポン」

豊音(友引までいきたかったけど、とりあえずテンパイ、だよー)

①②南南南⑨⑨ 發發發 444

豊音(国士がいるからここからさらに鳴くのはさすがに厳しいよー)

~流局~

照「テンパイ」

洋榎「うちも、や」

透華「……」パラッ

豊音「全員テンパイだねー」

照(やっぱり、不合理に打てばテンパイまでは行ける)

洋榎(けど、さすがに全てを狂わすのは無理やね)

豊音(ただ、突破口はみえたよー。またまた私の出番だねー)

・・・・・・

南3局2本場 ドラ北

西家 宮永 照   30800
北家 愛宕 洋榎  26300
東家 龍門渕 透華 25000
南家 姉帯 豊音  17900

透華(……)タンッ

豊音(面前は絶対に駄目。そして、この状況で唯一使えるのはおそらく友引…だけ。友引を防ぐためには私に鳴かせなければいい)

豊音(でも、だからこそ、この能力を封じるなら鳴けない場を作るだけになってるはず。なら、鳴けてしまえば可能性はある!)

①②②③⑤⑦三六七468北 ツモ三

豊音(2p打ち?あり得ないよー。ここは…)打・①

照(やることは分かった。変則に打っても和了り切れるとは限らない。少なくとも私の持っている武器だと賭けになってしまう)

照(でも、条件さえ確定すれば和了れる打ち手がこの卓にはいる)打・②

豊音「ポン、だよー」タンッ

照(うん、後は…)タンッ

洋榎(うちの番、やなー)

洋榎(あんなギャンブルが決まり続けるわけないわ、いくらうちでも)

洋榎(なら、ここは3対1を作るべき、やね)打・三

豊音「ポン!」ゴッ

・・・・・・

恒子「またしてもターツ落としから入る宮永選手と愛宕選手!どうしたんだ?勝負を、捨ててしまったのかァ―――――!!!!」

健夜「いえ、さすが…ですね。突破口を見つけたらすぐさま対応する。最終的な勝利のために1局捨てに来ましたね」

・・・・・・

~13巡目~

照(さあ、仕上げといこうか)タンッ

豊音「ポン!」

豊音「ぼっちじゃ…ないよー?」ゴゴゴゴゴゴゴゴッ

照(これで、4鳴き。条件達成)タンッ

洋榎(条件、クリアやな)タンッ

透華(……な、ん、ですの?)タンッ

豊音「ツモ。タンヤオトイトイで1300・2600の2本付けだよー」

⑤ ツモ⑤ 六六六 8888 三三三 ②②②

透華(…ん、和了られましたのね)

透華(南、3局?どうやらまた、あの状態になったらしいですわ)

透華(何にせよ、接戦。オーラスは私自身の手で勝利を掴みますわ)

照(おかえり、龍門渕さん)

洋榎(やばそうな雰囲気は消えたな。これならいけそうやで)

・・・・・・

恒子「決ィまったァ―――――!!!今度は友引炸裂ゥ――――!!!この半荘は要所要所で姉帯さんがいい仕事をしてますね」

健夜「ええ、さすがですね」

恒子「これで全員が2万点台になりました!1局勝負!!!」

健夜「仕方なかったとはいえ試合巧者の宮永さんと愛宕さんがこの状況を作りましたからね。これなら、全員にチャンスがあります」

・・・・・・

南4局 ドラ東

南家 宮永 照   29300
西家 愛宕 洋榎  24800
北家 龍門渕 透華 22200
東家 姉帯 豊音  23700

豊音(似てる。全国2回戦のあのオーラスに)

豊音(奇しくも、宮永さんのお姉さんもいるし)

③④⑦⑨一四五九2346北 ツモ⑥

豊音(あのときは届かなかった。けど、この面子で連荘は厳しい。ここで、決めるために…序盤戦に全てを賭けて戦うよー)

照(うん、ここまで和了れない半荘は久しぶり)

照(龍門渕さんは元に戻ったっぽいけどこういう1局勝負の麻雀は得意な打ち手だし、油断は禁物。最善手を打って局を終わらせる)

①②③⑤⑦二二三四七4西發 ツモ3

照(私の運、技術、そして今まで得てきた情報、全てで勝つ)ゴッ

洋榎(僅差の2位。立場的には苦しい立ち位置や)

洋榎(それでも、うちは負けへんけどなー)

⑨⑨四六七22東東東南發中 ツモ六

洋榎(ドラ3。さすがうちやで。ちょい重い手やけど)

透華(ふう、途中の記憶がほぼないですわ)

透華(でも、戻ってこれた)

④⑤⑧⑧五七1123南北白 ツモ三

透華(観ててくださいまし。ここからが私の本領発揮ですわ)

~5巡目~

豊音(さあ、ついにきたよー)

③④⑥⑦四五23466 ツモ⑧

豊音(まだ、序盤戦。どこからでもトップ確定。もらっちゃうよー)

照(姉帯さんにテンパイが入った、ここは…)

照「チー」

照(さて、後はどうなるか、な?)打・①

洋榎(こら、ちょっと遅れ気味やね)

六六七22東東東南中 ツモ中 ⑨⑨⑨ 

洋榎(はは、ここまでくると最後は派手になりそうやけど)打・南

透華(出来ましたわ)

③④⑤⑥⑧⑧四五1236 ツモ7

透華(2位までは2600点差。変化はありますわ。でも、私の麻雀にこの手でダマはありえませんの。勝負ですわっ!!!)

透華「リーチ、ですわっ!」タンッ

豊音「なら、追っかけるけどー」

豊音「リーチ」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴッ

・・・・・・

恒子「龍門渕選手のリーチっ!!!しかしこの卓には姉帯豊音がいるぞォ―――!!!これは姉帯選手の勝ちになるのかァ―――!!!」

健夜「おそらく、龍門渕選手もそれは考慮済みでしょう。姉帯選手は全国大会オーラスでこの能力を使っています。そして・・・」

健夜「未だに能力の同時使用をしたことがありません」

恒子「つまり、龍門渕さんはこの局先負はないって読んだってこと?」

健夜「そうだね。ここで序盤に有効牌を引き続けるあの能力を使わない手はないですからね。このあたりの能力への理解も彼女の強みです」

恒子「でも、本当に姉帯選手は能力を同時使用できないの?」

健夜「それは分かりません。ただ…」

恒子「ただ?」

健夜「彼女の賭けは成功してます」

恒子「え・・・あっ、そっか」

・・・・・・

照(この巡目で決まる。私の読みはズバリ二人とも3-6m。先負が決まる前提なら龍門渕さんの一発ツモで捲られる、ね)

照(照魔鏡でも、能力の複合の可能性は完璧には分からなかったからもしかすると先負を使えない可能性もなくはないけど捲られる可能性が高い)

照(もちろんツモで捲られても2位通過なんだけど・・・)

照(それは、嫌。それに、次またあの状態の彼女を止められるとは限らない。なら、確実にここで消す。優勝の可能性を高めるために)

③⑤⑦二二七七34中 五三四 ツモ⑥

照(ここ。ここで、止めておいた中が活きる)タンッ

洋榎「ポン」

洋榎(これで追いついたでー)

六六七22東東東 中中中 ⑨⑨⑨

洋榎(ツモずらしとしては不十分。龍門渕のツモが姉帯にいく。それやと姉帯のツモになるんやが…そんなわけないやろ、チャンピオン)タンッ

照「ポン」

照(これでツモ筋は戻った、けど、間に合った)タンッ

洋榎(なるほどな、猶予はこの1手のみ。ここで引かせるか)

六六22東東東 中中中 ⑨⑨⑨ ツモ東

洋榎「槓、や」

洋榎「嶺上…」

・・・・・・

恒子「ここで、ここで引いてしまうのかァ―――!!!」

健夜「……」ゴクッ

・・・・・・

洋榎「ならず、やな」

六六22 東東東東 中中中 ⑨⑨⑨ ツモ九

洋榎(うん、これで詰みや。トップは目指せへん)

洋榎(なにせ、次でどっちかの和了やからな)

洋榎(ただ、うちの読みが正しければ…)タンッ

照「ロン」パラッ

・・・・・・

恒子「決まったァ―――――!!!予選C卓決着ゥ――――!!!やはり、やはりチャンピオンは強かったァ――――!!!」

健夜「最終局は意地と意地のぶつかり合いでしたね」

恒子「でも、結局は本命が勝ち抜けたね」

健夜「最後の一局は宮永さんが凄すぎましたね。面子崩してタンヤオ移行。しかも、中を引っ張って。これがなかったらトップ通過はありえませんでした。この針の穴を通してしまうのが彼女の強さです」

恒子「全て、読み切っていた?」

健夜「いえ、多分そこまでではないはずです。ただ、取っておけばツモずらしを出来る可能性が高いくらいは思ってたでしょうが」

恒子「そして、愛宕さん。テンパイ維持も可能でしたが」

健夜「最後は差し込みですね。ツモ番を回したら負けの可能性が高いあの状況で的確に差し込みました。あれこそが彼女の真骨頂でしょう。どんな状況からでも勝負を捨てない。それがこの結果になったのでしょうね」

・・・・・・

最終結果

宮永 照   32300
愛宕 洋榎  23800
龍門渕 透華 21200
姉帯 豊音  22700

透華「最後ツモらせてもらえませんでしたわ」

豊音「うーん、同じくだよー」

洋榎「あー、負けたでー。さすがやなー」

照「ううん。さすが、愛宕さんだと思う。特にオーラスの選択は」

洋榎「せやろー」

豊音「届かなかったよー。残念だねー」

洋榎「まあ、しゃあないな。うちが二人の分も勝ったるから」

豊音「ちょーがんばってほしいよー」

透華「負けたら、承知しませんことよ」

豊音「2sは差し込み?逆転もあり得たと思うんだけどー」

洋榎「うーん、連続和了の最初やからクイタン1000点の可能性高かったし、どのみちツモ回したら敗退確定やったし。でも、それ以上に」

豊音「それ以上にー?」

洋榎「なんやろ、そんな気がしたんよ。1000点やなーって」

透華「ま、なんですの、そのオカルト思考!?」

豊音「いや、龍門渕さんはそれを言ったらだめじゃないかなとかとか」

照「あ、あと龍門渕さん」

透華「はい、なんですの?」

照「もうひとりの貴女も、貴女、だと思うよ」

透華「ふふ、ありがたいお言葉ですわね」

透華「そのワタクシを倒したんです。優勝してくださいまし」

照「うん、任せて」

観たい闘牌を創ろうシリーズ 選抜最強戦予選C卓 槓っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

オーラスの豊音ちゃんは、どうしてリーチをかけたんですか?
ダマの出和了りでもトップになれる以上、点数的には不要です。
先負の発動条件だからなのかと思いましたが、もし筋道理論が
正しいのならば、局の初めに積まれた牌山は変わらないので、
他に役があるこの場面ではやっぱりリーチは不要です。
豊音がリーチをかけようがかけまいが透華は同じ牌を掴むし、
和了できないなら、それをツモ切るしかないのですから。

能力の同時使用が不可能で先負を使っていないとしても、
リーチをして1000点棒を手放すリスクを犯す理由がありません。
照の手が2600点とかだったら、もしリーチしなければ豊音が
2位だったのにという悲しい状況でした。

これは豊音が筋道理論を知らず、先負はリーチをかけることで
相手のツモ牌を変更する能力だと勘違いしているという理解で
いいのでしょうか?
なんか違う気がするし、よく分かりません。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。