スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレー鉄道の謎

今回の探偵役は~、おー2度目の登場ですねー、火村英生先生と有栖川有栖先生のコンビでございます~。パチパチパチパチ

あれれーおかしいなー、次読むのは探偵とかが出てくる話ではない予定だったんだけどなー。立ち読んで、面白そうってなって、結局積んである本より先に読んでしまったという・・・。まあ、どういう順に読んでも問題はないでしょうしあんまり気にしない方向でお願いします。

さて、再び作家アリスシリーズ、その中でも表題に国名が入る国名シリーズの6作目の作品ですね。第56回日本推理作家協会賞受賞作です。有栖川先生は自分には縁がない賞だと思っていたみたいですが、これは謙遜ですね~。

国名シリーズといえば、本家はエラリイ・クイーンですね。残念ながらこっちは読んだことがないのですが。あ、有栖川版国名シリーズも本作が始めてなんですけどね。もともと有栖川先生はエラリイ・クイーンの影響をかなり受けているお方ですから似たような作品形態になるのはある種当然な流れなのかもしれませんね~。

じゃあ、作品紹介~。

かつての知人に誘われてマレーシア観光へ来た二人。知人がゲストハウスを経営しているリゾート地、キャメロン・ハイランドで休暇を楽しむはずがひょんなことから関わりを持った現地の日本人にお茶に招待されたところ、偶然にもその敷地内のトレーラーハウスにて死体を発見してしまう。テープで目張りされたトレーラーハウス。明らかな密室状態。不可思議な死体を前に二人は捜査に乗り出す。が、連鎖するように起こる殺人。複雑な人間関係、過去の事件、事故。様々な思惑が複雑に入り組む難事件。日本へ帰る飛行機の搭乗時間までというタイムリミットが迫るなか二人は事件を解決することができるのか。こんな感じかな?

最初はですね、これ時刻表系のトリックかなあと思ってたんですよ。だって鉄道ですよ?西村京太郎ばりのアリバイトリックものだと考えちゃうじゃないですか。でもね、これは時刻表トリックでもましてや走っている列車の中で起きる事件でもなく、密室殺人がテーマです。

確かにマレー鉄道は物語上結構重要なワードなんですが、重要なのはマレー鉄道そのものではなく過去に起きた(作中だと最近ですが)事故なんですよね。だからまあ、タイトル少しおかしくない?とは感じるんですが「本家であるエラリイ・クイーンもタイトルと内容が一致してないことが多かったので私は言わずもがなですよ」みたいなことを文庫版あとがきのほうで有栖川先生がおっしゃっていることですしあんまり気にしないようにしましょう。

私の感想としてはうーん、新本格っぽくはないかなあと。もちろん本格ミステリですが。最近だと殺人方程式のときに感じたような。こう感じるのは私の新本格のイメージがやっぱりクローズドサークルだからでしょうね~。実はこれについてもあとがきで触れてらっしゃるんですけどね。

新本格っぽくないからといって面白くないかと言われれば、めちゃくちゃ面白かったんですけどね。トリックもなかなか大胆なものでしたし。思わずなるほどと呟いてしまうレベルでした。

少し残念だったのが犯人があんぽんたんだったことですかね~。トリック自体は素晴らしいんですが、実際にそれを行う意味は?って感じ。特に続けて凶行に及んだ理由とかね。あほじゃない?って。絶対もっとやりようがあっただろって。

同じく結構斬新なトリックながらそれをすることに意味があった『殺人方程式』の犯人の方がどう考えても賢いですね~。まあ、事情が違ったので仕様がないところもあるんですがそれにしても、ですね。やってみよーって感じがもうね・・・。

うーん、あと感じたことは少しだけ長い気がしなくもないような。全ての描写に意味は確かにあるんですが、意味が薄い部分がない訳ではないのでもう少しまとめれたような気がします。そもそもマレーシアでなくてもこの話は作れそうですしね~。

ただ背景描写はさすがって感じでした。行きたくなりますもん、マレーシアに。伏線を置くという観点でみると長いかもと感じるかもですが、美しい背景描写のためにと考えると必要な文章量だった気もしますね~。こういう観点からは舞台としてマレーシアを選んだことがファインプレイのようにも思えます。

結局は受け取り方次第って感じなのかも。犯人は確かにそれこそ意識の外を狙われる感じではなく、意外性という点ではあんまり評価できませんが(っていうかこの事件の容疑者と読者が疑うことのできる人物のうち誰が犯人であっても意外とは思えなかったと思いますが。だって全員犯人になりえそうでしたし。)見方を変えれば王道ミステリという印象を受けます。本作ではそういったものを意識して書いているようですしね。

だからこそ結末も綺麗にまとまっています。意外性ではなく、王道が持つ持ち味を発揮している作品ですね~。犯人の行動に対してはいくらでも突っ込めますが、提示された推理は納得せざるを得ないものでしたから。論理的な推理、だけど犯人の行動は論理的ではない、そんな感じ。

なんにせよ素晴らしい作品を世に送り出してくれた有栖川先生にはテリマ・カシとお伝えしたいですね~。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【マレー鉄道の謎】

今回の探偵役は~、おー2度目の登場ですねー、火村英生先生と有栖川有栖先生のコンビでございます~。パチパチパチパチあれれーおかしいなー、次読むのは探偵とかが出てく...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。