スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【SSS】怜「選抜最強戦、予選A卓?」【A卓ラスト】

~ 南3局2本場 親・衣 ドラ・東 ~

まこ 15000
怜  17500
衣  51100
竜華 16400

恒子「さあ、いよいよ勝負も佳境に入ったぞォ―――っ!!!怒涛の連続和了で天江衣が首位を独走中!!!なすすべなく終わるのか、それとも、さらにここから巻き返しがあるのかァ――――っ!!!!!」

健夜「この局は割と分岐点になりそうですね」

恒子「と、いいますと?」

健夜「予選、準決勝卓は2位まで勝ち抜けのルールですからね。天江選手との点差を考えず2位狙いか、それとも1位を取りに行くのか」

恒子「私なら2位で満足しちゃいそうだけど」

健夜「現在ある点棒差を逆転できるものと考えるかどうかで決まってきそうです。親番がある清水谷選手はトップ狙いもありかもしれません。染谷選手と園城寺選手はおそらく、2位狙いのような気がします」

恒子「うん、確かにそう思えるかも」

健夜「ただ、現在2位の園城寺選手が2位狙いでこのまま天江選手を自由にする戦術をとるなら、おそらくこのまま最後まで天江選手の独壇場になってしまうでしょう。彼女抜きでこの連荘を止めるには厳しいです」

恒子「でも、それも園城寺さんの思惑なんじゃないの?」

健夜「そうだね。でも、もし全員に抵抗する意思があるならこの半荘はまだまだ分かりません。どうなるかは彼女たち次第、ですが」

恒子「そういう意味でまさに分岐点というわけですねっ!!!」

健夜「うん。この局は色々な意味で大事ですね」

・・・8巡目・・・

まこ(現状衣の和了は目に見えとる)

まこ(この局、本来であれば打点のある和了が欲しいんじゃが)

②②③③④④5五六七八八九

まこ(本来であれば面前で進めたいんじゃ。じゃがその選択肢はない) 

まこ(速度を犠牲にすれば、必ず衣にやられるじゃろう)

まこ(じゃが、もし仮にわしが一人でかわしにいったとしても)

まこ(どうにもならん。親落としには3人の連携が必要になる)

まこ(清水谷はおそらく協力してくれるじゃろう)

まこ(が、肝心かなめの園城寺はおそらくこのまま静観じゃろうな)

まこ(園城寺は振り込まんのじゃから、何もしなくても勝ち抜けじゃ)

まこ(ま、この局は全力でかわしにいく)

まこ(それ以外の選択肢はわしにはないんじゃがの)

竜華(この局は枕神は使ってへん。ここはうち以外の和了でもええんや)

竜華(その代わり無極点で全員をサポートする)

竜華(…もちろん、ベストはうちの和了やけど)

竜華(染谷さんはおそらく、協力してくれるはずや)

竜華(オーラスはともかく、この親は流さないと負け確定やから)

竜華(でも怜。あんたはどうなん?)

竜華(自分を危険に晒しても、この連携に協力してくれるんか?)

竜華(正直つきあいは長いけどこの局面なら2位抜け狙いも全然あり)

竜華(どないするかうちも読めへん)

竜華(でも、どっちにしろ選択肢はかわしにいくしかないんやけど、な)

②③③④⑥⑦⑧三五六七5 ツモ八

竜華(普通なら三萬を切る手)

竜華(やけど、それはおそらく衣ちゃんの掌の上)

竜華(もう8巡目なんや。猶予は残ってないやろ)

竜華(自分も活かしつつ、なおかつおそらく染谷さんのアシストになる)

竜華(これがこの状況での最善の一打や)打・③

まこ「ポン」打・九萬

まこ(ピンフ?イーペー?そがあなんいらんわ)

衣(ふたりは当然かわしにくるか)

衣(けど、いいのかな?)

衣(3人がかりじゃなきゃ、衣は止められないぞ?)

怜(ここや、ここしかない)

一二三四五六七八⑧⑧246 ツモ3s

怜(絶好のテンパイにみえる。ダマでかわしつつ、最悪降り)

怜(でも、それじゃ勝てへんのやろ?結局天江の和了なんやろ?)

怜(2位抜け?そっちのが賢いのかもしれへん)

怜(でも、うちが千里山で学んできた麻雀は…常に上を目指す麻雀や)

怜(いくで、天江。ここが勝負どころや。ダブルっ!!!!)ゴッ

怜(…ふぅ。なるほど。このあと竜華が染谷に④を鳴かせる)

怜(そして②で差し込み)

怜(やが、それはアウト。天江の12000にズドン、や)

怜(ドラ東トイツ、赤含みのチートイ②単騎)

怜(せっかくダブルつこうたんに、確実性はないが)

怜(竜華なら、おそらく察してくれるやろ?)打・3s

衣(……)打・⑧

怜「ポン、や」

怜(この⑧鳴きでテンパイもあったんやが)

怜(それやと気づいてもらえへんからね、少し寄り道や)

衣(…!?)ゾクッ

衣(そうか、そうくるのか)

衣(一巡先を視る者、園城寺怜!)ツモギリ

竜華(怜が鳴いた?どういうことや?)

竜華(いや、かわしの連携に参加してくれるのは分かってん)

竜華(やけど、染谷さんのさっきの鳴き方的に2pはトイツや)

竜華(そして、これはうちにしか分からんことやけど)

竜華(無極点でみれば、おそらくあの仕掛けはイーペー崩しやと思う)

竜華(なら、染谷さんさえアシストすればええようにみえるんやけど)

竜華(それやと、かわせない。そうやんな、怜?)

竜華(なら……)ツモギリ

まこ(清水谷が鳴かせてくれる思うとったんじゃが)

まこ(園城寺の動きをみて、止めたということじゃろう)

②②④④5五六七八八 ③③③ ツモ④

まこ(鳴かずともテンパイが取れる未来を視た?)

まこ(いや、そうじゃない。②か④を鳴けば次巡差し込みがあるんじゃ)

まこ(じゃが、それが上手くいくのなら園城寺は動かん)

まこ(つまり、衣の和了が先にあるちゅうことじゃな)打・5s

怜「チーや」

怜(竜華も染谷さんもさすがやで。こっちの意図に気付いてくれたんや)

怜(なら、申し訳ないんやが…頼むで、竜華?)打・一

衣(ふむ。さすが変幻自在の打ち手たちだ。これはやられた)ツモギリ

竜華(これで、なんとかオーラス勝負、やな)打・五

怜「ロンや」

二三四五六七八 ⑧⑧⑧ 546

恒子「決まったァ―――!!!テンパイを拒否してのタンヤオ和了ァ―――!!!天江衣の連荘を止めたのは園城寺怜だァ――――!!!」

健夜「今のは2位抜けのために局を流したわけではなさそうです。完全に勝つためにかわしにいきましたね、全力で」

恒子「つまり、園城寺選手はまだ、トップを諦めていないと?」

健夜「そういうことですね。しかし、未来を視ているとはいえ今回は確実なものではありませんでした。染谷選手、そして清水谷選手も上手く対応しました。3人でなしえた親流し、ということです」

恒子「点差は依然圧倒的だけど、まだまだ何かある、ってこと?」

健夜「多分、ね。このまま終わりませんよ、こういう展開になるなら」

~南4局 親・竜華 ドラ西 ~

まこ 15000
怜  18500
衣  51100
竜華 15400

恒子「さあ、オーラスですっ!このまま終わるのか、ドラマはあるのか。全てが決まる一局が今始まりましたァ―――――!!!!」

まこ(前局頑張ってくれた園城寺には悪いが、わしの力でトップまでは厳しいんじゃ。ここは3900を和了り切って、勝ち抜ける。自分の出場をわしに譲ってくれた久のためにも、の)

怜(ここまでやったんや。狙うはトップのみ。この局、竜華は枕神。そして天江の支配も健在。1巡先じゃ戦えん。最後や。常時トリプルで。『視る』んやない。『創る』んや。そして、うちが勝つ)

衣(さっきの局は完全にかわされた。苦しい局になりそう。でも、楽しい。全力で打って、全員が全員衣と渡り合える卓。友達になってくれる卓。でもそれも最後。衣が勝つ。それだけ、だっ)

竜華(さて、温存してた怜ちゃんを使うで。正直ここで視える手がある程度の打点ないと2位で和了やめはなしやから厳しい。もちろん、怜が繋いでくれた未来や。2位抜けするつもりは毛頭ないんやけど)

・・・9巡目・・・

恒子「ここで、親の清水谷竜華に凄まじい手が入るゥ―――!!!役こそありませんがドラ6の化物手が入ったァ――――!!!!」

健夜「最後の最後。一撃必殺の切り札を残していましたね」

竜華(怜ちゃんはこれが最後の一回。これで決めるで)

⑥⑦3467白北西西西 ツモ8

枕神・怜ちゃん「いやあ、みてみて思うたけどさすが竜華やで」

枕神・怜ちゃん「この状況下で3倍満ツモを持ってくるなんて」

竜華(せやろーさすがやろー?)

枕神・怜ちゃん「それちゃう人のセリフやんっ!」

竜華(悪いな、怜。うちのトップでこの半荘は終わりや)ゴゴゴゴッ

枕神・怜ちゃん「リーチツモ赤2…嶺上、表ドラ4裏2」

枕神・怜ちゃん「どこぞの嶺上使いみたいやな」

竜華「リーチ」

まこ(曲げてきたっ!?)

まこ(じゃが、わしも引くわけにはいかんのじゃ)

まこ(あんたらみたいに化物手とはいかんが)

12345678③③④南南 ツモ南

まこ(分が悪いのは分かっとる。それでも、それでもここは)

まこ「リーチじゃっ!!!!」

衣(まこは2位浮上の手)

衣(だけど、親から感じる。親倍?)

衣(いや、こいつのことだ。確実にもう一段あげてくる)

衣(……?)

竜華「怜、どうしたん?」

怜「…あ、ツモ番か。ごめんりゅーか」

衣(消耗している)

衣(つまり、相当無茶をしたということ、か)

怜(ふぅ・・・危なかったで)

怜(最後や。1巡目、4巡目、7巡目…)

怜(うちは未来を変えると2,3巡の間未来が見えへんくなるんやが)

怜(使えるタイミングで全部トリプルを使こうたからね)

怜(少し、やばかった。でも乗り越えたで)

怜(本当は、逆転手を作ることと、天江警戒でやっとったんやけど)

怜(怜ちゃんか。竜華が本当に一撃必殺を入れてくるとは)

怜(ただ、残念やったね。神はうちに微笑んでくれたようや、で?)

怜(正直実力やない。展開が味方してくれた)

怜(うち一人じゃ届かへんかった)

怜(やけど、絶対的支配者にもやり方によっては勝てる)

怜(その証明にはなったんちゃうかな?)

怜(そして、その絶対的支配者さん?うちはアンタを信頼しとる)

怜(さあ、フィナーレといこか)ゴゴゴゴゴゴッ

衣(最後の最後で、踊らされたかな?)

衣(やけに衣の手をサポートしてくると思った)

衣(無警戒で、その手に乗ってしまった罰かな)

四五六七八九⑨ 二一三 789 ツモ①

衣(正直、衣に和了らせて2位抜け)

衣(未来を視えるお前だからこそ信じて仕掛けたんだが)

衣(見誤った、かな。コイツがそんな打ち手でないことは)

衣(十分、この半荘で学んだはずだったのに)

衣(手を崩さなければ、捲られる)

衣(それが分かっているのに、このまま何もしないのは……)

衣(天江衣ではない。そう言いたいのだろう?)

衣(見せてもらおうか、予見者。お前が作った未来を)打・九

怜(さすが、やで)

怜「槓」

まこ(大明槓っ!?)

衣(そのままだと跳ね満テンパイで止まるはず)

怜(終わるわけ、ないやろ?うちは一巡先を視る者、やで?)

竜華(そ、それはうちの、うちの和了牌や)

怜「…ツモ、や」 

白白發發發中中 九九九九 七五六 嶺上・白

怜(リー棒2本。ここまでは予定通り)

怜(が、いっこ不確定の情報があるんや)

怜(あの未来で視えた竜華は槓ドラをめくらへんかった)

怜(裏だけで逆転しとる手やから、な?)

怜(この手はここまでで跳ね満止まり)

怜(乗れば、勝ちや)

・・・・・・

恒子「決まったァ―――――!!!!勝ち抜けは園城寺怜に天江衣の二人だァ――――!!!!予見して、創り変える。これが一巡先を視る者、園城寺怜っ!鮮やかな和了で準決勝進出を決めましたァ―――!!!!」

健夜「ええ、名勝負でした。敗れた染谷選手、清水谷選手も素晴らしい闘牌を魅せてくれましたね。いきなり最高の試合だったと思います」

恒子「でも今日はこれが続くんだよ、ね?」

健夜「ええ、そういう大会ですからね」

恒子「正直実況してるだけでもかなり疲れるんだけど」

健夜「そだね。でも楽しいんでしょう、こーこちゃん?」

恒子「……もちろんっ!!!」

健夜「私も、だよ」

最終結果

1位 天江衣   39100
2位 園城寺怜  32500
3位 清水谷竜華 14400
4位 染谷まこ  14000

怜「乗らへんかったかぁ。大体竜華が悪いんやで。カンドラめくらんと逆転して終了とかいうから、最後だけ賭けになってしもうたんや」

竜華「な、なにゆうてんねんっ!実際のうちは和了ってないんやで?」

衣「ツモの瞬間は負けかなと思ったけど」

怜「あれが限界やったわ。竜華に凄い手入るし、染谷さんもリーチやし」

まこ「わしのは絵に描いた餅じゃったけどの。やっぱり全国区の選手はすごいんじゃのう。正直、全く渡りあえた気がせん」

衣「なにいってるんだ?」

竜華「あんたがおらへんかったら試合になってないで、多分」

怜「うん。この面子やからここまでの戦いになったんや」

まこ「そう言われると嬉しいのう」

竜華「正直最後の枕神であれが視えたときは勝ったと思ったんやけど」

衣「衣の支配を掻い潜って、親倍テンパイ。正直びっくりだった」

まこ「でも、最後の最後で力使いまくってたんがもう一人」

怜「ま、勝ちたかったんやもん」

竜華「もう、あんたはまた無茶して」

竜華「そこまでやったんや、負けたら承知せえへんで、怜?」

まこ「二人とも勝ち上がってくれると信じとる」

衣「任せろー。まだまだ楽しんでくる」

怜「負けへんで。二人の分も、精一杯やってくるわ」

竜華「無理だけはせえへんように、ね」

怜「……も、もちろんや」

竜華「なんで目をそらすんかなー」ジトーッ

観たい闘牌を創ろうシリーズ 選抜最強戦予選A卓 槓っ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。