スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恒子「意気込み、聞いちゃってもいいかな?」

衣「妖異幻怪の打ち手が揃っている大会なのだろう?」

衣「衣と対等に打ちあえるそんな奴らが」

衣「衣の想像の遥か上をいく怪物が」

衣「とにかく、遊び相手がいっぱいだっ!」

衣「このお祭りを全力で楽しむ、それだけだっ!」

・・・・・・

透華「私を選んでいただけたのはとても光栄ですわ」

透華「ただ、正直あまり気乗りはしませんの」

透華「私が選ばれて、原村和が選ばれなかった理由」

透華「私の中にあるもうひとつの打ち筋を評価されてのこと」

透華「もちろん、出るからには私が一番目立ちますわ」

・・・・・・

怜「正直こういうんはうちよりセーラの方が向いとると思うけど」

セーラ「相変わらず謙虚やなぁ、怜は」

怜「竜華もでとるし、うちは邪魔せん程度に…」

セーラ「あほっ!こん大会はうちのエースが貰うでー」

セーラ「もちろん、りゅーかも応援しとるけどなー」

・・・・・・

竜華「うーん、うちとしてももちろん優勝したいんやけど」

竜華「この面子やとかなり厳しそうやなー」

竜華「ま、うちはうちのやれることをやんでー」

竜華「今回は制限なしで、持てる力全部ぶつけても」

竜華「ええやん、な?」ゴッ

・・・・・・

小蒔「私なんかが出場してもいいのか分かりませんが」

小蒔「全力以上であたらさせてもらいますっ!」

霞「今回は小蒔ちゃん以外は選ばれてないから全力でサポートするわね」

初美「ちょっと残念ですけどねー」

小蒔「皆の分まで頑張ってきますっ!」

・・・・・・

美穂子「優勝、したいですね」

美穂子「古くからの知り合いの方も出てますし」

美穂子「私がみなさんより強いとは断言できませんけど」

華菜「キャプテンが最強だしっ!」

美穂子「あ、ありがとう、華菜」

・・・・・・

まこ「なぜわしなんかのう?」

久「私が出るより次期部長が出た方がいいでしょう?」クスクス

まこ「本当は出たかったんじゃろう?」

久「今回は私から断りをいれたのよ?」

久「今回の面子ならまこは最強だと思ったからね」クスッ

・・・・・・

咲「え、ええ、て、テレビ、ですか?」

咲「え、えっと、その」

咲「私の打ち方には欠点があって」

咲「それを克服するためにも、強い人が集まるこの大会で」

咲「全員倒します」ゴッ

・・・・・・

白望「うーん、選ばれたのは光栄ですけど」

白望「だるい、かなぁ」

白望「面子が皆強そうだからなぁ」

白望「ただ、皆の分も私と豊音で」

白望「勝ち進めたらいいかな、とは思います」

・・・・・・

豊音「ちょーたのしみだよー」

豊音「当日はいっぱい色紙がいりそうだねー」

豊音「もちろん楽しみたいから」

豊音「勝ち続けるよー」

豊音「ちょっと、厳しそうな面子だけどー」

・・・・・・

穏乃「阿知賀からは私だけなのは少し残念ですけど」

穏乃「やるからには、勝ちますよー」

穏乃「私が培ってきたもの全てを」

穏乃「卓上に置いてくるつもりですっ!」

穏乃「みなさん、よろしくお願いしますっ!」

・・・・・・

智葉「リベンジマッチ、か」

智葉「ありがたいことですね」

智葉「今度こそ、『殺る』」ゴッ

智葉「そのうえで、全員が納得できるような麻雀を」

智葉「それが、今回の意気込みですかね」フッ

・・・・・・

洋榎「意気込み?そんなんうちの優勝に決まってるやん」

洋榎「愛宕のとこの洋榎ちゃんは大舞台に強いなぁって」

洋榎「大阪では評判なんやでー」

洋榎「ま、うちと五分で打てる奴ばっかやし」

洋榎「もう、待てへん。はよ、はじめよーや」

・・・・・・

憩「うち?」

憩「うーん、特に難しいこと考えんと楽しませてもらいますーぅ」

憩「もちろん、勝った方が楽しいから全員倒すつもりでやるけど」

憩「今回は化物揃いやさかい、どうなるやろなー」

憩「個人的にはそろそろ頭が欲しいとは思ってますーぅ」

・・・・・・

淡「ちょー楽しみだよ。戦いたかった人が何人かいるしねー」

淡「でもやっぱりちゅーもくはテルーだね」

淡「ここでげこくじょう?しちゃって」

淡「白糸台のエースの座を貰うってことで」

淡「期待しててねー」ゴゴゴゴッ

・・・・・・

照「もちろん、みなさんお強いので全力で頑張ります」エイギョウスマイル

菫「で、本音は?」

照「本心だよ。久々に楽しみ」

菫「やり過ぎるなよ?」

照「やり過ぎなきゃ勝てないよ、この面子は」ゴッ

・・・・・・

恒子「というわけで次代のエースは誰だっ!小鍛治健夜プロデュース、全国高校生選抜最強戦、ここに開幕だああああああああああああ」

健夜「プロデュースというか、選手選考に絡んでるだけだけど」

恒子「それにしてもまあ、今の高校麻雀界を代表する面々が集まりましたねー。さすがすこやんの影響力はすばら、ですねー」

健夜「そ、そんなことないよ?」テレテレ

恒子「齢40にもなると貫禄が…」

健夜「アラサーだよっ!」

恒子「さて、気になるルールの説明ですが」

健夜「えー、私会話に乗り切れてないよー」

恒子「16人を4卓に分け、1卓2名勝ち抜けの半荘戦。さらに、準決勝も二人抜け。そして決勝1半荘と完全順位取りの超短期決戦となります」

健夜(ポイントの累積にするとおそらく誰も宮永さんを止められなくなっちゃうからね。1回勝負でも、あの子が本命だけど)

恒子「ではでは、さっそくいっちゃいましょうか」

健夜「行かない手は、ないよね」

恒子「予選A卓はこちらのメンバーですっ!」

観たい闘牌を創ってみようシリーズ プロローグ 槓っ!

・・・・・・

なお、私の妄想垂れ流しなので展開が面白いかは個々人によるかも?思いついたら進めていく感じで更新していきますー。

ってな感じでやっていこうと思います。是非是非お付き合いをー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。