真夜中の探偵

やっぱりお父さんが一番いいキャラだよね、つかまってるけど。

ほい、有栖川有栖先生の少女探偵ソラシリーズ2作目『真夜中の探偵』の感想を書いていきますよー。『論理爆弾』まで読破済みなのでそのうちそっちも記事あげると思いますー。こうご期待ですー。

さて、シリーズの2作目ということになりますが3作読んだ上での感想は一番ミステリしてるかな、かな。有栖川先生にしては・・・だけど。

うん、このシリーズはその作品単体での謎ときではなくてシリーズとしてのストーリーを意識して書かれている感じですよね。ソラの成長物語。

面白いですけど、学生アリス、作家アリス好きの人は物足りないかも?違うジャンルだと思うべきでしょうね。どちらも趣があるのですけども。

ではでは、そんな作品紹介。

純は叔父のいる大阪に来ていた。母を探すために、そして探偵になるために。友との連絡を絶ち、寂しさに耐えながら。

ようやく一人暮らしにも慣れ始めたころ、彼女の周りが一気に動き出す。彼女の両親、<調律師>と<水無月>が探偵時代に築いた人脈。

仲介者、同業者。そして、少し変わった隣人や父を連行した警視。様々な人間の思惑が、彼女を前に進ませる。そして、不可解な殺人事件が起こり、ソラは探偵としての一歩を踏み出す。こんな感じかな?

まず、この作品単体でいくと殺し方とその理由がメインになってます。水の貯まった木箱の中で溺死した男。どう殺した、何故そうした?

で、純は探偵<ソラ>としてこの謎に挑むわけですが・・・

もちろん世界設定は『闇の喇叭』と変わっていないので私的探偵行為は重罪なのです。だから、周りも彼女が探偵にかかわることを良しとしない。そんな中でどうストーリーを進めるのかなと思ってたんですけど・・・

なるほど。だから、この作品は視点がぐるぐる変わるのかー。

結果的には『闇の喇叭』でも使われた手法ですね。純ちゃん視点で謎を解決し、警察やら別の視点で別の観点から事件を解決させる。

これなら確かに、この設定でも探偵役が輝けますねー。

それにこういうテンプレを作っておくと、いざというときに読者に仕掛けを打てるしねー。続きものを意識した構成になってますねー。

だからか、若干ミステリ要素薄めです。まず、事件が起きないもの。舞台が大阪に移っているので純ちゃんの現状説明だけでかなりの尺を使ってます。なので、これだけ読む場合は最初は退屈かもですねー。

もちろん、本格ミステリの第一人者・有栖川有栖の作品ですからその謎、トリックは秀逸なんですけどねー。さすが、といった感じ。

お次は続きものとしてみた場合。

うん、まだ風呂敷を広げている段階ですねー。何かが動くとかいうわけではないです。雰囲気作りに終始してるかなって印象。

ただ、これまでの有栖川作品にはないタイプだと思うのでここからどう転がすのかは凄く気になります。推理小説ではなく、人間ドラマ?

ガンジスたちも描写されてますけど(『闇の喇叭』から出てくる純の友人たち)どう絡めてくるんだろうね。それとも、純ちゃんの成長のための1要素って感じでこのままずっとこんな感じなのかな?

お父さん側も気になりますねー。どう動くんだろう。

やたらと多い、実質もうひとりの主人公の明神警視も気になります。今のところはよくある切れもの刑事。この人をどう動かすかも楽しみ。

そして、最大の謎。お母さんの行方は、プロローグとエピローグ参照。この状態のお母さんまでたどり着くにはかなり長くなりそうだ。

というわけで楽しみは尽きませんねー。って感じで締めですー。

『論理爆弾』もそのうち感想書きますのでお付き合いいただければ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR