スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国編のすばらな出来に思わず感想を書いてしまう回

まさにすばらとしか言いようのない出来。

ちなみに、今回はアニメの中身にも触れますのでネタバレ嫌ですと言う方は戻るボタンを推奨します。いいよって方はお付き合いいただけたら。

さて、実はこのブログでアニメの、それも一話だけの感想を書くのは初めてなのです。全体ならアイマスとか氷菓とか書いたりしててんけど。

理由は一話ごとだと週一でその感想あげることになりそうだったから。だから気にいったのは終わってからまとめてって感じにしてました。

でもでも、今回は書いてしまおうかなって。それくらい、大満足の出来でした。これは正直めちゃくちゃ期待できそう・・・。

ただ、毎回あげるかと言われると多分無理だと思います。のでので、これは書かなきゃ(使命感)と思った時だけ書いていこうかなって。

多分私が書かなくても、色んな人が良質な感想をあげてくれそうですし。

というか、週2,3しか更新してないブログでそのうち一つを感想にしてしまうと書きたいことが書けなさそうなのですよー。

更新頻度を上げる?若干きびしいのよー。

さてさて、もうそろそろ本筋に入っていっても大丈夫ですよね?

○開幕

初っ端喋ったの、誰だと思います?うちの嫁ですよ、うちの嫁。しろみーから喋らすとか今回のスタッフさんは分かってますねー。

そう、なんと全国編開幕を飾ったのは宮守女子。人気ある高校であることは誰もが納得でしょうが、まさかまさかの一番手でした。すばら過ぎィ。

しかも、これがまたかなり可愛いのです。違和感がなかった。まさに想像通りの宮守女子が動いているといった感覚。ちょーかわいいよー。

というかいきなりオリジナル展開ではあるものの、本筋のストーリーを覆したりはせずに問題ない範囲でのシーンの追加でしたねー。

私としては本編で分かっていない重大な情報とかをアニメでやる・・・っていうのんがあんまり好きではないのでこんな感じで本編の設定を順守しつつ可愛さを堪能出来るようなのを期待なのよー。

あ、もちろん闘牌シーンの追加は欲しいけどー。

さらに、白糸台へ。いきなりあわあわが見せてくれます。阿知賀編からの再登場ということになりますね。上手く混ぜていってほしいところです。阿知賀編もかなりいい感じでしたからねー。

白糸台、臨海(ふくすこすばらっ)という流れ。これは原作通りのそのまま再現されてました。そして、今回の主役校その2、永水女子です。

はっちゃんは若干声高めかな?とも思いましたけど多分慣れてくるやろね。あわあわと同じ感じなんでしょう。永水も無難そう。姫様は気になるけど。

さらにシーンの追加。姫松のターンです。セリフはほぼないものの可愛さアピールは十分でしょう。きぬたそ可愛い過ぎだよもー。

若干展開早めだったかもねー。

私は特に気にならなかったけど、初見の人はどう思ったんやろ?

あれ?おかしいな。主人公チームが出てこないぞ?

○中盤戦

ようやく、咲さんと和ちゃん登場。最初からの流れでなんとなく分かってましたけど合宿編はとりあえず初っ端ではなし。いきなり上京です。

と、思ったらインハイレディオのターン。主人公とはなんだったのか。

すこやんこのシーン本編で初めてみたときはそんな強キャラに観えなかったんですよねー。実は作中最強キャラだったなんて・・・。

で、BGMからセリフなしで各校へ。新道寺とか喋ってないけどファンには嬉しい描写が続きますー。再登場組には期待したいところです。なんたってあの準決勝の前の話をやるわけですからねー。

ほいでついに、清澄、というか長野組のターン。ここからは完全に初見お断りな雰囲気が出てきました。華菜ちゃんころたんとーか。分からへんやろねー。でも大丈夫。その辺は闘牌に入ったらそんなに重要ではないし。

あっ、お風呂シーンだったから問題ないか。

で、まことみっぽのターン。仲良さげやないですかっ!部長を争う二人なんておらんかったんや。本編にあるシーンながらいい感じですねー。

文堂さんは咲日和で救済され、今回で美少女の仲間入りだね(ニッコリ

で、原作通りの抽選会にいくわけですねー。

○終盤戦

と、思ったらここで阿知賀とのクロスを見せてくれます。咲さんに脅威を覚えるシーンを咲さん視点でみるとどうなるのか・・・。

ラスボスやないかっ!!!

阿知賀の再登場は結果が決まっているからか、圧倒的な風格を漂わせています。というかしず化物やないか。もっと可愛い感じにすればええんに。

抽選会に戻って、京ちゃんが喋ったぁ!結構セリフあるね。というか闘牌始まる前に喋らせとかないと、出てくるタイミングがあんまないもんね。

そして、鶴賀登場。この子らは阿知賀に続いて再々登場。個性派揃いでしかもなかなかになかなかな可愛い子がいるからねしかたないね。

というか、このアニメ数十人を一気に動かす必要があるのでかなり頑張りが必要になりそうです。スタッフのみなさん頑張ってください><

貴重な日常回をEDで使いつつ、ラストへ。いいのかな?闘牌に入ったら結果は決まってるわけだから増やせるポイントなんてそんなにないのに。

そして、ラストは、なんと宮守女子っ!

姉帯さんのちょーたのしみだよーも入りつつ、塞さんが完全に主人公。というかもう宮守主人公だこれ。いや、これはむしろグッジョブだけど。

○総評

うん、かなりいい出来でした。100点満点レベルでしたね、すばら。

宮守女子を中心にしていくということはおそらく全国2回戦をメインにしていくということになりそうです。これはファインプレーでしょう。

おそらく各校の1回戦の様子を追加したり、2回戦自体の闘牌描写を追加することで作っていくことになりそうですねー。希望としては・・・

やっぱり次鋒戦を増やして欲しいです。多分叶うと思います。エイちゃん巴さんゆーこちゃんは多分推していきたいキャラのはずだしねー。

あと、鍵を握るのが再登場組な気がします。原作の2回戦の段階ではベールに包まれていたAブロック側は現状では全員明確になっており、しかも人気がある子たちばかりですからねー。

この子たちを上手く動かすといい感じになりそうですー。特に千里山は姫松絡みで出しやすいでしょうし、新道寺にも煌ちゃんがいますからね。

咲さんを実は気にしている照姉とかも面白そう。核心に触れない程度で上手いこと入れてくれると嬉しいなーとかとか思ってたり。

惜しむらくは、おそらく阿知賀の再登場がないであろうということ。彼女たちは全国2回戦ではほとんど話に絡めません。

しずたちは清澄の結果を知らないようにしてましたし、のどちゃんが彼女たちに気付くのは準決勝をTVで観てになります。

それでも無理やり入れるなら、赤土先生がのどちゃんが打ってるのを気にする・・・くらいかな?彼女だけは結果を知っているはずですし。

うん、これは毎週の楽しみが増えたねー。ちょーきたいだよー。

さて、次回は未定ですー。アニメの2話感想が次回記事になることだけはないと言っておきましょう。さすがに書くにしても間に何かはさみます。

今回記事は少しだけずるをして、あるワードを多用しております。それについても次回説明入れようかなとかとか思いつつ今回は締めです。

ではでは、お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。