スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪について考えてみよう

新年明けましておめでとうございますー。

今年もよろしくお願いいたします。

はい、というわけで新年一発目はずばり大阪考察でいきたいと思います。2つ代表校がありどちらもが全国強豪校、しかも個人戦2位も輩出しているという長野、東京に次ぐ魔物の巣窟ですねー。

長野とか東京に比べれば比較大人しめな面子ですかね?というか長野と東京は別格みたいなとこありますし(臨海は東京と言うより海外だし)

ただ、凶悪でないだけで面白い打ち手が多いのも事実なわけです。じゃあじゃあじゃあ、じゃあだ、誰が一番強いんだろうと言う話ですよ。

名門・姫松、バランスのとれた千里山、そして三箇牧の荒川憩。あくまで私の偏見でしかないけど考えてみるんだよもー。

いや、当然荒川憩でしょ・・・じゃ面白くないので。というか憩ちゃんは打牌描写ないので今回はスルーします。検討しようがないもの。

で、候補は5人に絞ってみました。大阪考察と言うより、姫松と千里山考察になってしまいそうな感じがしますけど。

千里山から園城寺怜、江口セーラ、清水谷竜華、姫松から愛宕洋榎、末原恭子でいきたいと思います。他の子に関して先に言っておくと・・・

ゆーこちゃんは実は宥姉並みの安定度を誇る強キャラではあるんですが、宥姉ほどのインパクトを残していないので選外に。負けへんのよーは可愛いんだけどねー。アニメで描写が補完されたらまた考察します。

絹ちゃんに関しても同様。ゆーこちゃんと同じく対応タイプなので強いんだけど特にお姉ちゃんと比べるとインパクトが薄いんだよねー。来年はきっと主役のひとりになってるだろうけどー。

漫ちゃんは今年の段階ではまだ魔物候補なだけ。能力の常時もしくは高確率での発動及び火力速度のバランスを取れれば来年は覇権を握れるかも?

船Qは異常だけど同じタイプの末原さんを選出しているので今回はスルー。来年は1,2年の後輩相手に舌なめずりしてそうですね(ニッコリ

泉ちゃんは、来年再来年での成長期待。

ってな感じですかね。ではメインどこにいってみよう。

○園城寺怜

一巡先を視る者。

この能力の強さはうちのブログでも何度も触れてきました。

与えられる情報量が人よりも多いということ。彼女の強さはこれに尽きると思います。一巡先の相手の動き、切る牌、相手のテンパイ形、自分のツモ牌。麻雀が選択をしていく競技だからこそ、驚異的。

弱点は実力自体が3軍レベルということなのですが、そんな描写ない気がする。普通に上手いんじゃないだろうか。その思考をみてみても。

リーチ一発だけはやめた方がいいと思いますけど。あれなくても和了率と和了阻止だけで普通に勝てる気がする。ま、個性的には必須だけども。

というか、可愛いは正義です。

○江口セーラ

セーラの強さはスタイルがぶれないことだと思います。

愚直に、高打点を。やっていることはこれだけ。3年ブーストも相まってある種魔物よりも魔物な高火力連発状態になってましたけど。

ただ、これが黄金のワンパターンやねんなぁ。

イメージははじめの一歩の幕之内一歩。もしくは千堂武士。ひとつのスタイルだけで大阪最強候補の一角にまで上り詰めてます。

器用な訳じゃない。守備力があるわけでもない。技術戦が得意な訳でもない。ただ、面前で火力を愚直に追う。自分が正しい、好きだと思っているスタイルを貫き通す。これが彼女の魅力なのでしょう。

あと、おれっ子可愛い。

○清水谷竜華

無極点とかいうチートと、枕神怜ちゃんとかいう異能を併せ持つモンスターと化した千里山部長。この子も何度も考察してたりしますけど。

まずは、枕神怜ちゃんによる攻撃力。和了筋が視えるというのは強いですね。回数制限があるといっても1半荘単位なら十分な回数ですし。

ちなみに、攻撃力はありますけど、枕神単体では怜ちゃんの劣化です。ドラゴンボールのトランクスみたいな状態だからね。

でも、竜華にはもうひとつ、無極点とかいうチート能力があります。普通の子が枕神を持っても脅威ではありますが強キャラ止まり。この子が持つから、枕神怜ちゃんは圧倒的な効果を発揮します。

特筆すべきはその守備力。まさに一点で止め切る。枕神以外の局も守りながら稼ぐことが出来るからこそ、竜華は作中最強候補になるのです。

あと、健気さが可愛い。二次創作のヤンデレ含みもええけど。

○愛宕洋榎

普通に強い。その場その場の状況に合わせた柔軟な打ち筋と自分自身のスタイルを信じ抜くという柔軟性と一貫性の両立が出来ている子。

まずなんといっても引き出しの多さ。テンパイ即リーから高打点ダマ、くらいなら分かるんですけど牌を晒すことで相手を誘導したり、相手の傾向を利用して和了切るなどなど場況に合わせた打ち筋を見せてくれます。

そして、メンタルの強さ。姫松のエースという重圧のあるポジションにいながら麻雀を楽しむという姿勢。大量リードを許していても和了を焦らずある意味ポーカーフェイスで最善を取れる精神力。

さらにさらに、神の加護も感じさせてくれます。

火力も取れて、なおかつ技術戦もできるオールラウンダー。一芸に秀でている子が多い咲の麻雀界の中で全てにおいて強いというのは貴重ですね。

あと、ジト目可愛い。

○末原恭子

戦犯だなんだと騒がれていましたが、勝ち抜いてるから(ニッコリ

多分普通に強いで?対戦相手を研究し、しかも上手いこと場況に対応して見せます。2回戦での闘牌も状況を考えれば最善だったでしょう。

データを優先しつつ、+α分を対応力で打開しています。能力がないからこそ、凡人だからこそ辿り着ける凡人なりの強さを持った子。

これは船Qにも言えることやけど、同じメンバーでのリーグ戦やったら最終的に勝ち抜いてる気がする。とんでも能力相手でない限りは。

でもでも、やられてた時のが可愛いのは事実だけど。

そんなこんなで5人挙げてみましたが誰が一番強いんかな?

無極点に入る条件みたいなのが不明ですが、竜華は頭一つ抜けている印象を受けます。でもでも、その力の源である怜はおそらく、枕神を妨害にいける子だし直対すれば多分勝つのは怜ちゃんだしなぁ。

でもでもそんな怜ちゃんも技術戦のが得意な子だからセーラ相手だと不意の一撃で負けてしまうことだってあるし。能力者相手なら情報が揃った時点で恭子ちゃんが無双してしまうということもあり得るし。

でもでもでも、恭子ちゃんが真正面からセーラ、洋榎ちゃんに対抗できる絵が浮かばないし。かと言って、セーラが無極点、枕神相手に上手く立ちまわれるとは思えないし・・・。難し過ぎるでしょう、これ。

結局じゃんけんなんよね、大阪組って。

でもそんな中で、唯一出す手を選べるのが洋榎ちゃんな気がします。火力あって、技術戦出来て、引き出しが多いからこそ誰にでも勝てる可能性と誰にでも負ける可能性を持っている気がする。

まあ、なんにせよ、皆可愛いからええやんということで。

そんな感じで締めときましょうか。

次回は牌譜検討をしようかなとか12巻を使って辻垣内智葉考察をしようかなぁとかとか色々計画中。まあ、要は未定なんですけども。

ではでは、本年もよろしくお願いいたします(ぺっこりん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

かわいいのは園城寺怜と末原恭子それはわかる

No title

どんなに結果オーライだろうと上半身性別不明の雑種が写る価値は無い

No title

千里山の3人の強さはわたしも今興味ある所なのですよね。
ふんふむ。なるほどーと思いました!

今年もよろしくお願いします。

No title

漫画では、千里山ではエースが先鋒でもともと先鋒だったセーラを怜が抜いてエースになったというシーンがあるので、怜が一番。一方、姫松は中堅にエースということで、洋榎が一番。洋榎とセーラはインターミドルでのライバルだったとして、それがあまり変わって無ければ、怜がなんだかんだ言って一番強いってことになるのではないでしょうか?
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。