スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年、最後の『考察』だよもー

考察記事は最後なのよー。考察記事は、ね?

さて、その前にコメントありがとうございますー。

・・・しろみーの678考察してるのに、全然気づいてなかったっ!?姫様は相手の当たり牌を抱える・・・確かにそうかもっ!すばらっ!

未熟だったのよー。ほかにもすばらなコメントありがとうございます。

さてさて今回の題材なんですが、折角12巻も出た事ですしそれ絡みのネタを一個だけやろうかなって思いますー。で、管理人の傾向的に・・・

辻垣内智葉だと思った?

残念、漫ちゃんでしたっ!

智葉は新年一発目に持ってこようかなと思ってます。智葉考察自体は割と回数やってますしね、うちのブログは。タイプ的に好きなのですよー。

でもでも、漫ちゃん考察も過去にやってるやんお前と言われそう・・・。うん、漫ちゃんももちろんやってるんです。だから今回は・・・

12巻から出てきた、持っていたアドバンテージを火力ではなく速度に回す・・・という点に着目してみたいと思うのよー。

もともと最初にやってたのは優希ちゃんでございますねー。部長の言いつけを健気に守って、火力ではなく速度で東場を制しにいきました。

そして、それをみて漫ちゃんも過去を振り返ります。変化をつけた方がいい。和了れなかったらもったいないやん?頼りになる先輩たちの言葉。

四暗刻絡みの一手。いつもの自分なら、鳴かない。だって牌は応えてくれるから。現に同じような形を漫ちゃんは鳴いていません。正確には鳴けなかっただけですが。心持からして2半荘目は異なっていましたね。

結果4000・8000・・・高いよっ!?

って話なんですが、漫ちゃん的にはあの形はツモリ倍満ではなく、ホンロートイトイ三暗三色を面前で確定させるのが本来の打ち筋なのでしょう。

優希ちゃんと漫ちゃん、二人の成長が感じられる闘牌だったわけですが、ここでひとつ思うのです。この、火力を速度に変えて加速するって・・・

誰でも出来るんかな?ちょっと考えてみるんだよもー。

○火力を速度に変換できる打ち手

まず、筆頭は宮永照。これはすでにかなり高精度でコントロールしてますよね。ほぼ同じスピードで上がってるやないかとも言えるんだけど。

打点低く、速度を。徐々に火力を。そして和了を譲らない。

まさに無双。ある意味速度と火力のバランスをとることが高校最強の秘訣なのかな?もちろん、照姉の魅力はそこだけではないんですけどね。

あと、爆発力のある子は多分出来るんでしょう。優希ちゃん、漫ちゃんはここに入りますね。ころたんとか、華菜ちゃんとかも出来るかも?

でも、割とこのテクニックって出来ない子の方が多い気がする。

しろみーや怜ちゃん、みっぽみたいな得な道筋を選ぶ子はこの芸当ができません。菫さんとか、亦野さん、あわあわ、たかみーも無理でしょうね。姉帯さんとかも。能力でも型が決まってる子は無理です。

スタイル的に一ちゃん、久ちゃん、洋榎ちゃん、セーラあたりも無理でしょう。この使い分けを状況に応じてしていても、意図的には無理なはず。

デジタル系の子も出来ませんね。デジタル的に最善を目指しちゃうから。意図して、火力を速度にって割と該当する打ち手がいないのよー。

こう考えると、この打ち方が出来るのってかなり強い気がする。

頑張れ、漫ちゃんっ!君はきっと化物の領分へ足を踏み出したんだ。

って感じで今回は締めですー。割と高度なテクニック?な気がするんですよー。これを意図してやるってかなり汎用性高めなので将来性ありありですね、優希ちゃんと漫ちゃんは。まだ完成してないからこそ、かな?

色々な子の成長が観れて楽しいですねー。中堅戦も期待なのよー。

さて、本年の『考察』はこれで終了なんですが、一応まだまだ記事は挙げる予定です。というか、30日夜から記事4つくらいに分けて一年の振り返りをやろうかなと企画中。多分実行しますー。

あとあと、もう一個書かないといけないのが・・・

紹介記事なのです。そう、これ書け麻のお題だったり(テヘッ

おそらく今年最後の書け麻に負けちゃったぜ。麻雀自体は復調中なのですが、まだまだ本調子とはいかないようでー。

周りが強いからね仕方ないね(ニッコリ

ではでは、次回もお付き合いいただけたら(ぺっこりん
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。