スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【とある不思議な】淡「・・・喫茶店?」【喫茶店】

『そういえば…』

「最近入荷した生八つ橋がありますが」

照「……」ペラッ

「是非お召し上がりください」

照「……」ペラッ

「では、ごゆっくり」

照「……」

照「……」

照「……」パクッ

照「おいしい」

照「……」パクッ

照「……」パクッ

『魑魅魍魎が集う店』

からんっ

「いらっしゃいませ」

衣「店主、いつものをよろしく頼む」

「かしこまりました。そちらのお客様もそれでよろしかったですか?」

憩「ええでー。いつもありがとうございますーぅ」

「では、そちらのお席でお待ちください」

『龍門渕家の家庭事情』

憩「そういえば、ここに来る時だけあの執事おらへんくなるねー」

衣「トーカもハギヨシも少し過保護だからな。衣はお姉さんなのに」

衣「とりあえず憩といるときは二人も安心してくれるらしい」

憩「そら嬉しいなー」

衣「憩とあったのもとーかとここで過ごしてた時だったな」

憩「せやったね。去年意気投合したんやってんねー」

衣「GPSというのは持たされているけども」

憩(従妹というよりはお母さんみたいな人やね、龍門渕さん)

『喫茶店での待ち合わせ』

からんっ

淡「……」

「いらっしゃいませ」

憩「淡ちゃーん、こっちやでー」

衣「来たなー」

『先輩からのアドバイス』

淡「……」

憩「元気ないなー」

淡「・・・負けちゃった」グスン

衣「勝ち進んだんだろう?何を気に病んでいる?」

淡「私のせいでっ!白糸台が2位になったんだよっ!?」

憩「うちは団体戦出てないし」

衣「衣も予選で負けているからなー」

淡「でも、私のせいで」

憩「多分淡ちゃんの先輩たちはあんまり気にしてへんと思うでー」

衣「勝ち進めている。百戦錬磨なあいつらのこと、泰然自若だろう」

憩「だからこその、王者なんやない?」

衣「名声赫赫、竜章鳳姿。それが虎姫だろう?」

憩「淡ちゃんには頼れる先輩がいるんやから」

衣「淡は淡らしく、麻雀を楽しんだらいい」

淡「ケイー、コロモー、私、決勝は頑張るよっ!」

『背伸びしきれない衣さん』

「お待たせいたしました。イチゴパフェとブラックコーヒーです」

衣「わーい、ありがとう」

淡「むつかしい言葉使う割に趣味はお子様だねっ!」

衣「す、好きなんだからいいだろう」

淡「ケイはまたコーヒー?」

憩「好きやからねー」

「お連れ様は何かご注文になられますか?」

淡「じゃあ、チェリーパフェで」

衣「淡だって人のこと言えないじゃないかー」

淡「だって、おいしそうなんだもんそれ」

憩(あれ?これってうちが女子高生っぽくないだけなんじゃ)

『さらに、追及』

「お待たせいたしました」

淡「ありがとー」

淡「それにしても」

衣「どうした?」

淡「本当に先輩なのー?」

衣「なっ!衣はこどもじゃないぞー」

憩「確かに同い年には思えへんなー」

衣「うう、気にしてるのに」

淡「ただ、もっと凄いのが何人かいたよね」

憩「おったねー。永水女子の副将と宮守女子の中堅」

淡「本当に高3なのかなー?」

憩「衣ちゃんと同じくらいやもんねー」

衣「高3でこのくらいなのか。笑止」

憩(来年その発言がフラグにならへんよう祈りますーぅ)

『龍門渕家の家庭事情2』

淡「そういえば、今日はトーカは?」

衣「何やら忙しそうに準備していたぞ」

憩「明日応援してる清澄の試合なんやからそのためやない?」

淡「しかしお金持ち凄いねー」

憩「今回は龍門渕からは個人も団体も出場してないはずなのに最初からおったもんねー。泊まっとるところもうちらの手の届かないとこやろし」

淡「コロモやトーカはいいとしても部員の子のお金はどうしてるの?」

衣「トーカが出してるけど?」

淡「えーいいなー」

衣「そもそもみんなうちで暮らしてるしなー」

淡「寮の代わりが龍門渕家の豪邸ってこと?ますますいいなー」

衣「メイドさんとして働いてくことになるけど?」

淡「それは勘弁かなー。少しメイド服は恥ずかしいよー」

衣「……」チラッ

淡「……」チラッ

憩「いや、なんでうちをみるんっ!?」

『格好の是非』

憩「いつから矛先はうちを向いててんっ!?」

淡「でもインハイ変な格好の人本当に多いよね」

憩「へ、変な格好っていっちゃったっ!?」

衣「去年もこんな感じだったから伝統なのだろうな」

淡「コロモのカチューシャだって結構コスプレちっくだけど」

衣「そ、そうかな?」

淡「うん、だけどめちゃくちゃ可愛いよ」

憩「・・・うちにもフォロー欲しいですーぅ」

衣「うーん、一に比べたら」

憩「比べられる対象そこなんっ!?」

『笑顔は元気の源です』

淡「あはは、うん、二人と話してたら元気出てきたよ」

衣「それはよかった」

憩「役に立ったなら幸いですーぅ」

淡「決勝も頑張ってくるよ」

『いつか、ここではなく、卓上で』

淡「来年は、卓でやり合おうね」

衣「いいのか、また泣くことになるが」

憩「悪いけど泣くのは二人やでー」

淡「そんなこといってー、来年来れるの、お二人さん?」

衣「猪口才。来年は個人も団体も衣が貰うから」

憩「申し訳ないけどうちが勝ちますーぅ」

淡「あはは、期待して待ってるねー。りゅーもんぶちにさんがまき」

『並はずれた嗅覚』

憩「そろそろいこか。楽しかったですーぅ」

衣「うん、堪能した」

淡「はーい」

衣「それにしても、奥の方、少し、におうね」

淡「くんくん・・・これは」

淡「ラーメンのにおいっ!」

衣「いや、そういうことではなく」

憩「……」クスッ

憩(来年だけでなく、個人は今年こそ勝たせてもらいますーぅ)

「ありがとうございました」

『君臨するモノ』

照「……」クンクン

「失礼ですが、何を」

照「いや、におうのかなと思って」

「そういうことではなく」

照「・・・軽いジョーク」

照「でも凄いね、やっぱり」

「そうですね、この席はあそこからは死角になっているはずなのですが」

照「打ってみたかったかな」

「私も観てみたかったです。貴女なき後の主役たちでしょうから」

照「うん」

照「でも、この席は譲れないかな」

照「ここに座れるのは……」

照「……」

照「それも、私の決めることじゃない、ね」

照「コーヒー、おかわり」ペラッ

「かしこまりました」

照「あと」

「どうなさいました?」

照「・・・生八つ橋も追加で」

「かしこまりました」

・・・・・・

ということで喫茶店シリーズの第三弾です。当初宮守永水を計画してたんですが、連載の方で動きがあったのでこの3人を先に書いてみました。

接点がない子の雑談もこのSSのテーマのひとつなのでやってみたんですけどあんまり上手くいかなかったかも?ころたんこんなんだっけ?

うーん、まあええか。

ちなみに、時系列が分かりづらいと思うのですが一応いつの出来事かは最終回で明確にするつもりですー。あり得ない組み合わせの理由も。

まあ、大体察しはつくのでしょうが。

次回は何するか未定。喫茶店の間に何かはさむと思います。喫茶店シリーズの次回はおそらく宮守永水組になるかと思います。

お付き合いいただければちょーうれしいよー。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。