スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化け物はいわれない怪傑ゆえ・・・

抜けた事を・・・化物がこういう理由で化物になりましたなんて説明されたら枯れるでしょうに。化物はいわれない怪傑ゆえ、化物!!

というわけで、今回はこのセリフが出ている作品を材料に考察します。

その前に、まずはとてもうれしいコメントをありがとうございますー。喫茶店のシリーズはこれからもぼちぼち進めていきますー。

さて、今回は『ショートカット』というテーマでやっていきます。とりあえず元ネタ分からない人はこちらの記事を読んでいただければ。

はい、『兎』という麻雀漫画のひとつの能力です。で、本題に入る前に、なぜこんなテーマで考察をするのかというとですね・・・

書け麻、負けちゃった(テヘッ

いや、私は勝率割といい方だから・・・(震え声)

なので、まずはブログ紹介の方からさせていただきます。

紹介記事とお題記事分けようかなとも思ってたんですけど(いつもそうしているし)一回で事足りる気がしましたので一気にやっちゃうでー。

○SSS(咲SS)紹介ブログ様

最新記事は『憩-Kei-南2局3本場』ですねー。

三箇牧メインのSSです。闘牌描写ありでなかなか読みごたえがあったり。

結構長い期間使って書かれているのでもうそろそろ長編SSの領域に入ってきたのかな?飽きさせず、様々なことにチャレンジされている意欲作。

咲SSを見続けているからこそ、何をすれば面白くなるのかが分かっている・・・そんな感じ。ifを混ぜつつの王道展開、すばらっ!

一応、東場がメンバー集め、南場がインハイ予選VS千里山編といった感じ。リンク先の記事は怜と憩ちゃんの熱戦に決着がついた回ですね。

是非是非ご覧になってくださいなー。

ちなみに提供お題は「宮永咲」でした。今回はスルーで。

○ああ、あの牌?様

最新記事は『やたら存在感のあるモブ』です。

なかなかのなかなかな着眼点だねー。すばらな記事でした。

いたいたこんな奴って感じに楽しめました。咲は割とほとんどのキャラに名前が付いてしまっているのでモブって見つけるの難しいよね。

探せば細かいところまで面白い作品ということだね。噛めば噛むほど味が出る。私もまだまだ咲記事を挙げていけそうだなーとかとか。

こういうんは労力いるからああ、あの牌さんに任せるけどー。

ちなみに提供お題は「ショートカット」です。採用ですー。

○音を奏でて花が咲く様

最新記事は『泉「県代表チーム作戦会議かー」』でございます。

書け麻敗戦記事ですねー。私が「日和」というお題を出させていただいた時のお題記事になりますー。ええねー、こういうん好きよー。

なんだろう、憩-Kei-みたいなストーリーがあるのも大好きだけどこういう何気ない雑談って読んでてほっとするというかなんというか。

大阪組は割と書きにくいときがあるねんけど(私だけかな?)とても読みやすく仕上がっていました。すばらな作品ですねー。

泉ちゃんが活躍する未来があるといいねー。

ちなみに提供お題は「マスカルポーネ」・・・わけがわからないよ。

って感じです。では、本題にいってみよー。

○ショートカットとは

兎の主人公である武田俊が激闘の末に辿り着いた最強の血統が成せる麻雀漫画史上最強最悪のチート能力のことです。

簡単に言うと、第六感によって手牌、ツモ山、相手の思考、手の進行等の全てを読み切り、「和了巡目と和了らせる人(自分もあり)」を宣言するというもの。分からない人はテニヌの才気煥発の極みをイメージして。

この能力によって麻雀漫画史上でも屈指の化け物になった兎。ただ、傀さんとかアカギさんと違い能力が明記されているので、この領域に近づける、届くことが出来るかを考えやすいのです。やってみよー。

○咲キャラでこの能力に届きうる可能性

まず、血統という観点からみると宮永姉妹なのかなぁ。実際やっていることは咲さんに似ているといえば似てるんよねぇ。他家を上手く活かして場況を支配するという点においては。

照姉に関しても照魔鏡というチート技を使い、似たようなことをやっています。宮永の血筋は、兎に届きうるのか・・・?

うん、無理やろね。ショートカットは使いうる全ての情報を使って、最短の道筋を追うという技なので和了に型があったり、打点制限なんて縛りがある二人ではこの域まではいけない気がする。

次に、兎の成長過程を追ってみることにすると「危険牌察知→第六感発動→運気支配→ショートカット」って感じです。ということは・・・

危険牌察知が出来る怜ちゃんとかしろみーはワンチャンいけるんじゃ・・・。1巡先を視るは完全に純粋な能力ですしねー。

はい、無理です。まず怜ちゃんは2段階目でほぼ躓きます。第六感発動は山すらも全て視える状態なのでそんなん怜ちゃん過労死してまう。

しろみーもいけて第二段階まで。この子は視るではなく感じている節があるので第六感(視えなくても感じればオッケー)はいけるかも?でもでも、第三段階が高き壁。運気を支配出来なければならないのです。

みっぽ、同じタイプの智葉ちゃん。この子らは第三段階もいけるかもしれません。明らかに運気を支配している感じがします。

ただ、ショートカットには届かない。なんですか、和了巡目と和了る人を宣告って。ちなみに0で天和とかいうわけ分からないのもあったり。

で、いろいろ考えた結果、私的にはひとりしか思い浮かびませんでした。様々な考慮をし、宮永姉妹でも届かない壁。越えたのは・・・

龍門渕の血筋、それを色濃く受け継ぐあのお方。天江衣だっ!!!

というか和了に型がなく、打点制限がない宮永姉妹を探せばよかったんだよ。簡単じゃん。・・・まぁ、そんな子ころたんしかいませんわな。

というかそもそも、この子カウント17を毎回やっているんですよね。だってハイテイで和了り続けられるんだから。

しかもハイテイをしなければならないという縛りもなく、危険牌察知も出来、運気上昇もあり・・・。完全に行けるやろこれ。

というわけで、ころたんはZOOで特訓してきなさい。

え、そんな裏社会には連れて行けない?そら、仕方ないね。というわけで、透華ちゃんに怒られてしまったのでこの話はここまでで。

なんてイフ考察でした。こんな感じで締めるのよー。

お付き合いいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。