麻雀における手作りについて嫁に語ってもらうよー

その前に、とりあえずコメントについてー。さすがに前回記事のコメントには若干引いた・・・。消したりはしないけどさ。というわけでコメントはとても嬉しいのだけれど、一定の節度を守りましょう、ね?

今回は京ちゃん麻雀教室でいきたいかなと思います。で、ついにゲストキャラとしてうちの嫁こと小瀬川白望ちゃんを呼ぼうかなって。

ではでは、あとはスタジオの4人、よろしくー。

・・・・・・

白望「え、ゲストなのに私からいくの?」

和「咲さんがご機嫌斜めですからね」イライラ

京太郎「前回コメントが咲の容姿批判だったみたいなので・・・。申し訳ありませんが、年長者としてよろしくお願いします」

咲「・・・」ゴッ

和「あり得ませんね・・・」

京太郎「・・・二人がこんな感じなので」

白望「はぁ、だる・・・」

白望「初心者のためのー」

京太郎「麻雀講座ー」

京太郎「いえーいーぱちぱちぱちぱちー」

咲「・・・」

和「許さない、顔も観たくない。観れないけど」

白望「だるいなぁ・・・」

京太郎「おいおい、大丈夫なのか今日はっ!」

京太郎「きょ、今日のテーマは手作りなんですけど小瀬川さんは毎回和了る手が綺麗ですよね。まさに手作りといえばこの人といった感じで」

白望「うーん、そう?手作り、かぁ。作ってるつもりはないんだけど」

京太郎「そうなんですかっ!?」

白望「私の場合は能力によるところが大きいしね」

京太郎「詳しくお聞きしても?」

白望「敵に能力を教えるとだるそうだから」

京太郎「作中でもまだ曖昧ですからね、仕方ないですね」

京太郎「でもやっぱり麻雀は手作りですよねー。最近の麻雀はやれかわしだのやれ麒麟児だので手作りの良さを全然分かってないですよっ!」

京太郎「俺が高い手作る度に安手で流されて」

京太郎「くそう・・・くそう・・・」

白望「・・・だる」

京太郎「えっ?」

咲「さすがにそれはないよ、京ちゃん」

和「あり得ませんね」

京太郎「あ、二人ともおかえり。で、帰って早々凄い批判がきたな」

白望「だるいけど、私から話そうかなぁ」

咲「手加減はいらないので」

和「派手に斬っちゃってください」

京太郎「ふ、ふたりが戻ってこないから頑張ってたのに・・・。どうしてこのシリーズだとこんな扱いなんだ、俺・・・」

白望「原作でもこんな感じなんじゃない?」

京太郎「泣いても、いいですか?」

咲「鳴くのは卓上だけにしてください」

和「ゲームの方には出てるんだからいいじゃないですか」

白望「で、話を戻すけど。手作りっていうのは自分の我儘なんだよ。麻雀が美しい手を作った人が優勝ってゲームだったらあれだけどね」

咲「どうやったって4人で点棒を争うゲームだからね」

和「手作りがーという人よりも本手をかわしにいく人の方がゲームに対する姿勢としては正しいはずなんですよ。得点勝負なんですから」

白望「だから、自分が面前で綺麗な手を作ろうとして、相手に阻止されて文句を言うのはさすがにだるいかなぁ。筋違いだと思うよ」

京太郎「でも、なんかこう、悔しいじゃないですか」

白望「手作りの本当の楽しさっていうのは、全員が自分が勝つために動く中で、それでも高い手、美しい手を作ることにあるんじゃないかなぁ」

咲「悔しい、からこそ決まった時嬉しいんだよね」

和「私も期待値的に手役を追う時はありますしね」

京太郎「そう、ですね。俺が間違ってましたっ!」

白望「分かってくれればそれで」

咲「京ちゃんが間違うのはいつものことだから」

和「むしろ須賀君が麻雀理論での正解をいったらこのコーナーの意味が」

京太郎「慰めになってないぞ、後ろ二人」

白望(仲いいなぁ)

咲「というわけで今回は手作りについての考え方でした」

和「別に手作りするのが悪いわけではありません。みt、管理人も手作り大好きなタイプですし。ただ、それを相手に課してはいけないんです」

白望「手作りしなければならない場面だってあるしね。要は時と場合、なんじゃないかなぁ。だるいと思うけど正解はないのかなぁ」

白望「面前で大物手のぶつかり合いが好きとか、綺麗な手を作ってなんぼって考え方は間違っている訳じゃないと思う。ただ、麻雀はやるべきことみるべき場所が多いゲームだからそれだけになるのは駄目かな」

白望「相手に敬意を払って、自分の打ちたいように打とう。だるいことが起きることもあるけどそれも含めて麻雀の面白さだから」

京太郎「考えさせられるお話でした。以上で今回は終わります」

咲「京ちゃんのためのー」

和「麻雀講座っ!」

京太郎「またみてくれよなー」

白望(帰ってのんびりしよう)

・・・・・・

という感じのテーマでやってみました。麒麟児関連の話題が出てきて大分そういう人が減ってきたとは思うんですけどまだまだ面前の手役重視絶対主義な人をちらほらみかけます。自分だけでやるならいいんですが・・・

やっぱり人に課してはいけないと思います。勝つためにかわしにいっているんだから。そしてそれは勝つための技術なんだから。

ただ、私は手役は大好きです(ニッコリ

さて、次回はお絵描きをしたいなーとか思いつつ。ほな、ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
さて、手役ということですが、私は割と鳴き麻雀で勝ってきています。
かといって、面前で手役を作らないわけではありません。
麻雀というゲームの性質上、鳴いたほうが早いですし、1000点の上がりだろうと相手の上がりを潰すことができれば勝利に近付きます。

じゃあ、常に鳴くのがいいかと言われれば答えはNOです。
やはり、時と場合によってはそういう大きな手も必要になります。
どちらも出来て初めて勝率を上げることができるのだと思います。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR