スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は麻雀、それほど好きじゃないんです

阿知賀最終巻の裏表紙の亦野さん可愛い。

と、いうわけでコメントありがとうございますー。多分部内戦でも自分は飛びなし設定やけど相手は飛びありで打ってると思うでー。じゃないと、プラマイゼロを確かめるために赤入り東風にした意味がないからねー。

だから公式戦も部内戦も、あんまり変わらないんじゃない? 結局1000点持ちと考えているときでも自分が飛ばされることに関しておそらくそこまで強く何かを意識させられることはないんじゃないかな?

飛ばされたことが彼女に何も与えないとは思わないですけどねー。それだけでは末原先輩を強く意識するようになるには足りない気がします。

とはいえ、それで私が主張した意見が全て正しいことにはならないのだけれど。あくまでも、嘘?あくまで妄想、だからねー。

す、すべった・・・。

さて、本題です。今回は前回予告した通り、主人公の宮永咲は本編中で成長しているのかというテーマでうだうだ語りますー。

同じチームの優希ちゃんは確かな成長をみせ、和ちゃんもリアルでのどっちモードになれるようになりました。ですが、咲さんは寝ても覚めても嶺上、嶺上。こいつ成長なんかしとらんやないかと思っても仕方ない?

ただ、細かくみると成長していると私的には思うんだよねー。ではでは、いつも通り考察という名の妄想をしてみるのよー。

○咲さんの闘牌を追ってみよう

彼女が成長した証し。それは、あの嶺上連発のスタイルにあると思うんですよ。あのスタイルこそが彼女が藤田さんに負けて身に付けた、というか思い出した戦術ではないかと。だってそもそも・・・

初登場のシーンでは普通に麻雀打ってたもんね、咲さん。

つまり、最初の段階では嶺上開花は得意役ではあってもそれ単体だけを使うという感じではなかったんです。あくまで選択肢のひとつ。思い入れがある役ではあったでしょうけどね。思い出の役だから。

で、藤田プロにやられて修行タイム。で、過去の自分を思い出すんですよね。合宿で、麻雀を一番打っていた時のことを思い出します。

ただ、あくまで思い出しただけ。使いこなすまではいってません。

そして、色々あって自分以外の能力者である天江衣との対決を迎えます。合宿で身に付けた?もしくは思い出した嶺上中心のスタイルで果敢に挑みます。が、待っていたのは天江衣による蹂躙でした。

しかし、折れない対局者たちの奮闘で落ち着く時間の出来た咲さん。

身に付けたスタイルを最大限生かす方法を思い出します。それが、槍槓での差し込みなどを駆使する和了以外の部分に表れていきます。シャンテンを進めるとかは一応前からやってましたけど。

しかも点棒調整をプラマイゼロ以外で発揮。これが一番大きかった気がします。勝つために確実に和了が拾える嶺上を連発しつつきっちり捲り切ります。自分にとって確実な役を使った勝つためのスタイルの完成です。

これが咲さんの一段階目の成長です。そして舞台は全国へ。

そして全国2回戦で悟るのです。このスタイルには限界があると。確かにその強さを示した半荘でもある。ただ、彼女にとっては藤田プロに負けてから自信の源だったスタイルの限界を知らされた半荘でした。

嶺上、有効牌引き、ツモずらし、能力を発動させてからの完封。出来ることは全てやっています。が、ベースになっているのは勝つための調整ではなくプラマイゼロを目指す戦法になっています。

コメントされていた方がいましたけど彼女にとっては長い間使い続けていたプラマイゼロの方がやりやすいということなのでしょう。

勝つためには、もう一段階上の領域にいかないといけない。嶺上ベースのスタイルで上を目指すのか、さらに進化させるのか。気になります。

○結局何がいいたいかというと

入部段階では・・・相手に合わせて自分の点棒をプラマイゼロを目指す打ち筋。勝ちを目指す必要がないので役にもこだわってません。

ただ、久ちゃんの一言で勝ちを目指すことを知ります。ですが勝ちを目指して打っても藤田プロに惨敗。ここでスタイルを変えます。

得意役であった嶺上をメインに据えて、その上で勝ちを目指す麻雀。彼女にとって確実に和了を拾える役をメインに据えることで点棒を稼ぐという意図があるのでしょう。勝つためには和了を拾えないといけないからね。

長野予選決勝で、嶺上で和了切るスタイルからさらに進化します。ころたんという驚異を前に和了るだけでなく嶺上から有効牌引き、他家と協力して和了という経験をしたことで点棒調整と嶺上中心のスタイルを融合。

しかし、自信を持てるスタイルを確立して臨んだ全国2回戦で勝つための点棒調整では状況を打開出来ないことを悟った咲さんは嶺上とプラマイゼロを融合させた闘牌をみせます。おそらく・・・

全員が勝ちを目指す麻雀で自分も勝ちを目指す点棒調整をするのが困難だからだと思われます。全員が勝ちを目指す中で自分だけのゴールが勝ちではなくプラマイゼロだから調整し切れるんでしょう。

もちろん和ちゃんの言うようにそれでもプラマイゼロ調整は難しいんですが、その打ち方は長年の経験で身についたということでしょう。

つまり・・・

何が言いたいかというと・・・

準決勝の大将戦、楽しみだねっ!

って感じで今日は締めときましょう。曖昧にぼやかしている箇所が多々ある記事ではあるんですけどまあ、それはこれからの連載をみつつ埋めてけばいいんでないということにしておいてくださるとうれしいのよー。

ほな、ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どんなに麻雀が成長したところでブスはブスだ!写る価値は無い!
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。