スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この人が恐ろしいのはここだよね

連続和了。

というわけで今回は照姉の一局を考察しようかなとかとか。

その前にコメントありがとうございますー。そう、届かないんだって。しかも一番小さい学習机じゃなくて上から3つ目の大きさで、です。

さてはて『シノハユ』の情報解禁によってなかなか咲界隈もまた賑わってきそうな予感です。というわけで買ってきました。

感想を言ってしまえば、なかなか無難なところできたのかなと。

阿知賀からの続き、ということでハルちゃんを再びキーパーソンに据えることが出来て、多少無茶の出来る過去編でなおかつ本編で明らかにされていない最強キャラすこやんの過去に迫れる。一番やりやすそうな設定。

「やりやすい」からこそ「難しい」のかもしれませんけど。

まあ、そのへんは阿知賀編という傑作を生み出したペアなのであんまり心配はしていません。きっとまた傑作が生まれることでしょう。

ただ、振りかえるということはすこやんが無双したわけではないんやね、この対局。ハルちゃんが他家と連携せずに一撃喰らわせたという情報だけあるので他の二人がどう絡んでくるのかが楽しみです。

あと、のよりん可愛い。

はい、というわけで本題です。少し前にですね、オカルトと非オカルトの境界線という話をやりました。で、その中で照姉の3p鳴き直しの局をあげているのですが、今回はこの不可思議な和了を考察します。

とはいえ、実は道筋理論の時に微妙に触れていたり。ので、参考までにこの記事を挙げておきます。こちらも是非是非観てください。

割と長文書いてるのでその記事に書いてあることを簡単にまとめます。照姉がやった恐ろしいことの実態となっています。

1.打・3pはテンパイ崩しであるということ。

2.打・3pは煌ちゃんか玄ちゃんが3pを確実に持っているということが分かっていなければ意味がないということ。

なぜならこの牌を誰も持っておらず、合わせ打ちしてくれて鳴き直しというのが出来なければ意味がないからですね。

少なくとも3pを持っているという確証がないのであればテンパイ崩さずツモられる前に差し込んでもらった方が得です。

ゆえにテンパイ崩しはあり得ません。

3.怜のリーチに3pが通ることも知っていなければならないこと。

という少なくともこの3つの恐ろしい条件をクリアしないとあの展開にはならなかったはずなんです。それを鮮やかに決めちゃうのが照姉のチャンピオンたる所以なんでしょうけどね。なおかつ・・・

4.極力3pで一発消しが入らないこと。

も知っていなければなりません。和了阻止だけなら要りませんけどね。

怜=一発得意が周知の事実である以上鳴けるなら鳴かれる可能性が高いです。で、ポンはあり得ないのであるならチー。

ですが、それをされてしまうと怜ちゃんの和了牌を照姉が引かされることになり自分の和了目がなくなります。これは避けたい事態なのです。

で、煌ちゃんが3pを持っていることが普通に打って読めるのかというと、無理ですと断言しているのがリンク貼った過去記事です。

ただ、過去の自分を越えるためにもう一度この謎に挑むのよー。

過去記事では捨て牌から3p持ちを読むのは不可能。前巡の4pへの反応をみてならあり得るかもやけど、それなら3p持ちより6p持ちと読むのが妥当じゃないかな?と述べています。ぐぐ、やるな、過去の私。

でね、アニメ観ました。牌譜の分かっている場所を穴があくまで見つめてみました。ただ、やっぱりどうやってもこれは無理な気がします。

何故なら6pが4枚ともみえていないから、です。

ドラは2p。もちろん玄ちゃんが独占します。ということは②③と持っていての前巡の4pに反応はあり得ないことになります。

で、もし前巡の照姉が切った4pに煌ちゃんが反応したのだとしたら③⑤と持っていると考えるよりも、⑤⑥と持っていると考えた方が自然なんですよねぇ、やっぱり。③は残り1枚な訳ですし。

うーん、本当はバシッと新説を出しておおっやるやん的な感じで記事の締めにしたかったんですけど、どうもこれは「能力」と考えてしまった方がいいみたいです。少なくとも私には分からなかったです。

私は見切り発車で記事を書いちゃうからたまにはこういうことも。

つ、次はきちんとした記事をかきますので・・・(震え声)

というわけで、咲新シリーズ感想と本来なら没にすべき牌譜の考察記事でした。過去記事の紹介ということにしとこう、うん。

というわけで今回はここまで。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

照は誰の力も借りられないからまだマシ。
本当に恐ろしい能力は、対局室の外にいる誰かに助けてもらうこと。5人だと弱いチームでも、大勢だと強くなるからだ。人数に比例して。

照が相手の能力をすべて把握してる事を考えたら…
テンパイ崩しは怜が一発ツモ確定だからあり。(差し込んでもらうにもリーチ者の現物でもないし無理がある)
この場合通る牌はX(普通にテンパイに取る牌)と8m(現物)と西(三枚持ってるからほぼ現物)。打点クリアと形を考えたら切りたくない牌かな?3pは単騎待ちとカン3pは無いけど36p待ちはあるよな…(5pは二枚赤だから残り二枚)このへんは分からんからパス。(危険牌察知でもあるのかな?)
3p切ればこの巡目では3p出やすいからずらし目的で照が運が良かったのかな。

関係ないかも知れんけどすばらと怜が玄ちゃんのおかげで打点と手が読みやすいと言ってましたが裏を返せば照も怜やすばらの手や打点が読みやすかったのかも?
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。