スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この牌が来た意味って

「通らないな、ロン。リーチ一発ドラ4 12000」

「ロン。タンヤオ面前三色ドラ3 18000」

ピンッ ヒュッ 「ツモ!!」 パシッ タアン! 「4200オール!!」

という悪魔的な闘牌。挙句の果てに・・・

「人間は一番弱いところに『くる』のよねぇ」

とかいう暴言。蒲原さん相手だったからあれだけどゆみちん相手だったら殺されてるで多分。ただ、そこがまた魅力的なんだよねぇ。

というわけで今回は長野県予選決勝中堅戦のひとコマを考察してみるー。久ちゃんが無双し、一ちゃんが魅了し、ワハハな笑顔、そんな闘い。

前半戦は前述の通り久ちゃん無双。大物手連発。トップを走っていた風越の文堂さんの不調、というか牌巡りが悪かったことも手伝ってましたね。一ちゃんのまっすぐなボクとかいう名シーンもありました。

ただ、目立ってた前半戦ではなく、今回扱うのは後半戦。長野県予選決勝中堅戦後半南2局です。一ちゃんの18000確定リーチの局です。

(両嵌の方が残った。モロヒッカケになっちゃうけどしょうがないな)

468③④⑥⑦三三六七八 ツモ⑧ ドラ八

「リーチ」打・4s

ちなみにこれは私はリーチを推したいですねー。確かにダマ12000、ツモればダマでも6000オールなのでダマのメリットもありますけど、それでも曲げたい手恰好な気がします。

理由は7sはダマでも出て来ない牌であるということ。河をみると(すみません、画像用意できなかったので各個人で補って><)

対面の久ちゃん以外が9sを早めに切っているのですが、それ以降ソーズの上が一枚も切られていないことからソーズの上は他家さんが使える可能性が高いと考えられます。

故に山にいるとも考えにくいのです。もちろん早切り二人が持っていない可能性はあるのですけど、待ちとして言えば微妙な部類。

あ、当たり前だけど間5sはもっと酷いからね?

で、さらに一ちゃんの河が意外と強いのです。北、1s、發、中、西、白、9s、5m、4sといった感じ。これなら待ちは絞りにくいはず。

となると宣言牌の筋でも切ってくれる可能性は普通のリーチよりも高いのです。なのでダマのメリットが生かしづらいのでリーチかなって。

実際おそらく久ちゃんの足止めが入らなかったら蒲原さんが筋を追って放銃してましたしね。久ちゃん自体も危ない牌姿でしたし。

大分脱線したねー。話を戻します。

で、このリーチを受けて久ちゃんの手牌がこれ。

3477四五①②③③④⑤ ツモ7

高め三色はリーチだよ久ちゃんっ!あっ、でも掛けてたらここで放銃か。

勝負出来る手なので7sツモ切りから追いリーでも全然責められない牌姿ですが、ここで振らないのが久ちゃんの強み。

「ここで7s?この牌が来た意味って―――」

そして5m切り4m単騎リーチ。そして4mはもう全て河に並んでいる。

「このリーチは和了るためのものではない」

「前半にみせた和了りの幻を利用した威嚇」

結果この空テンリーチが他家の足を止め流局という形に。

「ボクの当たり牌を全部止めた上に空聴リーチ!?」

では、本題。何故このリーチが打てたのか。

まず、振り込まずにテンパイを取るとなると単騎待ちの形を選ぶことになるんですがどっちももう死んでいます。

で、空テンでリーチを掛けるからには自分の安全が分かってないときついはずなんです。だから7sを引いても暗槓出来るので振り込まないという確信がなければ打てないはず。じゃあ7sが当たりだと気付いていたの?

いえ、おそらく違います。感じてはいたんでしょうが確信はなかったはず。その証拠に4mではなく現物の5mを切って曲げています。

確信があるなら4m捨てて曲げても良かったはずでしょう?

もちろん、親の安牌を捨てることで他家に安牌の情報を与えたくないという意味もあったんだと思いますけどね。足止め目的やし。

しかも自分の和了目は0。向こうは7sが当たり牌かどうかも不明確な上に当たり牌だったとしてもまだ1枚どこかにいる状態なんです。

リスク高過ぎぃ。

ただ、結果として彼女は自分で最も得をする一打を選んだのです。放銃濃厚だったラス7sを止め龍門渕トップ浮上を防いでますから。

ここから考えられること。久ちゃんは悪待ちになると和了れる能力ではなく、悪待ちにすると結果として自分にとっていい結果に繋がるという能力なのではないかなという推測が立てられます。

こういう能力を持っている自覚があれば、やれる芸当なのですこれ。

実際に悪い待ちなら絶対に和了り切っているわけではないですし。それに、我慢して大きな一撃が本来のスタイルっぽいですし。

もちろんあくまで推測ですけど。

って感じなんですけどどうなんだろう。和了り確定ではないですが、自身にとって最良の結果が出ることが確定するのであればなかなかに強い能力なのではないでしょうか?えっ、地味?曲芸ツモがあるからええやん。

ちなみに、この一局。空テンリーチの久ちゃんと和了牌が他家の手にある一ちゃん、当たり牌を掴まされた蒲原さんは和了れないですけど

文堂さんは割と制限なしで和了りにいけたんやで。勝つ権利を持っていたのは彼女だけだった訳だし。全ツしてたら勝てたような?

親含みの2軒リーチに全ツなんて選択は出来ないでしょうけど。

さて、このへんで今回は締めるんだよもー。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私はなんとなくわかりますね。リーチをかけること自体に意味があるという感じでしたね。それで本来和了る流れを断ち切ったのならとてもいい効果です。
以前四暗刻単騎を和了ったのですが、待ちは568p、(6pでスッタン)4pを捨ててリーチ。上家は4pを捨て、その後1pが来て2pとつながり、6pが孤立したため、6pを捨ててくれました。ダマなら4pを捨てられず、成立していなかったのかな?と感じた場面でした。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。