スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道筋理論】未来視たちの弁証法

タイトルの元ネタは封神演技です。弁証法ってなあに?

最近竜華ちゃんばっかりやってますけど一応これで一区切りにしようかなって思います。というわけで久々の道筋理論ですよんっ!

その前にまずはコメントありがとうございますー。千里山は全国強豪の基準にしやすいチームですね。姫松も漫ちゃんの爆発がはっきり描かれましたのでそのうち比較記事もやってみたい所存ー。

で、竜華ちゃんと怜ちゃんの対決結果予想を今回やってみます。

さて、竜華ちゃんは無極点にしろ枕神にしろ(どっちもかっこいいなぁ、オイ)「作る」能力ではありません。何故なら積まれた山が動かないという前提で、山を積まれた後に能力を使用しているからですね。

つまり無数にある道筋の中から相手の和了の道筋を選ばないのが「無極点竜華」で最高打点の和了への道筋を視るのが「枕神・怜ちゃん」です。

この能力なんですが、組み合わせれば普通に強いです。最強候補の一角だと思います。守備。攻撃のバランスがすばらっです。

ただ、単体でみるとどちらも上位互換があるとやっぱり感じます。

○枕神の隙

枕神に関してですが、確かに他家が普通の打ち手なら完勝出来るでしょう。圧倒的支配を持つタイプには発動が出来ないでしょう。

ここまではいいんですが、発動したら止められないかというとそうでもない気がします。何故なら、竜華ちゃんに視えている道筋が一本だけ、しかも発動後に1度しか視えていないからですね。

で、ここからは「牌山は動かない」ところが大事なんですけど道筋理論的に不合理な打ち方をすれば道筋を逸れることが出来ます。

なので、竜華ちゃんが視た道筋を不合理な動きで逸らせばいいのだと思います。発動タイミングが掴めないのでその不合理な動きが難しいところなんですけど、絶対に出来ないかといわれるとそうでもない。

だって、描写的に絶対河がおかしいことになるもの。だからかわすことは可能だと思います。まこちゃんとかなら純君タイプならおそらく。

あれは自分の最高打点の和了筋一本を視ることが出来る。おそらく他家の仕掛けも考慮されたものなのでしょうが考慮されているのは視えているものがひとつである以上1種類だけなので・・・。

最高速度なら不合理な鳴きの出来る試行回数が稼げないので止められなさそうなんですけど、そうではないと怜ちゃんが言っちゃいましたし。

○無極点状態で枕神を使った竜華ちゃんの攻略法

データ整理から。まず振り込まない。そしてかなり正確に相手の和了牌を読み切っているようです。そして、ひとつの和了筋を見極めて高打点を稼いでくる。・・・強いっ!

まあ、枕神発動したら無極点あんまり意味ないんですけど。

じゃあ、どうやって攻略するのか。

まず、枕神を封じる必要があります。なので不合理な動きをする必要があるんですけどそれだと止められても自分の和了を捨てることになります。・・・普通の打ち手なら、ね。

不合理な動きをしつつ和了に繋げられる打ち手なら枕神を抑えつつ打点を稼いでいくことが出来るかなと思われます。

ただし、竜華ちゃんには無極点があります。もし、枕神をかわされたとしても振り込まない。そして相手の手恰好が分かっている以上竜華ちゃんがその和了をかわしにいくことも出来るはずなんです。

ということは、枕神を不発にさせつつかわし合戦に勝つ必要があります。

○VS園城寺怜

じゃあ「選ぶ」能力の最上位のキャラである1巡先が視える怜ちゃんと直接対決するとどうなるのかというのを考えてみましょう。

怜ちゃんは枕神の和了を先に視ることが出来るのでかわすことはおそらく出来ます。ただし絶対ではないですけど。

かわし合いに持ち込めば手牌構成を知ることが出来る無極点竜華と自分のツモ牌と相手の動き、和了形が視える怜ちゃん。互角なんじゃないかな?

確実性があるのはおそらく怜ちゃんの方です。が、怜ちゃんは不合理な動きを入れた後。で、竜華ちゃんは枕神をかわされても最悪でもイーシャンテンの段階という状況。状況は竜華ちゃん有利。微妙だこれ。

もちろん怜ちゃんが枕神を警戒するように怜ちゃんの一発は警戒されるでしょうからお互いにメインの武器は封じられる可能性が高い。

回数制限がなければ竜華ちゃんが圧勝しかねないです。が、使えるポイントが限られてくる能力な以上おそらく小競り合いになるのかなって。ならテンパイ速度的に攻撃回数が多くなりそうな怜ちゃん有利な気はします。

もちろん、道筋によってはかわしようがなくて枕神を決め切ることもあるでしょうし、それは怜ちゃんの一発にも言えるので五分五分っぽい。

○VS小瀬川白望

怜ちゃんと並んで「選ぶ」能力の代表格にしてうちの嫁、しろみーです。

昔怜ちゃんとしろみーどっちが強いのって記事を書いたことがあるんですけど、そのときは互角なんじゃない?って結論になりました。

じゃあ、竜華ちゃんとしろみーも互角なのかと言われると、おそらくそうではありません。これは怜ちゃんとしろみーの能力の違いからの推測なんですけど、おそらくしろみーが圧倒します。割と高い確率で。

私の個人的見解なんですがしろみーの能力は視える系ではなくまさに道筋を選ぶ能力なのです。おそらく「常に最善の道筋を選ぶ」というもの。

和了筋がなければ、和了れないのは枕神と一緒。

ただし、この子は和了筋を選ぶ能力ではなく自身に最も得のある道筋を選ぶ能力者だと思われます。攻撃面よりも守備面が強い能力。その辺は昔の記事で一杯語ったので今回は割愛しますけど。

何が怜ちゃんと違うのか。枕神をかわしにいけるタイミングが1巡前ではなく、もっと早い局面から動きだせるという点ですね。

そして自分ではなく相手を動かすことが出来るという点が圧倒的有利なポイントです。これは姫様に鳴かせた5pからの予想。

自らの手を崩しても、鳴きを入れる必要がない分手を再構成しやすい。だから枕神をかわした後も自身の手を作りにいけるのです。

そして、しろみーは基本的には手役を作ってのツモ和了が武器になってきて、しかも怜ちゃんと違ってツモるタイミングが分かりません。

無極点は相手の和了に振り込まないがメインになる能力だと思われるのでしろみーの能力とは相性が悪いです。

和了筋を選ぶ部分はほぼ同じ。ただしろみーはそれだけで留まらない分一方的に枕神をかわせて自分が和了りを拾える。しかも回数制限なしで。

なら直対の結果はしろみーのが有利でしょう?

○VS福路美穂子

では、みっぽはどうでしょうか?個人的に彼女の能力は「選ぶ」能力で場況を整えて、条件が揃えば「作る」能力で和了りを連発するものだと仮定しています。開眼が条件ですが、目を開くだけやし制限はないでしょう。

みっぽに視えているのは他家全体の手牌構成、さらにそこからツモ山に何が残っているかを見極めることが出来る。他家を使って自分に有利な状況を作り、何かしらの条件をクリアすると連続和了。

強い。もちろん、想像の域を出ないのですけど。

この子を相手にするとどうなるのかというと、小瀬川白望と同じ理由でおそらく勝てないと思います。他家を使えるというのが大きいです。

しかもこの子の場合連続和了に関しては自分で「作る」能力だと思われるので別にかわした後に自分が和了切る必要はないのです。

条件さえ整えればいいんだから。

そう考えると『兎』の新庄香那ちゃんに似てるなあ。

といった感じ。ただし、無極点の使用時間によっては竜華ちゃんはこの3人全員に圧勝する可能性も秘めている気もします。

麻雀だからね。やってみなきゃ分からないよね、うん。

というわけで牌譜はよ。

といった感じで今回はお開きですよー。次回は漫ちゃん絡みで何かやろうかなぁとか考えつつ、ネタ記事でもいいなとも思いつつ。

ともかく、次回もお付き合い頂ければ。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

基本的に振り込みへの感覚が働く人、和了りへの道筋を短く構築出来る人が強くなりますよね。竜華は一時的にですがその最高の形、怜ちゃんも合わせて、「いつ使うか?」が重要になりますよね。そういう判断も咲の世界の麻雀では駆け引きになりますね。「今でしょ!」となる時を考えていかなくては!

No title

枕神は怜の能力が元になってるのをもっと考慮すべき
怜は自分の打牌で相手がどんな行動をするかまで視えるわけだから
枕神は相手が不合理な打牌をすることも込みの道筋が視えてる可能性も十分にある
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。