らしくなくなるんがインハイなんかも

まあ、その言葉通り新しい力が芽生えるわけですが。

というわけで今回は竜華ちゃんの最高状態についての一考察がテーマでございますー。アニメ最終回で描写が入ったおかげで少しだけ素の清水谷竜華について妄想の幅が広がったからね。

その前にまずはコメントありがとうございますー。染めはみえみえになるのが完全にデメリットではなく、メリットも大きいのかなと思いますー。

私は多用しすぎですけどね、うん。

さてさて、竜華の考察なんですがとりあえず過去記事をば。

・・・どやあ。

やっぱり「平均獲得素点が関西随一」でも漫ちゃんとは全然違う能力、打ち筋だったでしょう?これが随一ということは普通は漫ちゃんと同じではなく、勝つ時は大勝ち、負ける時も失点が少ないタイプなんですよ。

で、例のサーモグラフィですよ。最高状態に入ると相手の体温等などからテンパイかどうかとかおそらく打点はどれくらいかとかを測っている可能性が高いということが分かりました。そりゃあ守備力高いはずです。

ただ、どこまで「視えて」いるのかが結構気になるところ。

何故なら西単騎一点読みはテンパイかどうか、打点が高いかどうかが分かるだけでは絶対に出来ない芸当だからです。

だって、チートイツでオタ風トイツ持ちの西を切らずに同じくトイツ持ちでしずと持ち持ちだった南を切ったんですから。

危険度で言えば南も西も変わらないはず。むしろ打ったら役が付く可能性が異常に高い南よりもオタ風の西を打ちたくなる場面。

まあ、河がチートイ気配なら生牌の役牌よりもオタ風のが危ないという読みは分かるんですけどねー。それにしたって手役はきっちり読めているということになりますし。普通に異常なレベルの読みです。

それに4s槓が入っている以上チートイの待ち牌として優秀な牌は普通よりも多い状態。そんな中で一点で読んで止め、和了切っているのです。

ということは体温読みからテンパイ、打点が分かる以外にかなり精巧な場況読みが出来る子であるということですねー。

守備面で言ったら作中最強クラスの打ち手なのかもしれません。しかも回し打った結果きっちり和了り切っているというのも高評価です。

さらにさらに、セーラがこんな発言をしているのです。

「竜華にも有効なんや、すごいな」

これはあわあわの5シャン支配をみた時の感想。今まであげた守備面での能力だけなら竜華「にも」なんて言い方はしないはずなんです。

ということは攻撃能力もあるということ。予想されるのは配牌とツモが常人よりもいいという感じでしょうかね?

平均獲得素点が高いんだから、漫ちゃんと同じように爆発的能力も持っているということなのでしょう。さらにこれにプラスして守備力もあるといった感じではないでしょうか。

・・・あれ、普通に強くない?怜ちゃんいらない気が。

守備面だけみれば怜ちゃんとの相性は抜群なんですけどね。怜ちゃんは未来が視える能力なのに守備にはほぼ生かせませんからね。

本家と違って守備的な要素が少ない枕神は素の竜華との相性は抜群。ここまで読んだ上で竜華に合う形として枕神を渡していたとすると、あの病弱な子は相当な策士だったということに。さすが1巡先を視る者やでぇ。

さて、ではまとめます。最高状態の竜華とは・・・

自身の点棒を極力削らせず、正確な場況読み、牌姿読みから確実に和了りを拾う、もしくはかっさらう子であるという感じです。

さらにこの守備的能力に加えて攻撃要素もありそう。

さすが名門の部長。素でも全然強いやんといった感じで今回は締めです。もちろん、二人の愛の絆の証しである怜ちゃんも私は大好きですし、彼女にとっては大切な力だとは思いますけどねー。

ほな、千里山本編再登場を期待しつつ、ではではやでー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

無極点竜華は数回しか使用できないらしいです

No title

枕神が守備に生かせないというのは、おかしいと思います。

上がりが確定すれば、絶対にあがれる=振り込まないですし
上がりが確定しなければ、テンパイや回し打ちをいっさい考慮せずに最初からベタオリに専念できるため、守備にも生かせると思います。

No title

竜華が3番手というのが千里山の層の厚さですよね。普通に他校のエースクラスですよ実力的には。それだけ怜、セーラも強いということですが。準決勝では怜ちゃんも相まって、まさしく恐ろしい強さでしたね。あの状態では千里山最強でしたよ。
もっと最高状態を駆使してほしかったのいうのがありますね。
それでも2位を死守した淡はやはり魔物です。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR