文学少女×天才少女×奇跡の始まり

オーダー検討シリーズ。ラストは主人公校ですっ!

ただし、最終回ではない。

まずはコメントありがとうございますー。やえさんは謎が多いですからね。本編で登場してくれることを祈りましょう。

で、本編の主人公校ですよ。清澄です。オーダー検討シリーズもついに佳境を迎えましたねー。最終回ではないよ?もうちっとだけ続くんじゃ。

実質的には作中最強候補筆頭チームですね。大将に作中屈指の化け物(主人公)と副将に神に加護された少女がいて、先鋒はインハイ史上最強の化け物(仮)、次鋒中堅の先輩勢も作中では上位の打ち手。強い(確信)

というわけで、主人公というよりラスボスな清澄をみていきます。

○先鋒 片岡優希

この半荘に東2局は来ないっ!

などなど多数の名言と名牌譜を残してくれている清澄の核弾頭ですね。正直作中でも屈指の強さだと思います。東場に限定しなくても。

打ち筋というか能力は、東場では圧倒的な火力速さを誇るというもの。本当に圧倒的です。火力はころたん並み、速度は作中最速な気がします。

しかも東1局親になる確率が高く、完全な先行逃げ切り型。

ただ、守備力もあるんよねぇ。謎の一点止めとかあるし、切る前にやばいことに気付いている節もあるし(これは染め相手でしたけど)

本人曰く集中力が続かないとかとか。最近は普通に続いてるけどね。

適性は先鋒でしょう。火力型なので中堅にも置けます。また火力に加え速度もある子なので次鋒も面白いかも。高度な点棒調整が必要になる後ろには置けませんが割とオールマイティに近い子な気がする。

○次鋒 染谷まこ

闘牌描写カットでいじられている可哀そうな子。主人公チームのはずなのにほぼ牌譜が残ってないのはなんでなんですかねぇ。

ちなみにこの子は過去に能力考察をしていて、それがもとでうちのブログが誇る一大シリーズが生まれたので個人的にはめちゃくちゃ好きな子。

個人的な評価だと作中最強候補に入れてもいいかなくらいのレベルの子です。冗談抜きで清澄で一番強いんじゃないかとまで思ってます。

少なくともバランスは一番。安定感があるよね。長野予選決勝卓みたいに卓上にイレギュラーがなければって条件付きだけど。

打ち筋は2種。まずは決め手である「染めが得意なこと」、そして彼女を強者たらしめているのが「圧倒的なかわし手」です。

決定打を持ち、相手のチャンス手を潰せる打ち手。弱い訳ないです。現代麻雀の一種の完成形とまで思える子です。牌譜少ないからあれだけど。

適性はオールマイティカードな気がします。純君と同じ理由で。かわせる子はどこにでも置けます。しかも染めがあるので火力もありますし。

○中堅 竹井久

指でツモ牌を弾いて上に飛ばし、その間に牌を倒し、ツモ牌を空中でキャッチし、叩きつけるっ!出禁だ馬鹿野郎っ!

正直演出が派手な上に和了描写が派手なのであれですけど、清澄だと一番まともな印象を受けますねー。他が特殊過ぎるからねしょうがないね。

かっこいいというか私の一種の理想形のような麻雀を打ちますよねー。我慢して、一撃入れてポイントアウトみたいな麻雀大好き。

打ち筋はテンパイ時悪い待ちを選ぶと和了れるというもの。ただし100%ではない。手数が多いわけでもなく基本は守備型なイメージ。

ただ、和了りの時の打点が大きいのとハマると長野予選のように手数も十分という大正義化するので十分化け物の領分なんですけど。

適性は出和了りが取れる子なので次鋒がベストな気がします。ツモもあるので先鋒、中堅もいけますけど手数がネックになりそう。

技術戦やらせてた方が強いかなって思います。

○副将 原村和

未だに大会では沈み描写のない作者の寵愛を受けたキャラ。

ネト麻界の生ける伝説の雀士「のどっち」の中の人。そして昨年のインターミドルの覇者です。デジタルの化身なんだとか。

牌効率から期待値まで考慮し、押し引きを判断。その正確無比な打牌と抱えている相棒のペンギンで他家を圧倒していますねー。

デジタル以前に手が入りすぎなような……。

打ち筋としては、オカルトを信じず、相手の癖などは考慮せずに自分の打ち方を貫く超デジタル派。連続して同じ相手と当たりにくいネト麻出身って感じがしますね。これが長所であり短所です。

ぶれずに自分を貫けるというのが麻雀に置いて一番大事なこと。ただ、河と手牌読みの情報は加味しているのでしょうが相手の打ち筋の特徴を重視しないのは弱点にもなりえます。

適性は、完全に技術戦を得意とする次鋒副将タイプですね。ただ、このタイプにしては火力が強過ぎるんだよなあ。大将にも置けるかも?

○大将 宮永咲

インハイチャンピオンの血族は妹も異常だった。

文学少女な彼女は実はインハイチャンプの妹。麻雀においては圧倒的な点棒調整能力と嶺上開花という必殺の武器を持つ化け物でした。

主人公ですが、まだまだ謎の多い方ですねぇ。ただこれだけは言える。

咲さんかわいい。

長野予選決勝では天江衣を相手に互角の勝負を繰り広げ、全国2回戦では他家との技量の違いをまざまざと見せつけてくれました。

卓外だとメンタル弱い部類に入るのに、卓に着くと人格変わってる様な?

ころたん戦はまだ精神面に不安があった分可愛かったんですけどねぇ。あの試合以降人間味が減少して、怖さが出てきましたよね。

打ち筋は、得意役が嶺上開花。圧倒的な点棒調整能力を持ち、自身を常にプラマイ0に出来るという打ち手。テンパイ速度は最速の部類ではないにしろ速く、打点も大体高く、支配力が飛び抜けて高いですね。

適性としては、大将以外に置けないです。点棒調整能力を生かせない先鋒、中堅には置きたくないですし、次鋒副将でももったいないです。

相手よりも100点でも多ければ許される大将だからこそ光る打ち手な気がします。もちろん、点棒調整能力は個人戦でも使えるけど。

○総評

久ちゃんはこれしかないといってましたけど、オーダーに関しては再考の余地ありな気がします。咲さんと優希ちゃんは固定にしろ……

次鋒は久ちゃんで、副将はこのままのどっち。ほいで、オールマイティカードのまこちゃんを余った中堅に入れる。これがいい気が。

長野だけみれば完璧なオーダーなんですけどねー。全国での闘牌をみると久ちゃんとまこちゃんは逆なのかなって正直思います。

というかさ、まず個々人の能力が高過ぎです。普通に強過ぎぃ。

全国でも屈指のチーム。技術戦出来る子も普通にいますし、全員がそれなりの火力を持っているとかいう化け物チームです。

正直ここと並びたてるのって、化け物が二人いる白糸台と龍門渕くらいな気がします。後はどのチームよりも一段上にいる気が。

もちろん、咲の世界では強者が常に勝つわけではないので予想は出来ないですし、戦略や組み合わせによっては対抗は全然可能でしょうけど。

と、いった感じですかねー。正直このチームを阿知賀女子が倒すという構図の方が王道っぽい気がしないでもないです。

ここまで完成されたチームなのに成長する要素、主人公補正まで持ち合わせているとかいう怖さ。準決勝、決勝も楽しみだね。

次回は未定ですけどたまには麻雀漫画シリーズでもやろうかなぁとか思いつつ。お付き合い頂ければ光栄だよもー。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もちろん穴が無くて強いですね。実は咲さんが取り返した試合ってないですものね。長野県決勝は一位でバトンを受け、結果的に一位。全国二回戦は二位でバトンを受け、末原さんが失点を重ねる形で一位に。

つまり、咲さんの前に上位に持っていける力があるということですよね。
ただ、だんだんとその構図が崩れてくると思います。いわば清澄はバランスタイプ。エースではないけどかなり優秀な人が揃ってます。しかし、準決勝ともなると、それぞれのポジションに「エース」が食い込んできます。特に先鋒、中堅。優希にはガイトさん、久さんには愛宕姉(+臨海の強敵)が控えています。おそらく有珠山が後半強いタイプとなると、二回戦の久さんのように飲みこまれることも増えるでしょうね…。
そうなると大将、そろそろプラマイ0と言ってられなくなってくるでしょうか。楽しみですね。

No title

だれが失点してもおかしくない不安感と、どこからでも挽回できる期待感が
混ざっているのがいかにも主人公校っぽい感じで良いですね。
久が自分を中堅に置いたのは後ろの1年生に道を切り開く、そんな決意表明かも。
そんな久さんも、古塚さんと同じく全国2回戦では失点しちゃうのですよね。
本当、別な意味でもインハイには魔物が棲むのかも知れません。

そら強いよ。
どの位だったかわからないが、1回戦中堅 戦途中で終了ですもの。
約半分で終わらせたことになる…。
火力無けりゃ無理でしょ。
しかも、化け物を最高の形で隠したままで。能力を隠すどころか姿すら隠したままで…。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR