おまえらっ全国で無様なマネしたら承知しないかんな!!

2連続で単発考察というか妄想を書き連ねるよー。

まずはコメントありがとうございますー。・・・すっかり忘れてたよ、3mがまだ生きていることを。そやね、その形も全然ありますねー。

で、このドラ封じに真っ向から立ち向かってそれなりの点棒を稼いできたやえさんが今回の主役になります。わーぱちぱちぱちぱちっ!

やえさんと言えば、うちのブログではかなりの頻度で登場しています。『迷子の坊やのみちくさ日記』チーフプロデューサーだからね。

とはいえ、一度も彼女自身を考察したことはないのですよ。

理由としては、牌譜がほぼないに尽きるんですけど。漫画版に至っては牌譜自体が存在しないとかいう異常事態なのです。

ただ、奈良個人戦1位という実績。阿知賀女子の皆にも一目置かれている実力。これで弱い訳がないじゃん。というわけで妄想してみるよん。

○王者の打ち筋の謎に迫る

とりあえず、現在確認出来る唯一の牌譜が……

東1局 西家 8巡目 ドラ⑨

④⑤⑥⑦⑧九九455679 ツモ8 5切りリーチ

です。この後玄ちゃんの親倍ツモが炸裂するんですけど。

ふ、普通やなぁ。8sの受け入れを残す基本形のイーシャンテンに思惑通りの8sツモ。ドラ筋ながら三面待ち。当然のリーチだと思います。

5半荘の1半荘目の東1局。先制したら王者でなくても曲げるでしょう。

普通過ぎる。というか、東1局目だから多分素直に打ってるやろうし。

ただ、素直に手を進めるだけの打ち手が名門校のエースを張れるほどこの世界は甘くないのさー。ということはやえさんにも何かあるはず。

単純に考えるのであれば個人戦1位なのだから、対応力に優れた打ち手だということが予想されます。前に言いましたけど型がある子は個人戦では通用しづらいのです。相性があるからね、特に咲の世界の麻雀には。

そんな世界で県1位が取れる実力。ということはどんなタイプともやり合えるレベルのはず。だから、対応するタイプなのかなって。

最近であれば辻垣内智葉。同じく県1位の福路美穂子に似ているようなタイプな気がします。学年対抗SSでもそんな感じの打ち手にされてました。普通に考えれば個人戦1位ということはこういうタイプなんです。

ただ、それって「王者」なのでしょうか?

相手に合わせて対応するのって格上を倒すために策を練っているのと同じことですよね。これって王者っていえるんですかね?

智葉ちゃん考察のときは周りの環境に合わせることで生まれた後天性の化け物が辻垣内智葉だという結論になりました。解釈としてはそれっぽいですよね。みっぽも卓上以外でも他人に気を配るタイプですし。

でもやえさんの性格的に他人に合わせることをするのかなって。観察能力は優れていると思います。しずのマメに気付いているからね。

でも、王者とは、相手に合わせることなく絶対的な力で蹂躙するもののことではないですか?こう考えると違う姿がみえてきます。

○『王者』という言葉から考察する小走やえ

対応するタイプではないとは言いません。麻雀は相手をみれなければ勝てないゲームですし、それに最も優れている照魔鏡を持っている宮永照が高校麻雀界の頂点に君臨しているのも事実なのです。

ただ、宮永照も相手を視るだけでなく蹂躙する術を持っています。

なら「王者の打ち筋をみせる」といっているやえさんも他家を圧倒する、そんな力を持っているのではないでしょうか?

実際、彼女は玄ちゃんが卓にいる状態で開幕親倍ツモを喰らいながらも+15400という数字を残しています。ドラなしで、です。

点棒を獲得する術を持っていると考えるのが妥当ですよね。

じゃあ、どうやって点棒を奪うのか?

しろみーみたいに手役を絡めるのかというとそうではないです。開幕のリーチはピンフしかありません。たまたまかもしれないですけど。

鳴き麻雀なのかというとそれも違う気がします。鳴きはかわす意味合いが大きいので王者という言葉とは合わない気がするのです。

じゃあ、どうなのかというと面前のリーチ麻雀という選択肢が残る気がします。つまり千里山の江口セーラみたいなタイプですね。

セーラは手役重視ではなく、リーチのメリットを生かして手役と偶然役やドラも使って点棒を加算していく感じですね。

ただ、これだけかというとそうでもない気がします。さっき話しましたが彼女は観察眼にも優れているのです。リーチで押せ押せだけだとこの能力がもったいないよね。というわけで結論。

姫松のエース・愛宕洋榎

このタイプな気がします。場況をみつつ押し引きをしていくタイプ。しかも基本は面前リーチ。頭も回るから清老頭の時のような打ち回しも出来る。観察眼、状況判断能力、そして剛腕。王者っぽい。

って感じかなー。好き勝手語ったのであんまりまとまってないですけど今回はこういう結論にします。全てがハイレベルに備わっているけど、基本は面前リーチで場をこじ開ける、制圧する。そんな感じ。

本当は王者だから牌を傅かせて飼い慣らす、みたいなのも考えてたんですけどね。あとは手役がひれ伏すとかとか。ただ、前者ならドラも飼い慣らせよってなり、後者ならピンフしかひれ伏してないですけどと。

まあ、玄ちゃんの能力は支配力は作中トップクラスなので破るというのは不可能だとは思いますけどね。支配の中で得点するは可能だけど。

と言った感じで今回はお開きだよもー。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前に最強の役が立直って書いてるから、立直麻雀が王者として妥当かなぁと思いました。
王に点棒を献上せよみたいな。

No title

王者(である私)の打ち筋をというより
王者(である晩成高校のエース)の打ち筋を
って感じのニュアンスじゃないですかね?

No title

やえさんの考察!やえさんの考察ですね!!やったー!!!
そうですねー!最初の一局に関しては、打ち筋とかというより、幸先よくリーチで行きたいという感じにも見えますね。初戦ですし、慣らしておきたいという?
ですからここからは分からないかな?というのが思いですね。

王者の打ち筋…私もリーチ大好きですので、リーチ門前派だとうれしいですね!そこにさらに、ドラ対策をあの状況で出来るということは、やえさんも洋榎ちゃんのように、聴牌気配とか、能力の気配とか、そういうのを察知できるのでしょうか?(最初の親倍のときは驕りもあったのかな?)

後は役を作るのが上手いという可能性。ここがないと玄ちゃんに対して稼げません!(怜はリーチ+一発+ツモ3ハンで火力をつけましたね。)
ですのでやえさんもメンタンピンツモあたりをうまく加えていったのでしょか。

なんにせよ物凄い対応力です!もしかしたら打ち筋を変えた可能性もありますし、そのあたりは妄想がはかどります!!
ということでやえさんを今後も応援したいと思いますよ!!
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR