リーチと書いて最強と読むようです

まずはコメントありがとうございますー。久々に1巻読んで、あれ、この牌譜神牌譜じゃね?って思ったのでやってみました。

よく考えられてるなあと正直感心してしまってたり。

さて、今回は麻雀教室でございます。

というわけで、あとはよろしく、咲ちゃんのどちゃん。

・・・・・・

咲「京ちゃんのためのー」

和「初心者のためのー」

京太郎「麻雀講座っ!いえいっ!」

咲・和・京太郎「わーぱちぱちぱちぱちっ!」

咲「京ちゃんのためのーなのに京ちゃん久々の登場だね」

和「私は咲さんさえ隣にいてくれたらそれでいいのですが」

京太郎「開幕から、泣いてもいいですか?」

咲「鳴くのは卓上だけにしてください」

京太郎「それにしても、今日っ宮守女子の小瀬川さんがゲストで来るんじゃなかったっけ?どこにも姿がみえないけど」

和「だるい、また今度……だそうです」

咲「あはは……、あの人らしいね」

和「というわけで今回は手役に関するあれこれを言う予定だったのですが、小瀬川さんがいらっしゃらないので内容を少し変えます」

咲「題して、麻雀の最強役とは何か……だよっ!」

和「須賀君はどう考えますか?」

京太郎「そんなの役満なんじゃないの?」

咲「打点的にはそうだね。最大収支だもんね」

和「天和、地和に関しては危険すらないですからね」

京太郎「お、珍しく褒められた」

和「ただ、天和地和は狙って出来るのは各国の首脳レベルか天気のお話をしながらピンゾロ二回出すコンビくらいですよね」

咲「他の役満も狙ってもほとんど出ないよね」

京太郎「まあ、そうだろうな」

咲「そういう使い勝手って面でみるとそこまで強くないんだよね、役満って。結局和了れるかどうか、使い勝手の良さは大事のところだから」

和「そう、手役には打点の他にテンパイのしやすさ、和了やすさ等を加味した使い勝手という要素があります。そしてさらにもう一つ要素があるのですが、須賀君、分かりますか?」

京太郎「え、えっと、その……」

咲「しょうがないなあ。ヒントです。京ちゃんが初めて私と一緒に打ったときに3鳴きホンイツに飛びこんだ私に言ったこと覚えてる?」

和「私と咲さんの記念すべき初対局ですね」

京太郎「え?な、なんだっけ?」

和「……」ジトーッ

咲「まったくもうっ!まったくもうだよ、京ちゃんっ!」

京太郎「ご、ごめんなさい」

咲「『振り込むかフツー。ピンズ集めてるのみえみえじゃん』」

京太郎「あー言ったかも」

咲「これが3つ目の要素の答えだよ」

京太郎「ど、どういうこと?」

和「染め手だと分かったらその色と字牌は切りにくくなりますよね。それって、相手の手を曲げさせてるということではないですか?」

京太郎「それはそうなんじゃないかな?」

和「この相手の手牌への強制力が3つ目の要素です」

咲「真っすぐ和了りに来させないことが出来るっていうのは結果的に和了率が高まるからね。降ろしているってことなんだから」

和「この3つの要素は今後も使っていくので覚えておいてくださいね」

京太郎「なんとなく分かったよ」

咲「うん、それじゃあ最初の問いに戻るんだけど」

和「麻雀に置ける最強の役はなんですか?」

京太郎「え、えっと、打点があって、使い勝手が良くて、相手への強制力がある手役ってことだよな。えっと、うーんと」

咲「色々な役があるけど、この3つが全て高い役を最強の役とするのであればおそらく『リーチ』が最強の役になるよね」

和「そしてこの考え方が今流行りの麒麟児の打ち方の根底にあります」

京太郎「……???」

咲「えっとね京ちゃん、リーチは打たせてしまったらどう考えても他家不利になってしまうんだよ。最強の役だから」

和「だからこそ、リーチを打たせる前に和了りを取るための鳴きが今の主流なんです。もちろん狙えるならリーチを狙うのが基本ですけど」

咲「上辺だけ読むと鳴き麻雀になってしまうんだよね、あれ」

京太郎「な、なんとなく分かってきた。リーチという手役を中心に麻雀は動いている、って感じの解釈で大丈夫なのか?」

咲「京ちゃんにしてはいい感じの理解だね」

和「そうですね、須賀君にしては」

京太郎「泣いてもいいですか?」

咲「鳴くのは、リーチを掛けさせないためだけにしてください」

京太郎「ちょ、ちょっと変えてきたな」

和「もちろん、状況によってはリーチが最強手にならない場面も多々あるんですけどね。基本的にはというだけで」

咲「って言った感じで手役編の初歩はいいんじゃないかな?」

和「麻雀の基本はリーチ。ただ、もちろんリーチ以外にも頼りになる役はありますし、リーチだけに頼りきることは出来ません」

咲「だから、そのお話はまた今度。ゲストを呼んで」

京太郎「小瀬川さんな」

和「今回はここまでです」

咲「初心者のための麻雀講座」

京太郎「またみてくれよなー」

咲・和・京太郎「またねー」

・・・・・・

どうでした?これは私の手役に関する考え方の前提にあるものだったりします。リーチを中心に麻雀は動いているんです(キリッ

もちろん、だからこそダマテンも必要ですし、鳴くことが勝つために必要になったりするのだけれど。大富豪でいうと……

2とかジョーカーとかがリーチだけど、8切りとかイレブンバックとかで出させないことが出来ますよね?これがかわし手の考え方です。

と、そのへんはまたおいおい語っていきます。

素人さんの麻雀考察になるので見苦しいところがあるやもしれませんが、お付き合い頂ければちょーうれしいよー。それでは、ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

リーチが最強ですか…。リーチ大好きな自分としては嬉しいですね!
裏ドラが乗るチャンスもありますし、火力十分の役ですね!
個人的には、鳴いた後にリーチがかかると怖いですね。鳴くって選択肢を狭めていきますからね…。振り込むことも多くなってくる気がします。
とにかくリーチしてしまえば、たとえオリられてもツモが来ればいいですもんね。ただ追っかけリーチにはなぜかぶち当たります…。

立直は最強 (確信)
基本的には立直が最強なのでバンバン立直を打つのですが立直を打たない判断が難しいです
鳴きは立直が来ても危険牌を引いたら撤退出来るのがいいですよね

リーチが最強かどうかはともかく、上がる、降ろすという点においては強力な武器であることは間違いないと思います。
ま、なんでもかんでもリーチするのはどうかとは思いますが…
作中ではデジタルは11600あればリーチしないと言われていますね。
それが、なんでもかんでもリーチするのは…に、繋がります。
やはり、リーチをする=相手に聴牌を知らせるということですから、出上がりはまず出来ないといっても過言ではありませんね。上級者になればなるほど、リーチに対して打ち込むなんてことは減りますし。ほぼ、無いといってもいいレベルだと思いますが…
麻雀は出上がりしてこそ、差が開く競技なので余計にそう感じます。
じゃあ逆になんでもかんでも黙るのはどうかって話にもなりますが…打点は下がるし、相手は攻めてくるしで押し負けそうですね。
やはり、どのタイミングでリーチをするのかが重要になりまた、腕の見せ所なのではないか。と思います。
その辺りは個人の好みもあるのでなんともいませんが、リーチの期待値的には満貫になるかならないかくらいがボーダーなんでしょうねw

No title

頻度と汎用性の高さを考えれば、基本にして最も重要な役ですね。
胡桃ちゃんのオールダマが弱体化と言われることさえあるのもうなずける話。

咲世界においても、純くんの威嚇リーチ&優希のメンチンリーチ、「リーチせずにはいられないな」、玄ちゃんのドラ切りリーチ等々、劇的な場面を演出するリーチは枚挙に暇がありません。
ころたんや怜ちゃんなどは能力と組み合わせた一発もありますし。
特にお気に入りなのは、キャプテンが普段はヤミ平和などで手堅く立ち回りつつも、勝負手が入ればフリテンリーチも辞さない点。
こういう押し引きの判断には憧れます。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR