スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あら、今日のバイトはかわいらしいのね

まずはコメントありがとうございますー。

そうですねー、無難に強い、それが阿知賀女子です。安定してて、なおかつ爆発力もある。上手いというより強いという言葉が合うチームです。

さてさて本題。今回は単発考察ですよー。1巻でかつ丼さんもとい捲りの女王こと藤田プロがみせた咲さんのどっち相手の逆転劇を考察します。

覚醒前とはいえ、驚異的な闘牌を魅せる清澄のダブルエースをまさに圧倒した闘牌。1局で力の差を分からせるプロのお仕事でした。

「ごち」

出前のかつ丼を食べ終えた彼女が臨戦態勢に入る。

オーラス

東家 名も無きおじさま 22700
南家 咲さん      18500
西家 かつ丼さん    25700
北家 のどっち     33100

という点数状況。ドラ5sの10巡目でかつ丼さんはこの形。

八八2222347③④⑤⑥ ツモ②

テンパイが入るもののこのテンパイでは逆転するには高めツモって裏1が条件。が、今の流行りであれば確実に曲げるであろう良形テンパイ。

実際まこちゃんは「リーチかけず?」と驚いています。

次巡に親リー。リー棒が出ても条件は変わらず。

危険牌を押す咲さん。かつ丼さんも押し気味?

この動きで困ったのがのどちゃんでした。

②②④⑥三四四五六78 ツモ八

マンズ染め気配の咲さん相手にマンズが切れず、もうひとつの余剰牌でもある赤5sも親りーに切りきれない(間4ケン)

……私ならノータイムで現物の8sだったりするのだけれど。

一発だけ避けて、あとはクイタン赤2のチップ狙いかなぁ。

鳴いたらチップつかないのであれば……

5s切りします。間4ケンは牌が並んでいたら超危険牌だと思うけど、間に8sがありますしリーチ1巡前の裏筋だと考えれば押す価値あり。押して赤1チップ狙いは雀荘戦なら全然ありだと思います。

ちなみに、のどちゃんは②のトイツ落としでした。

②落としもありなんですけどね。親の現物ですし。ただ、これ落とすと実質まわすのではなく降りることになるんですよね。

仮に②落としても八か5-8sのどれかは切らないと駄目なんだから。

そしてこの②を見落とさないのが、プロ。

この後咲さんの心理描写が入ります。「次のツモの南を槓。嶺上牌の8mで和了って(メンホン間8m待ち)原村さんを捲る」

今では当たり前になりつつありますけど、異常な描写。

が、その当たり前は咲さんだけではなく藤田プロにもだったようで。ドラ5sを引き入れ槓子の2sを槓。嶺上から8mを引いてこの形。

八八345②③④⑤⑥ ツモ八 槓2222

安牌の6pを打ちつつ、トイツ落としに焦点を合わせた2-5p待ちに。そして狙い通りのどちゃんからロン。符ハネで3900直で逆転。

圧巻の闘牌でした。

でもでもこのシーン。藤田プロがやったことって特別なことだったのでしょうか?というわけで少しだけ考えていってみよう。

まず即リーしなかったこと。これはアリですよね。条件成就に少し条件が入るテンパイだから。まあ、有効な手牌変化はドラ引きだけだけど。

次。222234に5を引いての送り槓。これも実は当たり前です。親リー相手に槓!?なんて描写もありましたが、これは槓の一手です。

まずこの段階で高めの4-7pならメンタンドラ出和了り6400のリーチが打てる局面。実はこれどこから和了ってものどちゃんと同点になり、上家取りでトップになれる状況なのです。ツモでも当然クリア。

親リーで親が和了ったらほぼ終わってしまうだろう点棒状況で出来た逆転条件。これは当然勝負手です。だから槓。

そして8mツモ。ここで予定通り8m切って3面待ちのリーチを打っても良かったのですが、押している染め手がいる状態で3枚抱えの8mを打てるのだろうか、いや、打てないって考えたのでしょう。

だから、ノベタンにチェンジ。これなら高め安めなく余裕の逆転条件……でも、リーチを掛けなかったのです。

ここが藤田プロの強みでしょう。2pは親の現物でトップ目が落としている牌。だからダマならトップがもう1枚切ってくれるのではないか。

なら、警戒して和了牌が出て来なくなるよりも、トップからの直撃を狙いましょう。十中八九トイツ落としなんだから。

※親は2p早切りからの5p切りリーチ=2pは手元にない。咲さんは染めなので2pを持っていない。ことから残り1枚の2pは山かのどちゃんの手牌の中と判断出来るのです。

これが彼女の思考。別に特別なことなんてしていません。その状況下で正解をきちんと選んだだけです。でもそれこそがプロのお仕事なのではないでしょうか。私はそう考えます。

っていう風に考えると咲-Saki-における闘牌描写ってかなり練られてるなあと改めて感心してしまいますねー。

劇画的な闘牌なのに、しっかり理詰めで解説出来るんだから。……咲ちゃんの嶺上予想は除きますよ。あそこは脚色ですけど。

って感じで今回は締めましょうかねー。次回は未定ですけど多分麻雀教室かなって思ってたりします。お付き合い頂ければ嬉しいです。

ではでは。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「残りHP700点に親ハナ直撃のオーバーキル」書け麻紹介2013/05/19②

点棒移動を肉体的にリアルに表現される麻雀ゲームならきっと モーニングスターで頭を粉砕されて脳漿を飛び散らせてるね。 (その前の攻撃で、頭防具破壊とスタンをくらっているに違

コメントの投稿

非公開コメント

確かにそうですね、今でこそ能力が当たり前に見えますが、プロだからってなにか異能があるわけではないんですよねw
ちゃんとやるべきことをやってるだけなわけでww

しかし、衣のような異能持ちにはスコアで負けてしまうというのが辛い所であります。

No title

プロっておそらく、「能力」を「技術」に見せることにも長けてると思うんですよね。能力なら対策されても、そこが技術であるなら対応されてしまう。藤田プロも、もしかしたら「まくり」の能力があっても、牌譜見たら、単純に上手いと納得させられる。能力があろうとなかろうと、それがプロなんでしょうね。

なお私はよくまくられます!
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。