消えない絆×10年越しの想い×歓喜の瞬間

さてさて、最近一人語りしてなかったので今回はオーダー検討シリーズでいきたいと思いますよー。いよいよあと2校だよもー。

その前にまずはコメントありがとうございますー。前回の牌操作は言いたいことを言いまくってたので批判もあるかなーだったんですけど暖かいコメントばかりで本当に嬉しかったです。

一応、強い人がネタで言うのは全然いいんですよね。ただ、それを見てまだまだ成長の余地が全然残されている人達がハイソウサガーっていうのは違うのかなって。その前に自分の打牌を省みようよって思っちゃいます。

人のことを言える程の実力はこれっぽっちも持ち合わせてませんけど。

その証拠に昨日行われました「咲-Saki-まとめアンテナ杯」の結果なんですけどベスト8でした。準決勝で負けちゃいました。ううう……;;

応援してくれていたリア友に報告したら

ネタにもならないよばかやろお(cv.茅原実里)

と言われてしまい、ブログのネタにしづらいコメントするんじゃねえよと逆切れをしているところでございます。

咲ブログなんだようちは、それだと透華が言ってるみたいだろ(ブツブツ

相当ついてたと思うんですけどね。私が未熟だったね。

何はともあれ、優勝されたのはいつも仲良くさせていただいている『ああ、あの牌』の管理人さんでございます。

おめでとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

そして次の機会には絶対負けないんだからねっ!

というわけでこんなすばらな大会を運営してくださったまとめアンテナさん、及び参加者の皆さま、本当にありがとうございました。ちょーたのしかったよー。また、一緒に盛り上がりましょうっ!

前置き長っ!というわけで本題だよもー。

今回は阿知賀女子でいきます。名将、赤土晴絵が短期間で強くし全国に送り込んだチーム。個性豊かの選手たちのひたむきな姿が多くの人を感動させ、あの奇跡へと繋がったのかなって。

○先鋒 松実玄

玄ちゃんに関しては道筋理論でも触れましたけど作中屈指の支配力を持った打ち手ですね。化け物能力なんですけど周りが強すぎたね。

様々な名言を残し、様々な表情で私たちを楽しませてくれましたね。シリアスなシーンでもコメディチックなシーンでも存在感がありました。

能力はドラを集める。独占する。打ち筋はドラで火力をあげて大物手を和了る超火力型の打ち手です。圧倒的な火力が武器ですね。

適性的には火力型のエースが集まる先鋒、もしくは中堅になるのかなと思われます。ドラによって自身も窮屈な手恰好になることが多いので副将、大将には置けませんねー。次鋒とかなら面白いかも?

点数調整は出来ないですけど、その代わり相手の火力をそぎ落とし、高火力で攻めることが出来るまさに先鋒向きの選手です。

本編だと怜ちゃんみたいにドラなくても一発で打点あげられる子や照姉みたいに手役で上手いこと打点とれる超高校級のエースに当たってしまったのが残念でした。普通の相手なら圧勝してたはず。多分。

○次鋒 松実宥

阿知賀女子事実上のエース。可愛い容姿に唯一の3年生らしく最も頼りになった打ち手ではないでしょうか?玄さん、お姉ちゃんをください!

次鋒という区間に置かれていますね。次鋒はロン和了りが取れるタイプを置くのが定石という話はこのシリーズで何度も話していますが……

この子は本当に次鋒向き。赤い牌を独占する能力でツモ和了りも出来るものの、本来はあぶれやすい牌を狙い打ちやすい、というより狙わなくてもあぶれる牌は待ち牌になりやすい出和了りメインの打ち手です。

というわけで適性は次鋒がベスト。ただ相手に制約を掛けるので他家潰しも出来ることから先鋒、中堅にも置けますしある程度応用が効くので玄ちゃんと違い後ろにも置けます。オールマイティですね。

正直ベストメンバーでチーム作るなら候補に入れたい一人ですね。私の個人的な趣味的にころたんとか咲さんよりも選出したい子かな。

○中堅 新子憧

二次創作だとこの5人では一番のネタキャラにされているこの子。シズ絡みだったりシズ絡みだったり、シズのせいだったり。

本来はかなりしっかりしている子ですよね、ちゃっかりでもあるけど。

打ち筋も最も現実的な能力な気がします。特に「高火力でツモ和了を連発してくる子が圧倒的に多い」咲の世界では憧ちゃんみたいに局を流しにいくスタイルが凡人が辿りつく最終形な気がします。

というわけで、典型的な鳴き麻雀です。しかも圧倒的な和了率を誇っています。この子が平然と和了るせいで亦野さんが全く目立ててない;;

正直3鳴きじゃなくとも鳴けば8割ほどは和了れるもんね。

適性は管理人の大好きなかわしにいくタイプなので基本は先鋒、中堅に置きたい子かなって思います。後ろだと多少火力不足かも?

○副将 鷺森灼

赤土晴絵の愛弟子といってもいい存在、あらたそ。

自身の持つ能力だけでも相当強いにもかかわらず、ハルちゃんの打ち筋を自身のプレイングに取り入れて師の無念を晴らそうとする健気な子。

打ち筋はボーリング用語になっているピンズ多面張になるとツモ和了が出来るというもの。前から言ってますけど和了確定系は強いんです。

そして、その打ち筋から相手に与えるピンズ待ちという印象を使い変則待ちで相手からも出和了りを取れるというかなりのつわものですね。

適性は高打点の打ち合いも出来、なおかつツモ和了もロン和了も狙えるという子なのでどこに置いても仕事してくれると思います。

強いていうなら大将はあんまりかもくらい?

それにしてもオールマイティが二人いるのかー。そりゃ強いなあとか今更になって思います。しかも2枚とも強いカードですし。

○大将 高鴨穏乃

阿知賀編の主人公は始めからシズだった。だが目立つのは他校や同じチームの玄ちゃん。彼女の出番まで長い時間が掛かった。

誰もが待ち望んだ主人公の闘牌。しかし、そこでも暴れるのは同学年の100年生や二人一組で闘う先輩たち。

シリーズが最高潮に達したところでついに彼女が舞台に上がる。

圧倒。

まさにその言葉が似合う闘牌。主人公がラスボスになった瞬間だった。

というわけで阿知賀編ラストはしずでございますよー。

この子の能力は道筋理論でやりましたね。作中ではまさに他家を圧倒してましたけど汎用性が高い訳ではないのです。ハマる相手にはハマる感じですかね。数少ない能力無効化系なので決勝も期待です。

打ち筋は山の深い部分を支配する能力と常に前を向けるしず最大の武器であるメンタルの強さを生かしたものになっています。

適性は和了までの速度が速い子が集まる先鋒、中堅には置けませんが技術戦になりやすい次鋒、副将、そして得点調整能力にも(カンに頼るところはありますけど)優れているようなので大将にも置けますね。

○総評

オーダーに関しては言うことなしです。

これしか考えられない気がする。先鋒にしか置けない玄ちゃん、中堅に適性がある憧ちゃんを置き、残った3人で大将適性が一番強そうなしずが大将。出和了出来る宥姉が次鋒。余った副将にあらたそ。

よく考えられていますねー。さすがハルちゃんです。

そして、普通に強いです。圧倒的な子がいないだけでチームバランスもかわし系が1、火力型が1にオールマイティ2枚に特殊なタイプが1とバランスも上手く取れています。

総合力で勝つ。ハルちゃんの言葉通りのチームです。

ただ、圧倒的な選手がいるチーム相手だと苦しいかな?

似ているチームが千里山女子かなぁ。エースのタイプ以外は。

って感じですかね。主人公チームながらバランスブレイカーは存在せず(玄ちゃんは自身も苦しんでいるのでまあ)それでいて面白い、個性豊かなチームになっています。挑戦者のチームって感じです。

何よりも赤土晴絵の指導能力の高さもあるしね。これからも成長する要素を秘めているので決勝ではさらに成長して彼女達をみたいですね。

というわけで今回はここで締めです。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さすが外伝主役チームは違いますな。
この記事で改めて隙の無いいいチームだと認識させてもらいました。


ぶっちゃけここに優勝して欲しかったり。

No title

さすが穴の無いオーダーですね。
私が思う、勝つのに必要な三つのタイプが備わっているチームです。
(火力型:玄、安定型:宥、憧、灼、エースキラー:穏乃)
特に穏乃は今まで能力を隠せておけたというのも大きいですね。
ただ、一位抜けによって、完全にマークされる形となりましたので、決勝はかなり大変な戦いが予想されますね。

久しぶりのオーダー検討シリーズ、すばらです!
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR