スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【GW旅行記】胡桃「眠れぬ夜と」塞「食べ放題っ!」

『管理人からひとこと』

コメントありがとうございますー。お休み中なのですることがあまりない=更新頻度が上がるとかいう事態なう。

えっとですね、私は実は基本的にはヤクルトファンではないのです。友人は熱狂的なファンですが。どこのチームが好きかと言われると微妙ですけど。ファッションヤクルトファンということにしておきましょう。

野球の試合観るのはとても好きなんですけどね。

ではでは、今回は第三幕でございます。舞台は再び青年館ホテルのワンシーンから始まります。お楽しみいただければちょーうれしいよー。

『第二日目 ドキッ!寝不足だらけの横浜中華街編』

塞「運よく大浴場が貸し切り状態だったねー」

胡桃「もっと混んでるかもとか思ってたけどよかったね」

豊音「久々にお風呂で足伸ばせたよー」

エイスリン「オンセン、スキッ」

白望(温泉ではないけど黙っておこう)

ガラッ

穏乃「温泉っ!温泉っ!」

憧「ちょっとシズ、私たちだけじゃないんだからはしゃがないっ!」

灼「それに温泉じゃないよ」

玄「大浴場?」

晴絵「そりゃあ、松実旅館と比べたらね」

宥「でもあったかくていいところじゃないかな?」

白望「あっ」

晴絵「あら、君はさっきの」

塞「え?シロ知り合い?」

灼「ハルちゃん?」

・・・・・・

豊音「というわけで色々あって仲良くなった結果何故かトランプ大会が行われることになったよー。競技は大富豪からだねー」

晴絵「ここからは私が審判として仕切っていくよー。まずはチーム紹介から。まず先陣を切るのは松実シスターズだァ――――っ!!!」

玄「大富豪?お任せあれっ」

宥「が、頑張りますっ」

晴絵「続いては宮守女子からこの二人。チームだる可愛い天使っ!」

白望「だ、だるい。早く寝たい」

エイスリン「……」カキカキ バッ

白望「あ、朝までやるつもりなのっ!?」

晴絵「さらにうちからはこのコンビ。チームラヴラヴカップルっ!」

憧「ちょ、ちょっとハルエ。シズとはまだそういうのじゃないから」

穏乃「良く分かんないけど負けませんよー」

白望(今まだって言った気が)

塞(ふぅーむ、なるほどなるほどなるほどー)

胡桃(穏乃ちゃんの方は全然気付いてないのがまた)

エイスリン(Very good!)

灼(隠しきれてないよ、憧)

宥(二人ともあったかぁい)

玄(どうしてみんなしてにやにやしてるんだろう)

豊音(皆笑顔だねーちょー楽しいよー)

晴絵「宮守女子からはもう1チーム。チーム持つ者持たざる者っ!」

胡桃「チーム名が若干あれだけどトヨネと一緒なら勝機あり、かな?」

豊音「私なんかが役に立てるかは分からないけど頑張るよー」

晴絵「ラストは混成チーム。チーム部長っ!」

灼「あ、足を引っ張らないように頑張ります」

塞「私の方こそ。よろしくねっ」

灼「は、はいっ!」

晴絵「ではチーム紹介も終わったところで早速始めようか」

・・・以下ダイジェスト・・・

~第1ゲーム~

宥「ダイヤの3から始めていいのかな?」

塞「いいんじゃないでしょうか」

宥「じゃあ、えいっ!」

♢3456789

白望「7枚階段の8切り付き革命……」

宥「これで和了りですね」

♡JQKA

塞「また革命で和了切り!?」

穏乃「さすがですね、宥さん」

胡桃「うちの誇る大富豪最強のエイちゃんが何も出来ないなんて」

宥「た、たまたまですよ」

~第3ゲーム~

白望「次はこうだして」

エイスリン「2 サンマイ」

白望「あとは8で切ってAだせば私たちの勝ちだね」

エイスリン「ダイフゴウッ!」

憧「そっちにも凄いのがいるのね」

胡桃(というか理想を描き出すエイちゃんとマヨイガのシロってコンビはさすがに反則なんじゃ……。どう止めるのこれ?)

~第5ゲーム~

豊音「ぼっちじゃないよー」つ2

胡桃「残り1枚かー」

塞「パス」

白望「パス」

玄「パスです」

穏乃「これを通しちゃったら1抜けされちゃうからジョーカーを出しますね。で、憧、次はどうする?」

憧「うーん、やっぱだめだね。これしか出せないや」つJ

豊音「じゃ、4で和了りだねー」

憧「うそっ!じゃあこれ(A)だったなぁ」

~第8ゲーム~

灼「大分劣勢ですね」

塞「松実さん達は黒で縛りを入れていけばなんとかなりそうだね。分かった、勝ちそうなチームは私が塞ぐから勝負掛けてみて」

灼「了解です」

白望(塞が動き出しちゃった、かぁ。これはだるいことになりそう)

~第13ゲーム~

憧「塞さんが上手くゲームをコントロールし始めてから場が平らにはなったけどうちらは負けてるよ。どうする、シズ」

穏乃「大丈夫だよ、憧。ここはもう皆のテリトリーじゃない」ゴッ

~第18ゲーム~

白望(穏乃さんの支配、かぁ。エイスリンもトヨネも松実さん達も能力を無効化されているね。ってことはだるいけど私が頑張らないと)

胡桃「……ウルウル」

塞「どうしたの!?」

胡桃「普通の大富豪を楽しめる幸せを噛み締めてるんだよ」

~全20ゲーム終了~

白望「ふぅ、なんとかなったかな」

宥「とっても楽しかったです」

玄「私はお姉ちゃん頼りになってしまったけど」

晴絵「じゃあ、成績を発表するよ」

松実シスターズ     大富豪4大貧民4

チームだる可愛い天使  大富豪4大貧民4

チームラヴラヴカップル 大富豪4大貧民4

チーム持つ者持たざる者 大富豪4大貧民4

チーム部長       大富豪4大貧民4

晴絵「って、仲いいなっ!」

玄「これはもうひと勝負、だね」

豊音「負けないよー」

白望「あ、あの、明日も早いんだk」

塞「よし、やろうか」

憧「次は圧勝しちゃうかんね」

胡桃(この面子なら普通のトランプが出来る)

宥(これはもう止めても駄目そうだね)

白望(比較的真面目組がやる気まんまんだっ!だるっ!)

晴絵「よっしゃ、じゃあ次はポーカーにしようかっ!」

・・・・・・

塞「ちょっとシロ、起きて。朝食の時間だよ」

白望「だるい、もう少しだけ」

胡桃「トランプがこんなに楽しいものだったなんて……zzz」

塞「胡桃までっ!?」

豊音「朝のお風呂もちょーよかったよー」

エイスリン「オンセン、スキ」

塞「そっちの二人は何故か凄い元気だし」

・・・・・・

灼「ハルちゃん、起きて。朝ご飯食べないと」

晴絵「もう少しだけぇ。この歳であの時間まで騒ぐのは辛い」

玄「朝に大浴場に行ってもなかなか綺麗っと」メモメモ

宥「玄ちゃんは研究熱心だねぇ」

憧「トヨネとエイちゃんもいたねー」

穏乃「二人とも元気が有り余ってたね」

・・・・・・

晴絵「君たちは今日は横浜に行くんでしょ?」

白望「ええ、もう一回観戦しに」

晴絵「私らは今日練習試合だからここでお別れだね」

塞「れ、練習試合だったのにほぼ徹夜だったんですか!?」

穏乃「ついはしゃぎすぎちゃいましたねー」

灼「牌があれば練習も出来たんだけど持ってなかったからね」

晴絵「余裕あるなぁ。インハイ予選まであと1カ月切ってるのに」

胡桃「もともとお休みでしたから。それに」

エイスリン「……」カキカキ バッ

宥「地区大会に勝つ?」

エイスリン「マケナイ」

胡桃「頼りになる仲間達なので」

玄「私たちも負けないよー」

憧「今度はインハイで、昨日の続きを」

豊音「楽しみにしてるよー」

晴絵「じゃあ、夏にまた東京で」

白望「当たったらお手柔らかに」

白望(阿知賀女子、ね。覚えておこう)

・・・・・・

憧「ねえ、ハルエ。あの人たちは強いの?」

晴絵「おそらく、ね。今のところ無名校だけどなにせ熊倉さんが率いているチームだから。現状ぶつかったら多分うちの負けだろうね」

玄「確かに強そうだったよー」

宥「トランプだけでも十分強さは伝わってきたね」

灼「でも、夏までに追いつけばいい」

穏乃「そのためにも今日も頑張りましょうっ」

晴絵「うん、そうだね」

晴絵(宮守女子か。いい出会いだったな)

・・・・・・

豊音「さて、やってきました横浜中華街。ハマスタの近くにあるから観戦の際は寄るといいと思うけどー」

塞「ただ、あんまり時間はないんだよね」

胡桃「ちらちらと見える食べ放題の店に入っちゃおうか」

白望「はやく、座れるところを」

エイスリン「タノシミ」

塞「あそこ客引きしてるね。例によってどの店がいいとか全然分からないから入れそうなあそこにしようか」

胡桃「うん、それでいいんじゃない?」

・・・・・・

豊音「小籠包だよー」

胡桃「肉汁は溢れてきたけどなんか具が冷たいっ!」

塞「格安の食べ放題だからね、多少は仕方ないね」

豊音「ワンタンスープだよー」

エイスリン「オイシイ」

白望「うん、寝不足の身体に沁みわたるね」

豊音「北京ダックだよー」

胡桃「これはおいしい」

白望「いちいち包むのがだるいけど、確かにおいしい」

豊音「マーボーナスだよー」

塞「今日一かもこれ。おいしいよ」

エイスリン「カライケドオイシイ」

豊音「アヒル肉の炒め物だよー」

胡桃「さすが今日のおすすめ。めちゃくちゃおいしい」

豊音「うん、ちょーおいしいよー」

・・・・・・

塞「あっ!?」

胡桃「どうしたの、塞?」

塞「先生たちにお土産買わないと」

豊音「そだねー。先生たちの代わりに来れたんだもんねー」

白望「目の前にあるあの店、1階はお土産屋さんみたい」

横浜中華街

エイスリン「イキタイ」

塞「じゃあ、私もいくよー」

豊音「私はいいやー。ふたりに任せるよー」

胡桃「同じく。少し充電したいし」

白望「えっ、ここで?」

塞「はいはい、それじゃあ少し待ってて」

・・・・・・

豊音「12時50分、かなりいい時間になったねー」

塞「うん、それじゃ行こうか」

胡桃「今日のメインイベントだね」

白望「正直眠いけど」

エイスリン「シロ、ガンバル」

白望「うん、頑張る」

白望(多分これから私たちも阿知賀女子の皆さんみたいにインハイ予選に向けて時間がなくなっていくからね。これが最後の遊びだろうし)

白望(今を精一杯楽しもう)

第二日目 ドキッ寝不足だらけの横浜中華街編 槓っ!

『管理人からさらにひとこと』

今回は大分脚色してます。だってやったことが食べ放題のお店入ってお土産買っただけなんだもん。深夜のトランプ大会は実話だけどね。

時期はGWなのでインハイ予選前ということにしてみました。インハイでの名言使いまくっとるやないかという突っ込みがきそうだけど。

そこはまあ、フィクションということで。

次回は最終回を予定しています。前日に神宮で観た試合があまりにもいい試合だったのでどうなるかなと思ってたんですがまさかまさかの2日連続神試合でした。お楽しみにー。乞うご期待。

ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

トランプいいですねえ・・。麻雀好きな人はトランプも好きなイメージがあります。どちらも運ありきの頭脳戦ですよね。
横浜中華街!楽しめたみたいですねえ。私も何度か行っております。初めて行った時、なぜかチェーン店の日高屋で食べました。なんでや!どこでも食べられるやろ!という思い出があります。
今度また行きたいですねえ・・。自宅から二時間くらいかかりますけど・・。
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。