祓ってもらうまで切り替えられないのよね

ようやく咲11巻と阿知賀編5巻が手元に来たでー。というわけで、今回はコメント返しと簡単な考察回にするのよー。

それにしても……しろみー可愛い。この特典が欲しくて友人にアニメイトでの購入を頼んでいたのです。うちの近く、アニメイトないし行く余裕もなかったので。もちろん、特典大量に集めるお金的な余裕もないのです。

さてではでは、コメントありがとうございますー。コメント返しをしていくのですが、もしかすると抜けが出てしまうかもしれません。私あんまりコメント来るのに慣れていないので飛ばしてしまうかもしれないです。

どうか、どうかもしそのようなことがあっても寛大な心で見守っていただければとてもありがたいのです(ぺっこりん

ではではまずはこのコメントから。

麻雀に正解は無いと主張するなら

貴方の勧める打ち方(もちろん正解ではないはずですね?)を他人に勧められる根拠も無いということになりませんか。

麻雀に正解不正解は無く、自分の好きなように打つのがいいという趣旨の話なら私もその考えは否定しませんが。

えっと、根拠は字牌打ちも⑧⑨打ちもあるんじゃないかな?結果的にどちらが正解になるかは分からないだけで。

私にはどちらも絶対に正しいとは言えません。字牌落とし、⑧⑨落とし共にメリットもデメリットも一通り考えてみたつもりですし。どちらかを取れば一方は立たないものやからねー。

基本的には自分の好きなように打つのがいいという趣旨の話でした。

ただ、その根拠を考えずに「即リーって○○さんが言ってたから」みたいなのが嫌いなだけです。何故その発言をしたのかという根拠を知った上でその選択をしているのであれば問題ないのですけど。

この根拠をしっかり理解していれば「○○さんの言ったように打ったのに振り込んだ。麻雀クソゲーや」みたいな良くみるあんぽんたんな発言はでてこないでしょうし。愚痴るにしても内容が伴わないとね。

といった感じですねー。お次はこちら。

これって基本をあらかた終えた上で、個人の打ち方のひとつとしてこういうのもあるってものでしょ?少し前まで筋とか壁とかやってたから初心者対象講座かと思ってたんだけど、主旨変わってきてない?

とても痛い突っ込みやー。はい大分趣旨とずれてます。

だ、だって皆さんかなり上級で高度なコメントしてくださるんですもの……(震え声)なので一応補講という形にしてみたり。

本筋として今のところ語ってみたのは……

①筋・壁の使い方

②初打で安牌になりやすい牌を切らないこと

③ターツ落としは早めにすると安全だよーって話

となっております。次回はまだ迷ってますけど『頼りになる役、ならない役』という話をしようかなぁと少し思ってたり。

是非是非お付き合い頂ければ。

続いてはこちらのコメント。

こういう場合に関しては、ホントに状況によるとしかいいようがありませんね。デジタル的に言えばターツ落としはせず、ペンチーピンだろうと、裏ドラ、一発の可能性を考慮して即リーで行くでしょうね。

とはいっても個人的には、点差や場況次第で字牌を落とすか高めを狙うかなどを、臨機応変にしていくべきかと思いますけどね。

こういう時の立ち回り方を柔軟に変化させれてこそ、強い打ち手であるといえるのではないかと。


すばらっ!私の言いたいことは大体こんな感じです。

引き出しは多い方がいいし、その引き出し方が巧さだと私は思います。

必ずそうするという一貫性も重要ですけど、柔軟性もないと勝てないのが麻雀なんだって思いますねー。だからこそ多くの可能性に触れることが大事なのかなって。そのきっかけになってくれれば。

で、多分全部コメ返し出来ているはず。

うちのブログあんまりこういう風にひとりひとりにコメ返しやったことがなかったから出来ているかは不安です。もし、返せてなくても管理人はニワカだからしゃーないと思って頂ければ幸いです。

基本的にはまとめてありがとうございますーで返し終わるブログですが、たまには今回みたいにひとりひとりに返していければいいなって。

もちろんコメント頂けないと絶対に無理だからそこは読んでくださる皆さんに頼るしかないわけなのですが。まーた管理人がなんか言ってるよ、少し付き合ってやるかくらいの感覚でコメ頂ければ嬉しいです。

ほい、では今日の本題というか11巻でなんとなーく気になったシーンを抜粋してこの記事の締めにしたいと思います。

末原先輩が霞さんの絶一門能力に気付いたときの牌譜があるじゃないですか。メンチンイーペーツモっていう倍満ツモですね。

そのときの形が……

2224466677899 ツモ8

なんですけど、河が……

西北東1發731

ってなってるんです。あれ?6巡目の7sおかしくない?

手出しツモ切りが分からないのであれですけどこれ残してればメンチントイトイの出和了り倍満、ツモ和了り四暗刻に出来たんじゃ。

打・7sで張っていたのであれば8s切りする気がするので多分この段階では張ってなかったようにみえます。

で、次の打・3sの時に2sか4s辺りを引きこんでテンパイかなあとかとか思ってみたり。という訳で少し可能性を考えてみよう。

①打・3sの時点でテンパイとみる場合。

7sを打った時点で

2234466677899 

みたいな形だったのかな?リャンペーコー目指して……いや、違う。これ7sじゃなくて8s打ってればテンパイやもん。間3sで。

で、色々考えたんですが多分どれも打・7sの段階でテンパイ取れる気がする。あれ?あれれ?おかしいぞ???

②打・7sの段階でテンパイとみる場合

軽くしかみてないのであれですけど、多分7s暗刻にしてた方がいい形になっている気がします。あれれ?じゃあなんで7s打ち?

というわけで、このような仮説をたててみました。

『霞さんはツモ牌が何が来るかを分かっている可能性が高い、もしくは自身の意思に関係なく最速の和了りを目指している』

前者ならその強さは異常。後者でも隙がなさすぎる気がします。ただ、後者であるなら大将には向かないけどね。点数調整出来ないわけだから。とはいっても全部メンホンかメンチンやから打点十分だけど。

ではこの仮説通りだとしてこの能力が咲世界で強いのかというと、どちらにせよ最強クラスなのかなって。ただし攻略法はあります。

もし前者のように情報を先読みしてそのベストを霞さんが選べるならあわあわクラスの大災害です。鳴きでずらしても数巡で支配状態になってしまうのであればそこまでの弱点にはなりません。

後者にしても目指すのが最速の和了なら弱点にはならないかな。この能力の一番の利点はおそらく字牌以外では振り込まないことやし。

ただ、どうにもならないのかというとそうでもないのです。なぜなら最速ルートを取っても和了りまでの時間の猶予が割りとあるから。

しかも他家はめちゃくちゃ連携しやすいんですよ。2色しかないから。鳴けばずれてさらに時間に猶予が生まれるわけやし。だから全員が協力して場を流しにいってしまえばいいということ。

実際咲ちゃんも末原さんも和了りを取れてますしね。

ただ、大将なんよね。大将同士の連携は先鋒同士の連携に比べるととてもやりにくいはず。だってそのまま順位に反映されるから。

うーん、やっかいなことこのうえないね。

といった感じで今回は締めです。次回は少しSS風味な旅行記を書いてみようかなと思っております。正直凄い旅行やった。野球観戦部分だけでもすばらな展開でしたし。サンキューバレンティン。

というわけで次回もお付き合い頂ければ幸いです。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すばら!だなんて、ありがとうございます(*´∀`*)
私は、いつも講座なりブログなり楽しませて頂いてますのでこれからもぜひ講座とかしてくれたらなーとw

http://whitedragon00.web.fc2.com/saki_45927/saki_kannsou_2012/01_97.html

既にご存知かもしれませんが、霞さんの能力に関する考察は自分の知る限りこのページだけです。
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR