【京ちゃん】咲「ターツ落とし編補講の補講」【麻雀教室】

旅行いくいく詐欺。なお明日朝に出発する模様。

咲「管理人さんてんやわんやしてたよ。コメが来すぎて」

咲「というわけで、初心者のためのー」

咲「麻雀教室補講その2ですー」

咲「わーぱちぱちぱちぱちっ」

咲「今回は私一人です」

咲「寂しいよぉ」

咲「なんかたまたまコメ返しくらいなら更新する余裕が出来たらしくて、この大量に来ているコメに何の反応もしないのはダメかなって」

咲「まずはこちらのコメントから」

状況が最初ということなので広く受けたくなりますよね。

点数にもよりますが、リードしてる状態なら安牌残し含めて埋まり辛いところを先に処理しそうです。のどっちもそうした状況であれば、セーフティにいくかも知れませんね。

今回は筒子の三筒が重なってしかも配牌二向聴のドラ1ということで、攻める派が多いのではないでしょうか。


咲「ですねー。私も攻める派の方が多いと思ってました。こう考える方が多いからこその提案という形ですからね」

咲「ただ、広く受けることが必ずしも攻撃に繋がるとは限らないですよーというのが管理人の言いたかったことだと思います」

咲「続いてこちら」

統計上正解になるということは安定して正解になるということです

咲「そうですね。なので前回記事ではあのように限定させていただいたのです。『面前テンパイで先制リーチが打てる』場合には即リーした方がいいと思いますって。ただね……」

咲「その状況になったら即リーした方がいいというだけで始めからそこをゴールに据えるのが統計上の正解というわけではないのです」

咲「そういう意味での安定しないという発言でした」

咲「言葉足らずだった管理人が悪いね、うん」

咲「お次はこちら」

件の牌姿はまず北切りではないでしょうか?そしてその後のツモ次第でペンチャンに手をかけるか西を切るか決めるのがいいと思います。

咲「これは管理人さんよろしく」

☆風牌の切り方

はい、管理人です。

風牌の切り方ですがはっきり言ってこの場合だと西も北も変わりません。どうせどっちも切ります。西は自風で、北は西より裏ドラが乗りにくい牌ですのでどっち残しても危険度はそこまで変わりません。

一応裏ドラになりにくい方を残すとか役牌になりにくい方を残すとか考える余地はありますがこの場合はどちらも大差ないです。

って私の師匠の波溜さんが言ってました。

ちなみに何故第一打に字牌を選ばないかは他の人のコメ返しで。

咲「ではお次はこのコメントで」

完全安牌は一枚あれば十分だ(キリィ

咲「状況に寄りますねー。普通に攻めるなら1枚でいいと思います。ただ今回は早めのターツ落としというコンセプト的に、ね?」

34567s33589p34m西北

そもそもターツオーバーではありません…ペン7pツモ逃しが痛すぎる上に北西どっちかを打っても安牌1枚残せます。
ペン⑦2600リーチでも東一局平場ならOK、これは普通に打西でよろしいかと思います。


咲「はい、もちろん分かってますよー。この手牌そのものはターツオーバーではありません。けどですね……」

咲「潜在的なターツオーバー牌姿なのです。5pにくっついた段階で5ターツになりますよね?その後でターツを落とすと巡目が進んでいるので危険が伴う場合があるので、先に見切っておこうという話です」

咲「最悪なのは攻めるべき手を決め切る前に局が終わってしまうことなんです。だから、良形と安全な手牌進行を買いましょうというのがこの話のメインテーマです。なんと言ったって安牌の残し方編ですから」

咲「そして、『普通』とは一体なんなんでしょうか?東1局平場だからオッケーという考え方がまず良く分かりません」

咲「多分失敗しても後で挽回が効くからということなのでしょう。でも、それって自分の首を絞めているだけなきがするかな」

咲「成功報酬は裏なしなら2600。鳴きと違い勝負に出ているリーチ。東1局だからこそこんな博打に出たくないと考える人だっています。もちろん攻めるべきと考える人もいます」

咲「普通とは個々人の尺度でしかないんです。麻雀に正解はないんです。それを統計という考え方がみえにくくしているのかなって」

咲「統計上正解だからというのを免罪符のように考えている人が多い気がします。確かに、有利になる可能性は高いのかもしれません。でも、それを絶対の正解のように、『普通』というのは違う気がします」

咲「なんて、少し熱くなってしまいましたね」

咲「続いてはこちらのコメント」

現代麻雀では12+安牌1枚ですら遅いと判断されるみたいな話を聞いたことがあります。

それを抜きにしたって安牌を2枚も抱えようとするとまともに手が進められないことは想像に難くありません(実際初手から愚形とは言え搭子を落とすなんて普通しないししたくない)。

私はのどっち派ですかねー。


咲「ふむふむ、なるほどなるほど。さて、本当に12+安牌1枚が現代麻雀において遅いのでしょうか。答えはいいえです。その証拠にこの打法って現代麻雀の申し子的存在である渋川プロも提唱しているものです」

咲「もちろん管理人のように抱え過ぎることはないですけど」

咲「何故か。現代麻雀に関わらず速さとは、そして巧さとは鳴きだからです。むしろターツ選択をしないということは、手なりに打つということですよね?結果配牌とツモ筋に頼ることになります」

咲「ターツ落としが遅くなるという考え方自体がまず疑うべきところだと思います。テンパイまでの最速ではなく和了までの最速を追うって『鉄鳴きの麒麟児』で渋川先生も言っておられますし」

咲「むしろターツを落とす選択が出来ないということが、結果和了りへの最短ルートを塞いでしまうことだってあるのかなって」

咲「何度も言いますが普通という考え方は麻雀にはそぐわないです。統計ひとつとってもそれが何故いいのか、どういいのかを理解したうえで自分で取捨選択することが重要なんだと思います」

咲「といった感じで今回はここまでですー」

咲「何故管理人が⑧⑨落としを推すのかは前回記事に書いたことが全てです。もちろん、あり得ないと思う方もいらっしゃるでしょう。けど、こういう考え方もあるんだと知っていただけたなら幸いです」

咲「ではでは」

・・・・・・

はい、再びの管理人です。どうしよう、書いてみて思った。咲さんに辛辣に語らせ過ぎた気がする。こ、今度こそ次にコメ返し出来るのは火曜日だからもう少しやわらかくてもよかったかも。

ただ、⑧⑨落としはないと思って頂くのは全然構わないんですが、『普通』って考え方は私あまり好きではないのです。

だってそこには「統計上これが正解なんやからリーチっ」みたいな思考停止が入っているから。一度立ち止まって場況をみてみる。そうすると違う何かがみえることだってあるんです。

考えることをやめないことが大事なんだと思います。そのための指標として今回の私の少し特異な主張を使っていただければと思います。

ちなみに私は⑧⑨落としを推してますが、別に西北打ちが間違いだなんて一切思ってません。私なりの考え方を持って⑧⑨落としを推しているだけです。多数派は字牌落としだと思ってますし。

でも多数派が字牌落としだからこそ、この主張は意味があるものだと思います。当たり前と思っていることを疑うきっかけになってくれることを祈っています。その結果やっぱり字牌打ちなら自信になるでしょうしね。

ちなみに最後に字牌を2枚抱えて打つ場合、1枚目の外し所を間違えなければ速度はほぼ落ちません。なぜならテンパイまでの道のりには必ず不要牌があるからですね。その不要牌に安全牌を抱えているだけなので。

もちろん、手狭にはなっているので裏目るときもありますけど始めからそれは想定し考慮に入れて打っているので。

最後に、こういう記事にコメント頂けると私も色々なことをまた考えなおせるのでとてもありがたいですー。

これからもよろしくお願いいたします(ぺっこりんっ

ただ、今度は本当にコメ返しが遅くなるのでご了承を。ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最初にコメントした者です 補講の補講までコメント返しありがとうございます
5pへのくっつきで潜在的なーツオーバーとなされていましたがもそもシャンテン戻ししたのち、より良いシャンテンになるのが46pのみと非常に少なく、打北とした場合でも同じ結果になるので良形2シャンテンへの受け入れは変わらず3シャンテンに戻しているだけとなってしまいます
34567s33589p34m北(2シャンテン良形確定二次有効牌46p)
34567s3358p34m北西(3シャンテン良形復帰有効牌46p)
この場合ペンチャンを払った方がいいケースは7pをツモるまでに46pをツモったケースのみでそのリターンは安パイを一つ多く持てるということだけです つまり良形和了への道の確率を減らさず、そこに愚形先制和了の可能性を付け加えることが出来るということです
巡目が進んだ時に89pを落とすのが危険という状況は主に立直がかかっている状況ですが聴牌していないのならベタオリが圧倒的に優位で89pはまずうちません 安パイを二つ抱えた状態の2シャンテンから危険牌を引かずに聴牌して押し返せるケースはほぼ無いと言って良いです
先制率、和了率を高めることが放銃率を下げることにもつながります
渋川さんの「魔神の読み」を持っています 確かに手牌は12枚で打てと有ります しかし真っ直ぐ攻めるべき手は守備を考えずに攻めるべきと書いてあります さらに基本的にはシャンテン戻しをしないとも有ります 例としては
345688m2389p3789sドラ8s 打3s
例外は345688m2389p2334s ドラ3p 打89p
良形のシャンテン復帰への受け入れが2457m1245sの8種類あってやっとシャンテン戻しの選択が生まれるということです
先制愚形ドラ1の平均打点は科学する麻雀より4600点でダマ愚形ドラ1と先制愚形ドラ1との比較は他サイトで申し訳御座いませんがHAZの研究する人生さんより局収支は常に立直優位ですhttp://doraaka.exblog.jp/iv/detail/index.asp?s=15461859&i=201105/06/81/b0126381_1954418.jpg
それと他のコメントさんの「普通」というのは「局収支を最大にする」という事ではないでしょうか 平場時ならば局収支が最大になるように打つべきです
長文と辛辣な文章申し訳有りませんでした
最後にこのブログを見た方の雀力向上を心より祈っています

No title

おはようございますー
旅行前の管理人ことみちくさぼーやですよー

コメントありがとうございますー。気付かれないかもしれませんが本文を打つ時間はなさそうなのでこちらの方でコメ返しさせていただきますねー。

そうですねー。現状の手牌自体の潜在的有効牌はおそらく46pと3pかなと思われます。少ないですね。ただ……

3ターツ3シャンテンと4ターツ固定の2シャンテンでは手の自由度に大きな差があります。字牌2枚をいつまでも抱えているという訳ではないのです。当然、中張牌の孤立牌を引けば字牌を落とします。

この時に比較的安全に手牌進行するための早めのターツ落としになります。

一番分かりやすいのが2,3巡での河をみて速度が求められるときに2枚鳴き仕掛けて

345③③⑤北

345③③⑤⑨

となっている場合に前者の方が仕掛けても安全を買えているよねという話ですねー。もちろん、2鳴きしている以上例えば6sなんかを引いてきたら前者後者共に同じ形になります。

ただ、攻める場合にも極力安全さを買えるようにしようというお話でした。

面前悪形テンパイは即リーした方がいいと思います。それは前回と今回の記事でも言っていることなんですが、だからといって最初からそこをゴールに据えて打つべきではないよねという話になっております。

私もなっちゃったら基本打ちますし、リーチ。

ただこれも統計上正解なだけであるので本来であればその場の状況(和了りやすい待ちなのか、山に生きているのか)を考えなければならないのですけどね。

「局収支を最大にする」というのも統計上そうなる可能性が高いよーというお話なのかなと思います。でもそれはあくまで『先制面前テンパイ』になったらリーチを打った方が局収支の平均は高いよーという意味です。

これを理由に何も考えずにリーチを打つことはあかんでーという記事でした。統計上の可能性も考慮すべきことの一つとして場況と合わせて自分なりに考えてみることが大事なのかなと。

その結果即リーと判断するならオッケーなのです。

局単位の収支が最大になることを統計ではなく1局単位でみる場合はそれこそクイタン2000点がマックスになることもあれば、先制リーチが打てて裏ドラが乗る可能性もある。和了れず0だったり、和了られて-になることもあります。

でもそれって1局ごとに異なってきますよね?

だからこそ、「普通」という考え方はあまり好きではないのです。どんなに大多数の意見になろうとも絶対の正解はあり得ないと思うので。

と言った感じですー。

ちなみに、旅行中はこういうこと出来るか分かりませんので私だけ返信が貰えないとかは、思わないでね(チラッ

全てのコメントがとても嬉しいので。うちのブログは読んでくださる皆様の愛とコメントで出来ているので。

ではでは(ぺっこりん

No title

麻雀に正解は無いと主張するなら貴方の勧める打ち方(もちろん正解ではないはずですね?)を他人に勧められる根拠も無いということになりませんか。
麻雀に正解不正解は無く、自分の好きなように打つのがいいという趣旨の話なら私もその考えは否定しませんが。

これって基本をあらかた終えた上で、個人の打ち方のひとつとしてこういうのもあるってものでしょ?
少し前まで筋とか壁とかやってたから初心者対象講座かと思ってたんだけど、主旨変わってきてない?
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR