雀っ!探してますよー

麻雀打ちが探しているのは目撃証言じゃなくて和了筋ですけどね。

煌「そうですねぇ」

卓上に落ちているヒントを拾う感じは探偵に近いかもだけどねぇ。

煌「管理人さんは迷探偵ですねぇ」

……文面でしか分からないボケをありがとう。

煌「今のを的確に拾うなんて、すばらですっ!」

煌「では、とりあえず読者の皆さまに一言どうぞ」

まずはコメントありがとうございますー。リザベはうちのブログ的には配牌に加えてツモずらしが入っても和了筋があるように積まれる山に干渉しているという解釈になるので発動確定=和了確定だと思われます。

もちろん姫子ちゃんがきちんと打てば、ですけどね。

姫子ちゃんの素の実力に関しては分からないですねー。ただ、名門校の2年生エースですから弱くはないはずです。残念ながら大将戦が全員上位能力持ちとかいう相当特殊な状況だったので検討の余地がないのです。

そうすればリザベって身に付くのかなぁ。しかもよく気付いたよねこの能力に。普通気付けないでしょう?とは思うかも?

煌「ふむふむ。要するに管理人さんもほとんど分かってないと」

……はい、面目ない。

煌「さて、では例の闘いの罰ゲームのひとつとなっているすばらな咲ブログ様方のご紹介を盛大にどうぞ」

○るびーとさふぁいあ様 最新記事は『咲-Saki-と純チャンタ』です。

咲-Saki-に出てきた純チャンのまとめです。うちの嫁も和了ってるんですよー。忘れてたってなんですか(ボソッ)その純チャンの凄さは私も過去記事で語っていたりするのだけれど。

純チャン好きな人多いですよねー。私も好きな役のひとつでした。過去形なのは最近は滅多に狙わない、もしくは絶対に鳴きを入れてしまうからですね。やっぱり純チャンは面前で決めないと良さが失われてしまう気が。

昔の完全面前主義だった頃は隙あらば狙ってましたけど。

滅多に出ないからこそ決めると面白い手ですし、漫画だととても映える役なんですよねー。打点もそうですが何より美しさがすばらです。リャンペーコーと絡めてからの四暗刻の流れは麻雀好きには語り継がれる名牌譜。

と、話が逸れましたが咲に出てくる純チャンもすばらです。

あ、ちなみに提供お題は『守備力の高い咲キャラ』でした。とてもうちのブログ向けのお題なんですが今回はスルーです。

○まいるーむ様 最新記事は『アニメ阿知賀編15話の感想記事』です。

ブログ名から分かるように新道寺目線の感想になっています。そうだね、新道寺だけ控室描写なかったんだよね。贔屓いくない。

リザベ描写も熱かったですねー。演出に動きがあるので漫画とは少し違った印象だったんですがどちらもすばらな出来でした。

なんか私服でお出掛け描写は後輩先輩の域じゃないような……。もうこれ完全に恋人だぁ。この絆がリザベの驚異的な力を生んでいるんだね。

あとは最終回をワクワクしながら待ちましょう。

ちなみに、提供お題は採用させて頂いた『白水哩』です。15話観た後だとこっちやりたくなってしまうよね仕方ないね。

○Black And White様 最新記事は『松実宥ちゃんまとめ記事』です。

お姉ちゃんが可愛いのは周知の事実でしょう?何をいまさら。

とはいえ、気持ちは分かる。可愛いものとか美しいものは飽きが早い?迷信ですよそんなの。常に暖房付けていいのでうちにください。

今までオールプラスの阿知賀の実質的なエースですね。まことは相性いいですし、菫さんが癖を直したとしてもそれ自体が宥姉の攻略には成り得ないので多分決勝も稼ぐでしょう。4人目次第ですが。

一番怖いのはキンクリだよね。これが最大の敵。絶対まこの闘牌は面白くなるから飛ばさない方がいいと思うんだけどなぁ。菫さん好き、宥姉好きのためにも。ゆーこちゃんの悲劇を繰り返してはいけないのよー。

提供お題は『咲-Saki-がスマフォアプリになったら』ですね。うーん、これも面白そうだったんだけど残念ながら今回は見送りということで。

といったお三方に負けたのです、私。書け麻敗北です。なんか微妙に段位戦の調子があがったと思ったらこれだよ……。

煌「さてさて、この後は別室に移動して少々お説教があるみたいですよ」

ふぇぇ……行きたくないよぉ……

煌「そういうわけにもいかないですよ。頑張ってきてください」

うん、じゃあ、いってくる

煌「……ここから先はこのすばらくない牌譜をどうぞ」

・・・・・・

ニワカガッ!ニワカガッ!ニワカガッ!

煌「やっぱりこうなりましたか」

白望「やえもご立腹だったからね、はぁ、ダルい」

煌「最後の振り込みは酷かったですもんね」

白望「正直あれは警戒してなさすぎだったね」

煌「一応管理人なりの考えはあったみたいですが」

白望「分からなくはないけどさすがに行っていい手牌じゃない」

煌「ですね、すばらくないです」

白望「後の局は気持ちは分からなくないけどね」

煌「ドラ3リーチとかは普通なら曲げますしね」

白望「うん、ただだるいことに、麻雀って統計上の正解を選んでも勝てるわけじゃないじゃない?普通ならって考え方がダメかなぁ」

煌「どういうことですか?」

白望「同じ局面なんか存在しえないし、同じ点棒状況だってあり得ないし、結局その場その場で正解を探すしかないんだよ」

白望「どんなにダルい展開でも考えることをやめちゃだめ。必ずそこに活路はあるはずだから。正解は、必ずしもひとつとは限らないし、どんな局面でも正解になる一打は存在しないしね」

煌「1局1局を大切に、ということですね。すばらっ」

白望「向こうの説教が終わりそうにないし私たちで締めようか」

煌「そうですね」

白望・煌「ここまで読んでいただき、ありがとうございました」

・・・・・・

王者の説教は格が違った。

はい、管理人です。ごめん、今回のは記事に出来ないくらい酷い牌譜です。もっとやりようはあったはずなんです。100戦単位でない1戦勝負だからこそ、もっと真摯に考えていかないと。

一応戒めのために牌譜は残しておきますけど。

今回のテーマは『正解はひとつ!じゃない!!』です。タイトルそのままですね。戦術本読んでこれが正解だと知るのはいいんですが、それが全ての状況に当てはまる訳ではないでーというのが今日のテーマです。

なお、おはよーおはよーは知ってますがアニメは観たことない模様。

という、簡単な後書きを添えつつここで終わりです。ではではー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

王者の説教かわいいですねえ・・。私も是非、おもちを触ってしまった後に怒られたいですなあ…。(唐突)

実は昨日、二盃口和了りました。出にくさは役満級とも言われてますから、初めて和了れて嬉しかったですね。ちょっと話題に出たのでその話をしてみました。(ちなみに裏が乗って跳満、火力もっとあってもいいのになあ・・。せめて七対子ついても・・。)

あと配牌ひどいものがありました。マンズ、ソウズが1と5と9のみというひどい構図、あとオタ風2枚など。(ただし5は赤ドラ)
そこから無駄ヅモなしでリーチ一発ツモ、裏が3枚乗って倍満なのですから、ホントに分からないものだと思いました。
(いい配牌でも和了れないなんてよくあるもの・・・。)
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR