46番目の密室

本当は駄文で叙述トリックについて個人的な意見を書く予定だったのですが、思いのほかこっちが早く読めてしまったので先にこっちの感想を書いちゃいます。大体私が早く読めたといってる場合は寝不足になりながら睡眠時間を削って読んだということですね~。面白いと途中でやめられないじゃないですか。

というわけで初夏を彩る新本格祭り(仮)絶賛開催中の本ブログ、今回も新本格でいってみたいと思います。え?何そのお祭りって?今考えました。ただの思い付きですよ、思い付き。多分次回扱うのも新本格に当たる部類なので。

前回は綾辻作品を扱ったので今回は綾辻先生の相棒、有栖川有栖先生の『46番目の密室』について触れていきましょう~。

有栖川有栖先生といえば綾辻行人に並ぶ新本格の顔とも言うべき人ですが、実は私今回初めてその作品に触れることとなりました。いや、もちろん名前は知っていたし興味もあったのですが。私がここまでミステリーばかりを読むようになったのはごく最近のことで普段はジャンル関係なく冒頭の書きだしを気にいったものを買うってスタンスでやっていますので触れる機会がなかったんですよね。

だって本格系は作中でも言及されてますが部数が売れるジャンルじゃないですから。本屋さんがプッシュしないんですよね。だから手にとる機会が少なかったというわけです。まあ、海外ミステリーは結構読んでたんですが・・・。多分シャーロキアンの端くれと言っても過言ではないですし、ポワロシリーズも好きですし。ちょい昔の話なので内容よりもキャラ、探偵自体の魅力で読んでたというのが本音ですが(笑)

脱線しましたね~、修正修正。で、ひょんなことから私は歌野昌午先生の密室殺人ゲームシリーズと綾辻先生の館シリーズの十角館の殺人を手に取ることになります。ハマります。そして最近はミステリばっか読むようになったというわけです。伏線回収が絶対されるというのが気にいった要因になったのかと思います。

あ、一応補足しておくと別にそれまでに本格系の話を触ってなかった訳ではないです。ちょこちょこは読んでいるのですが、個人的主流ジャンルになったきっかけがその2作品だったという訳ですね。

長々と前置きしましたがこれも本ブログの特徴だと思って頂ければ幸いです。ではでは作品紹介にいってみよ~。

例年通り推理小説界の巨匠、密室の匠、日本のディクスン・カーと呼ばれる真壁聖一宅で行われるクリスマスパーティーに呼ばれた私こと有栖川有栖(本名)。例年と違うのは私の友人火村英生を伴っているということ。犯罪学の助教授である彼に真壁が興味を持ち、連れてくるよう私に頼んできたからだ。普段と変わらない気の知れた仲間内でのクリスマスパーティー。が、「白い」悪戯が仕掛けられたクリスマスの夜、惨劇の火蓋が切って落とされる。不可思議な殺人事件を前に火村と私が解決に乗り出す。・・・こんな感じかな。

作家である有栖川有栖が私としてワトソン役を演じる作家アリスシリーズの一作目ですね。ちなみにこの他の先生の有名シリーズとしてはデビュー作を含む学生である有栖川有栖がワトソン役をする学生アリスシリーズがありますね~。

ちなみに作家アリスと学生アリスは別人、というかパラレルワールドの人物に当たるそうです。作家アリスが学生アリスシリーズを学生アリスが作家アリスシリーズを書いているという設定なのだとか。ちなみにこの二人と実在する有栖川有栖先生も別人です。

つまり、「私」視点の作品であるということです。私視点で話が進むので話自体は比較的簡単に作れますが伏線回収等が難しいというのはちょい前にこのブログでも触れました。が、さすがは有栖川先生といったところでしょうか。その辺のデメリットは全然感じませんでしたね~。

そんな本作は序盤でキャラ魅せ、事件発生、捜査、結末というようなプロットで進むんですが意外だったのはキャラ魅せがなかなかしっかりしていたこと、ですね。結構なページ数を使ってました。もちろん必要な描写なんですが(伏線になるものも結構ありますし)。だから動機面でも考えさせる内容でした。考えさせるんですが・・・

フーダニット、犯人当ての作品として素晴らしい出来でした。犯人までの道筋は論理的なものでしたから。動機面は正直捜査の補助、ある時には煙幕、ミスリード用に使われていましたね。あ、もちろん犯人に動機がないわけではないですよ?むしろ結構な動機が存在していますし、それらの描写はただのミスリードという訳でもない。ここがまた面白いところですね。

以上のことから本作は密室と謳っていますがどちらかというと犯人当てに比重を置いた作品だと思います。先生も密室トリックはどこかしら読者が経験したことのあるものに落ち着いているはずとおっしゃってますし。ただ先生がクイーン風な犯人探しに密室の要素を足したものと定義しているように、犯人当てとしては素晴らしい出来です。まさにフーダニットのお手本といったところでしょうか。

作品中に地上の推理小説と天上の推理小説という単語が出てきます。今までの作品はあくまで地上の推理小説。だが本当の推理小説は未だ書かれたことがない、誰も観たことがない。そんな小説を天上の推理小説と定義しています。

そして先生は文庫版の付記でこんなこともいっています。密室小説の終わりと銘打たれるものは数多く存在するが未だに実際に終わりにできた作品はない。いつか密室の息の根を止める作品を目指していきたいと語っています。

私はまだ、先生の作品はこれ1作しか読めていません。ですが、こんなことを言われたら次も読むしかないじゃないですか。先生が最後の密室、そして天上の推理小説に辿りつけたかどうか、もしくは今後の作品で辿りつくのだろうか、そしてそれはどんな形の小説なのだろうか。そんな先生の作品に出会えるまでは、私は先生の作品を読み続けていきたいと、そう思いました。

新本格を代表し、遥かな道の先、そして推理小説の到着点の存在を確かに感じられ、そのスタートとなる本作品、是非読んでみてはいかがでしょうか。

そうそう、私が読んだのは新装版ですが、新旧どちらの解説も記載されていてその両方を綾辻先生が行っています。二人の仲に何かいいなあと感じれるそんな名解説ですので購入された方は是非最後まで読んでみてください。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【46番目の密室】

本当は駄文で叙述トリックについて個人的な意見を書く予定だったのですが、思いのほかこっちが早く読めてしまったので先にこっちの感想を書いちゃいます。大体私が早く読めたといっ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR