【第109局】辻垣内智葉についてのあれこれ【屈指】

今回の記事は少しだけ咲-Saki-第109局に触れます。まだ読んでないよーという方はページを閉じることを推奨します。

とりあえず間違えて来てしまった人用に尺稼ぎ。ここは俺に任せて早く右上の×ボタンを押すんだっ!……もちろんだけど読んでくれる人は残ってくださいね?誰も読んでくれなかったら人知れず泣いてしまいますよ?

まずは、コメントありがとうございますー。千里山は言うことないですね。かなり完成されたオーダーだと思います。

次鋒戦は菫さんに対する対策は癖を見抜かないと厳しいですし、美子ちゃんはスタイル変えてしまったしで船Qの分析が力を発揮出来なかったですね。しかも、阿知賀編は宥姉に神の加護がついてる感じでしたし。

いや、普通に恐ろしい能力ですけどね、宥姉。

可愛すぎる容姿、小動物のようなか弱さで油断させつつえげつない麻雀を打ちますね。赤い牌を集めて、しかも情報をしっかり使いこなし、場況に対応する。卓上で美しく舞うその姿は、まさに阿知賀のエース。

さてさて、第109局ですよ。正直感想記事は一杯あがるでしょうし私がやらなくてもいいかなって思うので今回は智葉さんの考察をば。

そういえば優希ちゃんが恐ろしいことをやってましたけど、あれは私の雀力では解説無理です。どうしてそこを1点で止められたのか。

描写が少ないのもあるんですがおそらく智葉の河だと思われるものを観てもあの1点読みは厳しい気がします。というか、あの仕掛けならもう河みないで全ツですもん、私なら。

多分、視点移動やら癖やら理牌動作やらでマンズ下がやばいと察したのでしょう。これはみっぽの打ち筋。彼女の中で長野の仲間達が生きてる。そんな感じの描写でした・・・ということにしておきましょう。

さて、辻垣内智葉に関しては私こんな予言をしているのです。咲×ポケモンというお題をやったこの記事の最初をご覧ください。

どやあ。今のところなんとなく当たりっぽくないですかこれ。対応型の打ち手っぽいですし。まあ、予想が大雑把やからあれやけど。

今回は一発消しの鳴きから待ち変えしての現物捉えと優希ちゃんの3鳴きに対して面前で追いつき(もしくは先にテンパイし)優希ちゃんを降ろすという2つのことをしていますねー。

ここからさらに詳しく辻垣内智葉という怪物がどんな打ち手なのかを想像していってみるのよー。あくまで予想と妄想だけどね。

○神の加護うんぬんの話

さて、彼女ですがかなり運は強いです。普通に東場の優希ちゃんについていってますもの、テンパイ速度で。これ結構異常なことです。

なぜなら東場の片岡優希はいい時は大体4~5巡目には和了りを拾っている子だから。正直速度重視にしなくたって十分速いんです。

でも、最高速度ではないにしろその優希ちゃん相手に普通にテンパイ速度同じくらいなんだから。もちろん山読みとかの力もあるんでしょうが牌に愛されているのではないかなと思います。

これは枕神怜ちゃんパターンなのではないでしょうか。周り留学生ばかりという環境が今の彼女を作ったのではないかなと。牌に愛された子に囲まれていたから彼女も牌に愛され始めたのではないかなと。

最初は彼女達の運量に圧倒された。でも、いつしか自分もその領域に入っていた。それが、臨海女子のエースの誕生秘話なのでは?

○対応能力も後天性?

さて、留学生はもちろん学校の偉い人が選抜しているのでもちろん前述したように牌に愛されている子、牌に選ばれた子ばかりなのでしょう。おそらく凡人であったはずの智葉さんは運量では太刀打ちできなかったはず。

でも、2年生の段階で個人戦3位になっているのです。全国区の魑魅魍魎を相手にして。もちろん色んな子がいるんですよ。神様降ろしてくる子とか、急に冷たくなるあの人とか、ずっと第一線で活躍している組とか。

思うんですよ。道筋理論的に言えば個人戦は「作る」だけでは勝てないんだと。様々な相手がいるので相性の問題として。

団体戦なら相性が悪くても他がカバーしてくれます。でも、個人戦だと一度のラスが命取りになってしまう麻雀です。対策がとれてしまう能力はそこまで強くないのです……多分。

だから当然汎用性の高い子が勝ち残るんですよね。で、照魔鏡とかいうチート業を持った対応力、和了率両方とも兼ね備えた宮永照が王座に君臨しているという訳ですよ。しろみーとか怜ちゃんも強いんじゃないかな?

タイプ的には「選ぶ」能力持ちの方が有利そうです。ただ、もちろん上位の効果を持つ子じゃないと勝てませんけど。

そういう意味で長野1位が福路美穂子なのは納得がいきますね。

ということは個人で3位に残ってる辻垣内智葉は対応型だと考えることが出来ますよね。それは、今現在ある牌譜だけでも予想できます。

これはインハイや地区予選の前にもこういう状況に慣れていたからだと考えられます。部内でも様々な牌に愛された子、異常な能力者相手にしのぎを削ってきた。だからこそ、能力に慣れているのでは?

半荘を打つ回数はどの高校に入ってもそんなに変わらないでしょう。しかし、特定ではない様々な能力者相手に経験を積む環境が一番整っているのは間違いなく臨海女子でしょう。

そんな環境が、彼女に無限の対応を与えた。彼女にしかない力として。

もともとが普通の子だったからこそ相手に合わせた打ち回しに特化しているのではないでしょうか。自分から何かを創り出すことは出来ないけど、相手に合わせて卓上に理想を描き出す。そんな感じなのかなって。

そして、対応し続けた結果自身もひとつ上の領域へと足を踏み入れたのです。だから、運の総量も人より優れているのでしょう。

臨海女子という特殊な環境が生み出した後天性の怪物。それが臨海女子のエース、辻垣内智葉なのではないでしょうか?

といった感じで今回は締めです。少し短めですけど。

次回回想が入ってこれが当たったら調子に乗ってまた違う予想もしてみるかもしれません。そのときもまたお付き合い頂けたら幸いです。

ではでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タコスは読むようなキャラに見えないのであれは直感だと思ってました

No title

ポケモンでもそうですけど、ブラックカードぐらいの強い人は運も凄いですよね。急所にバンバン当ててきますからねえ。

確かにこの人は自ら力を磨いてきた選手だと私も思います。浮かんだのは末原さんのいう凡人(あくまで天性の能力のないという意味)の最高の形かもしれません。

本人は牌に愛された子というわけではないように見えますが、あの風格、家柄はなにか凄そうな気がするんですよね…バックに何か大きなものを控えてそうな…
とにかく強心臓そうですから頼もしいです(ちょっと恐怖)

プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR