スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【道筋理論】淡く煌く星と円環の罠

私の中の中二はたまに顔を出したくなるようです。

はい、というわけで今回は大星淡ちゃんの能力検討をやっていきたいと思いますよー。とはいえ、前々回のしず考察と同じくどういう能力でどんな効力で・・・みたいな話はしません。あくまで、うちのブログらしく。

道筋理論番外編のその2ですっ!(どんっ!!!

その前にまずはコメントありがとうございます。確かにいちゃいちゃし過ぎですね。お仕事に私情を持ちこまないように注意しておきましょう。

ちなみに管理人は割と強運な気がします。役満かなりの回数出してますし。普通の人より打ってる母数が全然違うから数的には参考にならないかもですけど、同じくらい打ってるリア友より全然和了ってる気がします。

天和と四槓子と緑一色と清老頭以外の役満は多分全部和了ってことあった気がします。ちなみに周りで和了りがでたことがあるので四槓子以外は多分全部みたことがあります。

曰く「四暗刻の人」(とある雀荘で1カ月に5回ほど出しました)とか「当大介」(ノーマーク爆牌党で役満連発するど素人)とかとか。

ちなみに目指している打ち手は『打姫おバカミーコ』の丘葉ミーコです。天運と実力を兼ね備えた基本に忠実だけど意外性のある一撃の出せる打ち手になりたいですね。なお、現在ネト麻は絶不調の模様。

○大星淡の作中能力整理

では、本題です。大星淡の能力はこんな感じですね。

①相手の配牌を5,6シャンテンにする。

②その気になるとダブリーを掛けられ、暗槓後に出和了り(ツモ和了出来るかは微妙なところ。ラストはツモずれとしずの力の影響な気がしますし)で裏4の跳ね満を和了り切ることが出来る。

前にも言いましたけどこの能力は異常です。対抗策がないキャラクターはなすすべもなくやられるしかないとかいうチート業。詳しくはこの記事とかこの記事を観てくれれば嬉しいです。19話ネタばれ注意ですけど。

一応、照姉が言ってた攻略できる10人くらいを考えてみると……

配牌支配を受けず早和了り出来るタイプであるたかみーと姫子、配牌支配を受けても関係なく和了れるタイプである照姉あたりはいけるかな?たかみーはスロットは稼げそうだけど役満一発だと点数足りないかもだけど。

さらに和了り確定系の能力を持っている子は可能性あり。亦野さん、友引姉帯さんの二人は普通の手の進行を無視して鳴けるのでチャンスあり。咲ちゃんも相性はいい方。優希ちゃんは東場での支配力次第かな。

あわあわの能力自体に干渉出来る子も多分攻略可能。具体的に言うと冷やしとーかとしず、そしてダブリー配牌を入れさせないことが出来るかもしれないころたんのイーシャン支配もワンチャンですかね。

ちなみに、塞ちゃんは私の考えではこの能力を塞げません。理由は彼女は山に干渉出来る訳ではないので配牌はイジれないからですね。

あと、「選ぶ」能力でも汎用性の高い怜ちゃん、しろみー、枕神怜ちゃん持ちりゅーかに個人的には作中最強候補のみっぽあたりも一度止めるということは出来るかもしれません。あくまで数回に1回ですが。

ただ、前も言いましたがこの能力の強さは圧倒的な火力よりも手数なので一度、もしくは数回止められるだけだとあまり意味ないです。

完封できなければ勝てるとは言えないので一人で攻略出来るのは照姉、冷やしとーかくらいじゃないかなと思います。他家と連携出来るキャラなら普通にいい勝負出来そうではありますけどね。

○大星淡の「作る」能力

当たり前ですが、もちろん「作る」能力です。これで説明可能です。

①暗刻があってダブリーの配牌を自分に(おそらく手役の複合も可能なのでは?)、5,6シャンテンの配牌を他家にいくように道筋を作る。

②おそらく、他家さんが普通に打った場合にはテンパイすること、鳴くことが出来ないような道筋を作っていると考えられる。

③角にくると暗槓が出来る牌をツモる、そして他家に当たり牌を掴ませる。このときの他家さんはその当たり牌を高い確率で出してしまうような場況、手牌構成になるような道筋を作っている。

何故②があると考えられるかというと、普通の和了筋を「作る」能力は和了牌が数枚あるのでもし本筋からずれても修正が可能なように道筋を何個かいれることが出来るんですが(詳しくは前々回のしず記事を参照)あわあわの場合それは出来ません。何故かというと……

暗槓をするための牌は1枚しかないからです。つまり、この牌を引けないとこの能力は使えません。ここだけは絶対にツモれないといけないので確実にツモるために②が必要になります。

逆に言えば、この牌をツモらせなければ能力を空振らせることが出来るので卓に怜ちゃんがいて、なおかつ空気を読んで手を崩してでも鳴かせてくれるゆみちん、みっぽ、しろみーみたいな子がいると完封可能です。

と、少し話が脱線しましたが①、②、③に関しては「作る」能力の範疇で再現可能なので彼女の能力を道筋理論で説明することは可能です。

槓っ!





……円環の罠は?

亦野さん畜生

そうだね。この能力だけならわざわざ記事にする必要なかったんですよ、うん。だってそこまで特別なメカニズムじゃないですもんこの能力。

というわけで、事実上今回の記事のメインの話に入ります。

亦野さんが行った道筋理論的には最悪の行い、亦野さんの畜生行為(メガキラーンッ ・・・についてやっていきたいと思います。先に言っておくと玄ちゃんとか塞ちゃんやったときくらい理論構成は無茶苦茶です(笑)

○亦野さんの華麗な戦術

誠子「亦野誠子の簡単で(可愛すぎる泣き顔を拝めるので)おいしい、大星淡3分クッキング~」タララッタ、タタタン、タララッタ、タタタン♪

誠子「やり方は簡単。単純明快誰でも出来ますっ!まずは可愛い可愛い卓上では恐ろしい大星淡を卓につかせます。まな板の上の鯉ですね」

誠子「大星が能力発動。山が積まれます。その後王牌を分けたら、山を繋げて円状にします。するとあら不思議。大星は和了れませんっ!」

誠子「これだけで、簡単に可愛い大星を観ることが出来ますっ!」

誠子「ポイントは角をなくすこと。注意点は終わった後大星は涙目になってると思うのでちゃんとフォローすることですねー」

誠子「私はお菓子をプレゼントしてあげました。その時の大星といったらもう目を輝かせてはしゃいでて。天使ってこの世にいるんだなぁって」

誠子「そういえば宮永先輩が物欲しそうにこっちをみてましたけどなんだったんでしょうかね?可愛い大星に見惚れてたのかな?」

誠子「以上、亦野誠子の3分クッキングでした。ではでは」

亦野ァ、てめえなんてことしてくれたんだァ!!!

仲睦まじい先輩と後輩のやりとりはええよ。むしろにやにやするよ。ほっこりするよ。咲-Saki-ってすばらだなあって思うよ。

でも、それでも君はとんでもないことをしでかしてしまったんだよっ!

はい、この行為の何が問題なのかというと……

「牌山は絶対に動かない、ツモ牌が変わることはあり得ない」が前提条件の道筋理論。ツモ牌を繋げて円状にしてもツモ筋は同じはずなんです。じゃあ、それであわあわが和了れなくなるのはおかしいんだよっ!

道筋理論は脆くも崩れ去ってしまった、亦野誠子の手で。

槓っ!

1345731727788s.jpg

ということにさせるわけにはいかないので、なんとかかんとか考えてみるってばよ!え、茶番繰り返すな?すみません反省します^^;

ただ、あわあわの配牌は必ずダブリー手牌になっているはず。で、能力使ってるんだから当然ダブリー。ということは玄ちゃんや塞ちゃんのときに使った、相手に意識させずに誘導する方法は使えません。

これ、伝家の宝刀だったりするんですが。

あわあわはいつでも槓が出来て、いつでもツモ和了りできる状況。で、ツモ筋は動かない。それなのに、何故あわあわは和了れなかった?

仮説① 対戦相手が大星淡の能力を熟知している3人だった上にツモ和了り系能力を持つ亦野さんが同卓という状況だったから。

この能力は前述した通り、暗槓出来るツモ筋さえ逸らしてしまえば高い確率で完封できます。だから残り二人は手を崩して亦野さんに鳴かせる、で、亦野さんがあわあわの前に和了ってしまう。

これならいけます。いけますけど、じゃあなんのために円状にするの?

というわけでこれは保留で。半荘に勝つことではなく、あわあわの能力を使わせないだけならこういう選択肢もあるんですが実戦では使えません。だって、勝つために能力を抑えたいのに誰かに勝たせるとか本末転倒。

仮説② あわあわの能力説明のときに書いた手順①、②、③のうちどれかが使えなくなってしまうから。①を崩すことは出来ないので……

ということは手順②、③を崩すんでしょう。角がなくなることで影響があるのは照姉や咲さんでもなく、あわあわではなく、他家の3人であるという仮説です。といってもツモ筋自体は動かせないので……

他家の無意識に影響を与えます。……結局このパターンに頼ることに。とはいえ前述しましたがあわあわの打牌によって他家を誘導することは不可能なので角がなくなったことによって出る影響について考えます。

まず、巡目の意識が少し希薄になります。とはいえ、河があるからそこまでの影響はありませんけど。そして、あわあわの能力発動タイミングが分からなくなります。最後の角の位置が分からなくなるので。

でね、ここであわあわの能力についてもう少し踏み込むんですけど、彼女の能力が角に関係しているのは暗槓のタイミングと和了りのタイミングだけなんでしょうか?というわけでさらに仮説です。

仮説②-2 あわあわの能力は各角ごとになんらかのアクションをするように他家を促すような道筋を作っている。こういう仮定をします。

リア麻を思い浮かべて欲しいんですけど、自山って前に出しませんか?相手が取りやすいように前に出しますよね、山が積まれたときに。

で、巡目が進んで自山が少なくなってきたときにまた少し前に動かす。この動作を考慮に入れて道筋を作っているんじゃないでしょうか?

つまり、山に触る=若干間があいたり、河から目が離れたり、逆にしっかり前の打牌を確認出来たり。それによって微妙に判断に影響を与えて鳴いたり、鳴くのを見送ったりさせているのでは?

相手が山を動かすタイミングで印象的な打牌が出るような道筋になっているみたいな?それである程度誘導している?

これなら一応牌を繋げてしまったらこの影響が0になるのでツモ筋が能力発動できるようにずれずに、もしくはずれて、和了れない。かなーり弱い考察だけど一応可能性がない訳ではないんじゃない?

とか考えてみたんですけどあの子たち牌山前に出してないんだよね、アニメだと。一応漫画だと牌山を前に出している子はいるんですけど。煌ちゃんとかはとりやすいように普通に前に出してます。

じゃあどうするのさ。ってことになるんですが今の考え方でゴリ押そうかなと思います。角があることで起こり得る他家がやる何かがあわあわの能力、もとい「作る」道筋には必須なんじゃないかと。

だから、その他家がやる何かを見極めるために最初からダブリー能力を使うことが出来ないのではないでしょうか?

大将戦序盤は能力をあえて使わず様子見していたのではなく、能力をしっかり使うために様子見をしていたのではないでしょうか?

で、あわあわと同じく様子見?をしていたしずに間隙を突かれたので能力が上手く発動し切らなかった?もちろんしずの能力もありますけど。

もちろん試合前に対戦相手は観察するので実際は最初から使えるけど、実際に打ってみて確認してたという感じで考えてみたり。

という感じで今回は締めさせてください。他家がやる何かは今のところ分かりません。ただ、まだ観察のチャンスはあります。……本編で。

いつになるかは分かりませんが、そのときまで暫定でこの曖昧な答えで道筋理論を延命させて頂きたいかなと思います。

うーん、自分でも私が何を言いたかったのかがよく分からない文章になってしまいましたが、ここまでお付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

道筋理論的解釈はそうするしかないなって感じでツッコミや気になった部分は現状ないのですが、この前某匿名掲示板にて能力を破れる10人の定義についてちょっとした議論がありました。
怜ちゃんの能力の解釈に関わることで、要するに未来に来る牌を見て和了出来るなら、一般人も運が良ければ淡いから「普通に」和了する場面があっても良いのではないかということです。

リザベーションのような能力支配を能力支配で破ることを言いたかったのかもしれませんが、能力がどこまで何を支配するのかというのは作中で必ずしも明示されるわけではないので、色々気になるところです。

No title

淡ちゃんのダブリーには姉帯さんの先負が天敵かなーっと。
配牌が6向聴でも鳴かずに6巡で聴牌して追っかけれるので
淡の最終コーナー突入前に捕らえられる!とかとか。

No title

円形にする際に、(淡が少々頭が弱そうなのもあって)カン材がある位置を忘れ、引き当てられないとかとも考えたんですけど、
元々淡はリーチをかける以上自力では調整出来ないんですよね・・・

また、初めカンに使うための暗刻が複数あれば多少ずれてもいい・・・とも思いましたが、淡いの和了った牌の状態を見ると、カンした4枚以外は必ず順子・・・カン材は一つという・・・この辺も能力の制限があるのでしょうかね・・・?


あえて仮説を立てるなら、淡の和了り牌に関してのみ「作る」に加え、相手に「選ばせる」能力なのかも、と考えてみます。

そのトリガーは「カド」を見ることで、相手にとって危険牌を無警戒に「捨てさせる」ために、それまでの捨て方も「誘導していた」とします。モモのように気付かせない感じ?
(配牌が悪ければ、最初のあたり何を捨てるかもある程度自由に見えていて、実は危険牌がその人にとって捨てたほうが当然といえる状況を作っている?)

それがカドがなくなり、(淡が頭が弱いのもあってか)トリガーのカドを見失い、誘導する能力が薄れ、危険牌がその人にとっての必要な牌になっていて、自然と捨てない状況になった=和了できないのでは・・・

という、無理やりな解釈になってしまいましたね。

円形になったとたん、牌がリセットされました!・・・なら全て楽なんですけどねえ・・・
(ややこしくて上手く伝えられていないかも・・・なんもかんも亦野さんが余計なことしたのが悪い)

No title

さすがに苦しすぎる これはアカン
もう道筋理論を諦めてもええんやで
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。