N(なんでや)×H(姫松)×K(関係ないやろっ!)

いや、姫松メインだよ?関係大ありだよ?

さて、まずはともきー誕生日おめでとう。本当は誕生日中に記事あげるつもりだったんですがやきうが面白過ぎて間に合わへんかったよ。

濡れたスポンジでは絶対観られないであろう空前絶後の花火大会。ともきーへの祝砲?侍ジャパンは咲ファンの鑑やでぇ。

さてはて、コメントありがとうございます。そうですね、永水女子は去年から出てきたチームですしダークホースポジションですね。ムラッけがある子が多いので。そういう意味でも大将霞さんは助かりますね。

はっちゃんも適性は中堅だと私も思います。ただ、姫様を先鋒に置くのであれば消去法で副将になるのかなって感じですかね。次鋒には置けないですしはるるは次鋒、副将だと若干もったいないですし。

うん万点でも逆転するっていってたのに・・・(ボソッ

あとこの記事はみておられないでしょうが過去の読書感想にコメくれた方もありがとうございました。読書感想にコメ来たの初めてで感動しました。そのうち読書感想もあげますのでまた観てくだされば幸いです。

さて本題に入っていこかー。今回もまたオーダー検討シリーズやでー。この記事で扱うんは方言は女の子の可愛さを3割増しさせる理論賛同者の管理人的には絶対外せないチーム、南大阪代表・姫松高校やでー。

去年から永水女子が出てきた影響でシード漏れしたものの全国五指に入る麻雀名門校。実力者揃いながら、普通の麻雀で求められる強さではなく団体戦で求められる強さに特化している印象ですね。

特に漫ちゃんの起用とか。他の高校なら高いラス率の選手がレギュラーになることはないんですが安定よりも爆発力を取りに、そして不発だったときにきちんとカバーできるようなオーダーになってます。

では早速みていってみるのよー。

○先鋒 上重漫

この子に関しては微妙に検討したことがあるのでこの記事をみてくれると嬉しいな嬉しいなっ!ラス率高いけどトップ取る時めちゃ点棒稼ぐから収支がプラスになるとかいう実は化け物的な打ち手だったり。

実際この子の先鋒起用は永水の姫様起用と同じ理由だと思うんですよね。爆発力がある。ただしかなりのランダム要素。ね?似てるでしょ?

適性は姫様と同じく先鋒、次鋒、中堅ですね。ただし姫様は先鋒中堅寄りの選手でしたが、漫ちゃんは次鋒がベストな気がします。鶴賀のかおりんと同じ理由ですね。なにせラス率が高いのだから。

ただ、姫様と違って絶対に前に置かなければならないという訳でもないです。漫ちゃんはしっかり状況をみながら打ってますし。漫ちゃん自体は対応型だけど無意識の能力が火力型って感じなので。

○次鋒 真瀬由子

続いてはゆーこちゃんなのよー。のよーちゃんで覚えてて本名知らなかった人とかいたんでない?めちゃくちゃ可愛いのに例によって清澄の緑の悪魔の被害者になってしまった可哀そうな子です。

打ち筋……わかるかぁ!!!この子がやったのって「ドラたくさんなのよー」だけじゃねーかっ!!!許すまじワカメ……許すまじ……

なお管理人はまこちゃんは強いと思っております。打ち筋も好きです。だから闘牌描写をちゃんと描いて(懇願)絶対面白くなるはずやから。

ただ+なんですよね収支。2半荘やって+6200。2位3位辺りで無難にまとめたという感じですかね。次鋒にいることも考慮にいれて、エイちゃん対策も持ってたとこをみると対応型なのかな?

漫ちゃんがランダム要素強めだから安定志向の子を入れてるのかな?

って考えたら適性は多分次鋒副将あたりなんじゃないかな?

ごめん、本当に描写がないから何も言えない。

○中堅 愛宕洋榎

姫松女子は伝統的に中堅にエースを置く。中堅が大物手の打ち合いになるからエースクラス大勢いるでーって話はしましたがガチガチのエースをここに置いてる高校は珍しいですね。

で、姫松のエースと言えばもちろんこの人。美人姉妹のお姉ちゃん、愛宕一族特有のたれ目、可愛い、でも強いんです愛宕洋榎ちゃんです。

お姉ちゃんの打ち筋はリアルで強い人という感じ。デジタル打ちってこういう子のことをいうんやで、のどっち。

ただ、当たり牌回避とかには嗅覚?経験則?を使ってるみたいなので過程はデジタルではないですね。結果的にデジタルな打ち筋になってますが。

愛宕のお姉ちゃんは押し引きの判断が抜群に上手い。そして打牌に迷いがない。凄い能力とかを使ってるわけでない。でも普通に強い子ですね。

適性は先鋒、中堅辺りになりますがこの子の打ち筋的には大将以外ならどこでも働けますし、大将でも問題なく仕事してくれると思います。

せやろーさすがやろー。

○副将 愛宕絹恵

偉大なお姉ちゃんに追いつくために一般で名門校に入りレギュラーを掴んだ妹。眼鏡が似合うお洒落さん。愛宕絹恵ちゃんです。絹たそー。

ちなみに管理人が姫松で一番好きな子です。ちょーかわいいよー。エトペン蹴ってからの「そういう問題やないんです」で惚れました。

打ち筋は名将・末原先輩の言いつけどおりに打ち回す対応型ですね。ただ、愛宕の血族だからか手も普通に入ります。和了りのときの嬉しそうな顔や親流れてもーたとかの反応がいちいち可愛い。

お姉ちゃんとは違い良くも悪くもかなり他家の情報に左右される子なので情報を捌き切れずに混乱してしまうことも。その辺がお姉ちゃんとの差なのかな?でも磨けばもっと強くなれる子だと思います。

適性は副将、大将。相手をみて対応出来、なおかつしっかり和了れる子なので大将が一番向いてるかな。来年はおそらくクローザ―でしょう。

○大将 末原恭子

「だからこそ強い。それが恭子や」

愛宕のお姉ちゃんが認める姫松の参謀にして大将。ブレイン役を担っていることから完全に分析・対応型の打ち手ですね。

全国2回戦大将戦でも3人の能力者に囲まれ、追い詰められながらも考えることを止めずに、諦めずに前に進もうとしていました。そしてしっかり場況を読み、最善を尽くしていました。

確かに点棒は失っています。確かに何回も振り込んでいるし、愛宕のお姉ちゃんの貯金はほぼ使い切ってしまいました。

でも、そこで立ち止まらない。精神的に追い込まれても前を向き突破口を探し続ける。勝ちを目指す。性格的にも大将向きだと思いますね。

適性はもちろん大将、副将もありです。こういう状況把握能力に長けている子はやはり後ろにいた方がいいでしょう。

○総評

このチームの肝は漫ちゃんです。確かにランダム要素が強い子ですが、このオーダーは先行逃げ切りを想定して作られているものだと思います。

というか大きく稼げる子が愛宕のお姉ちゃんだけなので漫ちゃんで稼がないと対応型の他3人が全く生きてきません。

火力が足りないからこそ漫ちゃんというギャンブル要素をオーダーに入れる。それでいて失敗した時もきっちりカバーできるようなオーダー。

私が組んでもおそらくこのオーダーがベストだと判断すると思います。もう一人火力型がいるなら漫ちゃんを次鋒に持ってこれるんですが、火力型が足りない上にかわしタイプは末原先輩しかいません。ゆーこちゃん絹ちゃんはおそらく対応型でもかわし手を作るタイプじゃなさそうですし。

となると漫ちゃんを次鋒にすると先鋒か中堅のどちらかを対応タイプの3人にやらせることになってしまいます。それは少し厳しいかなって。

あえて変えるなら末原先輩、漫ちゃん、お姉ちゃん、ゆーこちゃん、絹ちゃんですかね?ただ、これだと先鋒の末原先輩がもったいないです。

かといって末原先輩とお姉ちゃんを入れ替えると漫ちゃんが不発だったときのカバーが出来なくなります、うーんこの。

やっぱり元のオーダーが一番ですかね。いくのんか末原先輩かどっちが組んだかは分かりませんがさすがと言わざるをえないですね。

だからこそ、漫ちゃんがこのチームの鍵になるのです。頑張って強くなるんや。このチームは漫ちゃん次第でどうとでもなるチームなんや。

って感じですかね。次回は未定です。でも期待しないで待っていてくださるととても嬉しいです。ではではなのよー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

姫松はどうしても千里山と比べられますよねえ。愛宕姉と同等クラスが怜、セーラといて、竜華も漫と同じタイプ、フナQは優秀な参謀(末原さんと絹恵ちゃんの間くらい?)と、完全に上位とも言われるかもしれません。

姫松の強さは次鋒、中堅なんでしょうね。意外と千里山との明確な違いは由子(のよー)ちゃんではないでしょうか。次鋒がうまいとかなり有利なのは宥姉や新道寺の美子ちゃんを見ていて思います。描写がないのはキンク(ry
あとは愛宕姉、おそらくエースでありながら、「エースに勝てるエース」だと思います。稼ぐことに特化しているセーラや哩部長とはまた違い、相手を削りながら自分もプラスに持っていくタイプですかね。2回戦では自分以外全員マイナスにしたのはお見事でした。一人で怜、セーラ二人の役割を担っているともいえます。
3年2人が真ん中に位置するのはとてもうまい配置だと思います。
漫ちゃんが爆発さえすれば優勝候補になりうるチーム、準決勝、ガイトさんなどがいる中、大丈夫でしょうか・・・?

No title

やっぱり洋榎がナンバーワン!
や!
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR