ロン!ロン!ロン!

はみ出した気持ち~繋がらなくて~♪

煌「名曲が台無しですばらくないですね。それにまた分かりにくいタイトルを付けているのもすばらくないです」

はい……ごめんなさい……生まれてきてごめんなさい……

煌「まさかのホロホロの実チョイス!?」スバラッ

煌「では、読者の皆様に一言お願いします」

まずは、コメントありがとうございます。決勝戦では、今から始まる本編準決勝も、卓上の戦いだけでなく参謀、智将の戦いにも注目ですね。

さて、本ブログのタイトルなんですが確かに分かりにくいです。というわけで一応現在あるちょーゆるーいタイトルの決め事を少しばかり。

○原作中の台詞がタイトルになっているパターン

これはその台詞のキャラの能力考察か、そのキャラが出ている試合の牌譜検討記事になります。検討記事全てがこれという訳ではありませんが。

○ × × みたいなハンター的あれなパターン

現在進行中のオーダー検討シリーズはこのタイトルで統一しています。

○SS風タイトルパターン

主に麻雀漫画シリーズのタイトルになります。ただ、滅多にないですが本当にSSだったり単発ネタで咲キャラ出演パターンの時もあります。

○その場のノリで決めた適当パターン

今回みたいな単発ネタや台詞が思いつかない、もしくは複数キャラを扱うから台詞にすべきではない検討記事はこういう感じになります。

煌「なるほど。一応少しは考えておられるんですね。すばら」

煌「最後に今日の意気込みをどうぞ」

やるからには勝ちにいきます。頑張るので応援よろしくです。

煌「以上、試合前のみちくさぼーや選手でした。解説席にお返しします」

・・・・・・

恒子「はい、煌ちゃんありがとう」

健夜「試合に関係あるコメントが最後だけだったんですがよかったのでしょうか?コメ返しは大事だとは思いますが」

恒子「出た!小鍛治プロの辛口解説!」

健夜「えっ、いや、そんな苦言を呈したつもりはなかったんだけど」

恒子「それにしても最近このブログよく私たちを呼びますねー」

健夜「そうだね。喜ばしいことだね」

恒子「……実際もっと大手のブログさんに呼ばれたいよね」

健夜「……確かに」

恒子「なんて本音トークを交えつつ始めていっちゃいましょうかっ」

健夜「いかない手はないよね」

恒子「咲ブロガー達の熱き戦いが今、始まる。『書け麻』実況in迷子の坊やのみちくさ日記ぃ―――!!!!!」

恒子「実況はふくよかじゃない福与恒子。解説は」

健夜「すこやかじゃない小鍛治健夜」

恒子「で、お送りしますー」

恒子「さらに今回はゲスト解説としてデジタル派代表・清澄高校1年原村和さんとオカルト派代表・宮守女子高校3年の小瀬川白望さんに来ていただいております。お二方とも、よろしくお願いします」

和・白望「よろしくお願いします」

恒子「お二人は今咲-Saki-まとめアンテナさんで開催されているクールビューティー決定戦にも出場されているんですよね」

和「はい一応は。でも私なんかより咲s、同じチームの宮永さんの方がクールビューティーだと思いますね」

健夜「え?少し意外ですね。宮永咲選手はビューティーというよりプリティって感じだと思うんだけど」

和「確かに咲さんは可愛いです。ですがそこにかっこよさを併せ持った素晴らしい人なんです。こないだの練習中も」

恒子「ストップー。小瀬川さんは何かありますか?」

白望「……だるい」

恒子「えー大丈夫なのこの二人で」

白望(実際私よりもこの子の方がクールビューティーだと思うけどなぁ。ただ二次創作とかでクールとはかけ離れたキャラ付けをされているから若干不利なのかな?かっこいいよりも可愛いのが合ってるし)

和(咲さんは別格としても小瀬川さんをはじめ先輩方は皆クールビューティーな一面を持ってますからね。実際上位にいるのは皆3年生ですし)

健夜「こ、ここは実況解説を行う場だから言葉にしてね二人とも」

恒子「そんなこんなで始まったみたいです!気になる配牌は?」

書け麻ネタ1

和「ドラ1mが浮いているスーシャンテンですか。正直微妙ですね」

健夜「西家スタートなので降りもみつつ打つんじゃないでしょうか?」

白望「普段のみちくさk……管理人なら字牌残しつつなんだけど、4sツモで白からいきましたね。この手は意外と闘う気があるのかな?」

書け麻ネタ2

恒子「上家さんが3鳴きぃ――!!!しかし管理人も追いついたぁ―――!!!二人とも5p待ち!しかし当たり牌はもう山にはないっ!」

健夜「これは管理人有利ですね」

和「上家さんはマンズ字牌引いてきたら5pで振り込みですよ」

白望「対面も5pはやや浮きだね」

恒子「リーチはしませんか?」

健夜「河の8p2枚から5pは山になさそうくらいには思ってるかもですね。ただ、掛けても上家さんから拾えるかもしれません」

恒子「ここで上家さんが最高にみえて最悪の5m引き!これは振り込む……ツモ切りぃ――――!!!なんと管理人の当たり牌を止めました」

健夜「これは凄いですね。私でも止められるかどうか」

和「私は形で押してしまいますね」

白望「まだ、対面さんからがありますが嫌な感じですね、管理人的には」

書け麻ネタ3

恒子「2-5pに変化。しかしここもダマテン続行っ!」

健夜「下家さんがペンチャン外しなので……和了切りましたね」

恒子「先制打は管理人の面前タンヤオ!!!この和了はどうですか?」

和「2-5p変化で即リーしなかったのは疑問ですね。2pは河をみてもかなりよさげ。なら曲げてしまってもよかったと思います」

白望「普段の管理人なら即リーでしょうね。ただ、最近の管理人はネト麻絶不調なので少し臆病になっているのかもしれません」

健夜「先制打は1000点2000点だと物足りませんね。満貫とは言いませんが3900、5200程度には仕上げたかったところです」

書け麻ネタ4

恒子「東2局7順目。管理人またかなり手恰好がいいですね」

和「形的には上家さんからの2s8sを仕掛けてさらに好形に、もしくは8pポンで仮テンに取っておく方が良かったかもしれません」

白望「結果5sを持ってきているので手広いくっつきにはなったのかなぁ。多分面前リーチ狙いだったんだと思います」

書け麻ネタ5

恒子「ここまで面前で進めていた管理人ですがここで6sチーっ!この仕掛けはどうですかね、解説の皆さん?」

和「これはいいと思います。巡目的にテンパイを取っておくべきですし」

健夜「何より待ちが良くみえます。5s3枚使って、6s鳴きからのその跨ぎですからね。拾えるかもくらいには思ってるでしょうね」

恒子「しかし結局流局でした。4-7sは他家さんの手の中でした」

恒子「東3局1本場は上家さんの電光石火の3巡目リーチ、そしてツモォ―――――!!!管理人の親被りぃ――――――!!!!」

書け麻ネタ6

恒子「東4局。配牌からチートイ狙いでしたが捨て牌で対子被りが二つ。少し雲行きが怪しくなってきました―――!!!」

白望(みちくさ君が初手からチートイ決め打ちは案外珍しいのかな?ただ、配牌的に普通に進めても和了りはなさそうだったからなぁ)

和・健夜「えっ!?」

恒子「ど、どうしました、解説のお二人」

健夜「どうしてこの6pを残したんでしょう?ここから普通の手やトイトイ移行はかなり厳しいのに」

和「それにこの6pは後の危険牌になりかねません」

恒子「あっーと、このタイミングで対面リーチ!!!待ちは6,7、9p。9pだと三色がつく綺麗な手を作ってきましたぁ――――!!!!」

健夜「しかも8pは3枚切れのワンチャンス。9pが拾いやすい場ですね。それに管理人の手で6pが浮いてますからね」

和「管理人が9pを持ってきましたね。ですが、どうやら降りたようです。対子崩せば安牌は一杯ありますからね」

白望(あ、みちくさ君苦笑いを浮かべてるね。ミスに気付いたみたい)

恒子「南1局1本場は親の対面さんと上家さんのリーチ合戦。勝ったのは対面さんで7700の横移動でした。下家さんも管理人も降りでしたね」

恒子「そして勝負は南1局2本場に……おーっとここで管理人に好配牌が入るっ―――――!!!これは和了たいところです」

書け麻ネタ8

和「好配牌だけにここでどう打つか、和了切れるかがみものです」

書け麻ネタ9

健夜「ストレートにここまで育ちましたね。誰が打っても多分こうなってたでしょう。問題はこの手を曲げるかですが……ダマにしましたね」

和「高め三色のタンピンドラ1は平場なら即リーの方が私はお薦めです。今回も点差的にみて私ならノータイムでリーチです」

白望(うーん、まだ本調子になってないねみちくさ君。通常時なら絶対即リーしてたはず。なにせ高め三色ダマ安め3900は師匠その1の波溜さんが即リーっていってるからね)

恒子「上家さんから高め討ち取りぃ―――――!!!!8000点の和了りになりましたぁ――――――!!!!」

健夜「これでトップの対面さんと100点差。4者の競り合いから管理人と対面の一騎打ちになり始めたね。静かな下家さんも少し失点してしまった上家さんもまだチャンスがあるから頑張って欲しい」

恒子「南2局は流局。上家さんはテンパイで親権維持です―――!!!」

書け麻ネタ11

恒子「南2局1本場。ここで再び管理人に手が入る――――!!!!そしてここでついにリーチを掛けたぞォ―――――!!!!」

和「これは当然の即リーですね」

白望(これはおそらく自信のリーチだろうなぁ。ぱっとみても8pがおいし過ぎる待ち。ほぼ山生きだろうしね)

健夜「ピンズはかなりよさげでしたしこの待ちなら鉄板でしょう。ピンズを先に引いていたら2s打ってテンパイ崩しだったかもしれませんが」

恒子「結果は最高の赤5pツモォ―――――!!!この一撃で微差ながら管理人がトップに立ったぁ――――――!!!!」

健夜「裏が乗らないのが少し残念ですね」

恒子「南3局管理人の親番ですね。ここで上家さんがリーチぃ――――!!!」

書け麻ネタ13

恒子「管理人にもテンパイが入るっ――――!!!浮き牌はほぼ通る東。ですがノミ手。さあ、どうする管理人。リーチをぶつけるのかっ!」

和「私はいきますね。手牌にほぼ安牌がないのでぶつけてしまいます」

健夜「小瀬川さんはどうしますか?」

白望「……え?私?私はダマかなぁ。当たり牌引いたら手を崩しますね」

健夜「この押し引きは確かに迷いそうですね」

白望「ただ」

恒子「ただ?」

白望「みちくs……管理人はリーチでしょうね。この状況ならここに振ってもトップ目か僅差でオーラスになりますから」

白望「もちろん対面さんが来ないのであれば降りた方が有利だとは思いますが攻める理由、攻めて失敗した時の保険がある以上いくでしょう」

恒子「ツモりましたぁ――――!!!このリーチ合戦は管理人に軍配。1000オールの和了りになりましたぁ――――!!!」

健夜「本当に裏が乗らないのが残念ですね」

書け麻ネタ15

恒子「南3局1本場。どうやらマンズ染めを目指すm……おっと」

健夜「この2mを鳴いていきますか。發鳴けないと低い打点になってしまいますが、仕掛けとしてはいいかもしれないですね」

和「面前でのメンホンチートイもありますが鳴くのはまあありではないでしょうか。点数状況的には私なら仕掛けませんが」

白望(そういえば最新の近代麻雀に載ってた麒麟児の堀内さんの記事を熱心に読んでたなぁ。その影響っぽい仕掛け方だなぁ)

書け麻ネタ16


恒子「發、北も鳴いて3鳴きぃ―――!!!そしてあっという間の出和了りぃ――――!!!この鳴きはどうですか?」

和「2mから仕掛けた以上發は鉄ポンです。そして發を鳴いたなら北もポンしてテンパイ取りが普通でしょうね」

健夜「都合よくすぐみっつ鳴けたので下家さんのマンズ処理が間に合いませんでしたね。3鳴き後ずっとツモ切りだったのでテンパイが入っている確率は割と低いんですが運が良かったといった感じです」

白望(地味にテンパネする高めだったんだなぁ)

恒子「南3局2本場。上家さんの3巡目リーチっ!!!これに対して」

書け麻ネタ17

恒子「この9sを仕掛けて打・9mですか。これはどうなんでしょうか?」

和「上家さんの1打目の8mから9mが安牌だと思っているんでしょうね」

恒子「さらに4sを鳴いて5-8pテンパイ。おっと、危険牌もお構いなしに切っていきますね。これはどうなんでしょうか?」

健夜「3鳴きした以上全ツだとは思います。ですが、鳴かずに降りても問題なかったようにも思えます。ある程度振っても大丈夫という感じで攻めているのではないでしょうか?」

白望「……オカルトシステムNO.32『オーラス3万点のトップはGO、4万点はダウン、5万点はGO』ですね。オーラスではありませんがそういう心境でしょう」

和「それはオカルトではなくデジタルでは?」

白望「そうだね。これはみちくさk……管理人の師匠その2のデジタル打ちの梨積さんも認めていることだからね」

恒子「上家さんが最悪の赤5pを掴むっ――――!!!」

健夜「結果5800の和了りになりましたね」

恒子「南3局3本場。今度は下家さんのリーチっ!!!しかしこれにも全ツッパぁ―――!!!!そして下家さんから出和了りっ!2900です」

和「これは微妙ですね。上家さんは親番がないので振ってもいいですが、下家さんはラス親がある以上振り込む危険は避けておいた方がいいかと」

健夜「そうですね。下家さんは親権さえ続行出来ればいいので無理はしない方がいいと思います。少し調子に乗ってますね」

白望(うん、完全に調子に乗ってる。画面の前でニッコニコだもん)

恒子「そして決着っ―――!!!最後は下家さんが上家さんを飛ばして終了っ―――――!!!トップは管理人っ――――!!!」

書け麻ネタ21

恒子「今日の試合をご覧になっていかがでしたか、解説の皆さん」

健夜「まだまだ疑問が残る打牌もありましたがツキも味方して管理人が勝ったという感じですね。今日のところは素晴らしい闘牌だったのではないでしょうか?次回も期待したいですね」

和「無駄もありましたが良く打てていたんじゃないでしょうか」

白望「おめでとう」

白望(やっと終わったかぁ)

恒子「『書け麻』は咲ブロガーの方なら誰でもエントリー可能です。ブロガーの皆さま、是非是非参加してくださいね。それでは今日はこのへんで、さようなら―――――!!!!」

・・・・・・

はい、というわけで管理人です。運よく勝たせて頂きました。対戦してくださったブロガーの皆さまありがとうございました(ペッコリン

ちなみにちなみに対戦してくださったブロガーさんをご紹介です。

妄言郷

おもちゃのおもち

各ブログの感想書いてもよかったんですがそれはラス取った人の課題なので止めておきましょう。ラスの人は勝者3つのブログ紹介と出されたお題の記事をひとつ書くってルールやでー。

というわけで、今回その罰ゲームをするブログは……

すばらです!~咲-Saki-応援ブログ~様になります。頑張ってね(ニッコリ

私は運よく私がこの半荘で5連続和了りをしてたり、最近照姉について語ったので『連続和了』ってお題を出ささせて頂きました。採用されるかなぁ。うん、楽しみですっ!ワクワクしながら待ってましょう。

という感じでした。どうでしたかね?一応書け麻は参戦するたびにトップだろうが2位だろうが3位だろうがもちろん4位でも牌譜検討記事をあげようかなぁと思っています。一応……

実況アナ、解説プロ、ゲスト二人という感じでやっていくと思いますのでこの候補についても随時募集中なのよー。

もちろん、今回みたいに気合を入れたものは書きませんが(笑)

では今回はこれで締めです。お付き合い頂きありがとうございました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

麻雀って・・・楽しいよね

あっ!間違えた。 そう、君も咲-Saki-ブロガーになって一緒に麻雀を楽しもうよって話です。 詳細は咲-Saki-まとめアンテナさんのところの二つの記事にある通り。 ・咲ブロガー「書

コスプレするなら心まで飾れ(牌譜おさらいSS的な何か)

(今回は、迷子の坊やのみちくさ日記様の記事を参考にさせて頂きました。)こんにちはやら、こんばんはやらというかお久しぶりです。ちなみにタイトルは前回と同様に、お気づきの ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おめでとう!
他の人の闘牌も見てて楽しいですね

タイトルもいつも楽しみにしてるのよー。一つ、咲ブログで考察の時の記事だけを読む人(またはSSのみの人)がいると思うので、SS風タイトルのときはSSと分けたほうがややこしくならないでいいかと思います。(SSのみだと思って見ない人がいたらもったいない)
プロフィール

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR