スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名門・風越女子再建計画

ふぇぇ・・・華菜ちゃんの誕生日に間に合わなかったよぉ・・・

あ、1日遅れだけど華菜ちゃん、そして三尋木プロ、誕生日おめでとう。

まずはたくさんのコメントありがとうございます。亦野さん大人気過ぎてびっくりしました。可愛いもんね、仕方ないね。

……いや、実際にはアンテナさん登録ブログさんの更新が少なかったから比較的長い時間上の方にあの記事のリンクが貼られてたからだと思いますけども。いやぁ、アンテナさんすげーと思う今日この頃。

コメ返しなんですが、全部返すとですね、ただでさえ長いうちのブログがさらにとんでもない文章量になってしまいますので全部はしません。もう一度まとめて、コメントありがとうございます。

一応気になったものだけピックアップしてみるんだよもー。

まず、結果というインパクトは絶大ですねぇ。どうしても負のイメージは拭えないです。だからこそ私は決勝での亦野さんに期待しています。

多分よくある漫画内強さランキングとか作ったら実際はBかCくらいなのにFランクに位置づけられるレベルの印象が与えられています。

一応、咲という作品のテーマの一つというか特徴の一つとして「絶対的強者が存在しない」というのがあると思うんですよね。もちろん、魔王のお姉ちゃんは除きますよ?あの子は例外。

簡単に言うとどんな強者でも負けることがある、どんな子にも勝つチャンスが残されているというのが咲の魅力の一つではないかなと思います。

よく立先生は読者の予想をみて結果を変えている~なんて意見を目にしますが、既存の麻雀漫画ではほとんどないこの麻雀というゲームの偶然性に重きを置いているので読者の予想が当たらないだけだと個人的には思っています。

思いつく限りでも永水の姫様、はっちゃん、宮守のエイちゃん、長野決勝でのまこちゃん、ともきーとかおりん、副将戦でのとーか、全国2回戦の部長、白糸台から菫さん、たかみー、亦野さん、阿知賀だと玄ちゃんなどなどは偶然性を意識された描写だったと思います。

組み合わせの妙だったり対策が上手くハマってしまったり。違う場所なら活躍できた子もいるでしょうし、位置によっては戦犯になりかねない子も出てくるみたいな描写がされているのかなと。

次~。亦野さんの3鳴きは普通の人の3鳴きとはまるで違います。確かに普通の人が3鳴きする状況はかなり追い込まれている、相当な賭けに出ている状態だと思いますが。

何故か。和了り筋が確定しているからです。3鳴きの何が怖いかというと和了りが拾えないうちに相手の攻撃がきてめくり合いになった時に攻める以外の選択肢しかないことです。

もちろん亦野さんも守備面では弱くなってます。ただ、めくり合えば高い確率で勝ててしまうのが亦野さんなんです。

普通にツモってきた牌が相手の当たり牌の確率って単純計算で確か2%くらいだったはずなんですよね。だったら突っ張ってしまえば勝ちの目の方が大きいんですよ、亦野さんの場合。

で、和了り切ってしまえば相手の手を潰せるわけなので正直言えばかなりのチート能力だと私は思います。

ちなみに、多分役のないような鳴きはしないと思うで。メイン役に役牌かタンヤオ、ホンイツ等の全体役を据えて闘うんだと思います。役牌バックは多用するでしょうけど。

後々付け(役牌1枚からの仕掛け)くらいはやるかもだけど。後々付けに関しては『むこうぶち』の1巻を読んでくださいな。

最後~。リストラについて。私もないとは思います。オーダーの変更が不可なのにメンバーの変更はいいの?っていう話ですし。

ただ、リストラ問題が浮上したなら、是非亦野さんと交代で入る予定だった3年生の美少女にツンデレ風に亦野さんをたしなめて欲しいですね。

「逃げるの?」的なきつい言葉から始まって最後は「アンタはわたしたちの代表なんだから」的な感じで締めるみたいな。

ありきたりだけど絶対人気出るなこのキャラ(ガッツポ

では、本題です。華菜ちゃん誕生日用の企画です。ずばり「来年度風越女子が長野を制するには」というテーマ。

長野決勝で唯一プラスの成績を残した大エース福路美穂子が卒業する風越女子。一方ライバル校である龍門渕はレギュラー全員残り、清澄も部長は抜けるもののエース格、全国区のプレーヤーが4人。

このままじゃ来年も負けてしまう。戦力が足りない。でもプロじゃないから補強は新入生頼り。ど、どうすればえんや……。

というわけで考えてみよう。風越女子が勝つ方法を。

まず、オーダーですが対応型にしないとだめですよね。テンプレを使っても格上のチームには絶対に勝てません。

だからエースである池田華菜を大将に置くなんて言語道断です。魔物がぶつかり合う大将戦は失点しない子を置いて華菜ちゃんに稼がせた点棒を守りにいくという戦術が必要になります。

つまり、大将には残っているメンバーで一番失点の少なかったみはるんを置きます。失点は3万までは許すくらいの気持ちで。

では、華菜ちゃんはどこに置くのがいいのか。火力型なので先鋒?いえ、先鋒は絶対にだめです。面子が最悪だから。

まず片岡優希相手に東場では稼ぐのは難しい。大量得点しておきたい華菜ちゃんだからこそ最も稼げるところに置きたいです。

しかも先鋒には純君もいます。純君は華菜ちゃんにとって天敵です。火力型をかわすことに特化した選手だからです。

次に副将もだめです。速度重視のデジタル打ちをする二人の存在がきつ過ぎですね。しかもとーかの方は奥の手も持ってますし。

ここは高度な技術戦についていける純代さんに今年もやってもらいましょう。失点はある程度許容しましょう、うん。

というわけで残った次鋒、中堅のどちらかに置くべきでしょう。出来れば純君と同じタイプのまこちゃんがいない方に置きたいです。部長がいなくなってるのでどっちに来るかは分かりませんが。

龍門渕的にはともきーにも一ちゃんにも華菜ちゃんは相性がいいです。ともきーは対応タイプの守備型(染め屋のまこちゃんに1枚も鳴かしていないことから)、一ちゃんは本手のぶつけてくれるタイプなので。

余った方に文堂さんを入れます。文堂さんも純君相手だと翻弄されそうなので次鋒か中堅がベストでしょう。もう久ちゃんいないし。

というわけでみえてきましたね。風越女子が目指すべきチームは今のところベスト8が確定している中堅がエースの姫松高校です。

よし、完璧や。早速久保コーチに進言してこよ・・・

いや、止めときましょう。おそらく来年も華菜ちゃんは大将でしょう。チームメイト全員が彼女を大将に推すでしょうし、何より本人がそれを望むはず。そしてその思いを一番分かってるのが久保コーチでしょうから。

といった感じですかね。今回はここで締めます。ではではなんだよもー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

①南浦プロにお願いして数絵ちゃんに来てもらおう。
②全中ベスト16クラスを勧誘しよう。
<注意>透華を見習って保護者から説得すること。
原村の失敗を繰り返してはいけない。絶対に。

No title

うーん、その論理だと池田は次鋒が最適だと思うんですが。
というのも、おそらく清澄にムロが入部すると思われます。その場合、実力的にそのまま中堅は無謀だと思うので考えられないと思います。おそらく負担が軽い次鋒になるのではと。その場合、先鋒と大将はそのままだと思うので、まこを中堅にまわすか、和を中堅にしてまこを副将にすると思われます。
そうなった場合、池田を中堅においたら、筆者の懸念にどんぴしゃ嵌ってしまいますから、消去法で次鋒になると思います。

No title

ただ中学で活躍したエリート新一年生が入ってくるのは風越なんですよね
清澄は長く活動実態すらなかった無名校、龍門渕も一応名門と言えどあと一年は理事長の血縁である透華のワンマンチームですから、どちらも入り辛いですし
まず衣と咲相手に最低でもかじゅレベルで渡り合える新人は必須、そして池田の起用が上手くハマればなんとかって感じでしょうか

No title

池田は個人戦で純くんに勝ち(総合順位では負けましたが)、合宿でまこさんに勝っているので、先鋒~中堅ならどこでも戦えそう。

半月ほど前、当記事に近い方針の考察があったので参考になるかも。
来年ではなく今年の話ですが、「先鋒~次鋒に戦力を固めてどこかをトバし、昨年の臨海vs龍門渕みたく大将まで回さずに勝つ」といったコメントがあったり。

・【徹底検証】風越はどうすれば勝てたのか
ttp://blog.livedoor.jp/mippo_captain/archives/23341003.html
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。