スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワイ「デジタルっていうのは」胡桃「うるさい、そこ」

さて、今回は2部構成になっております。前半はコメ返しを兼ねてまた少しだけ麻雀談議をします。うるさい、そこと思われる方は天使の画像がある辺りまで飛ばしちゃってくださいな。

後半は、キャラソートをやろうと思ってたんですがそれは後に回して折角BPCに触れたのだから会員の中でも天才的な感性を持つ、詩人文豪ある意味咲ファンの鑑である副会長の呟きをご紹介させていただきます。

リア友の私が時に尊敬の念を覚え、時に完全に引いた彼の溢れ出る咲キャラへの愛を堪能頂ければ幸いなのですよー。

まずはコメ返しからやってくでー。そういえば私良く引用の仕方が分かってないから「」で抜粋させて頂きますのでご了承よろしくなのよー。

「でこぼこの崖道を平坦な道路を歩くのと同じように歩いているようなものなのになぜか大丈夫みたいな印象がぬぐいきれない」

そうだねー。作者の寵愛を感じざるを得ませんねー。

「和了できるかできないかの二分の一。確率の意味で言ってるのでないのはわかりますが違和感を覚える言い回しだと思いました」

実はこれもある麻雀漫画のキャラの台詞なんですが、個人的に物凄く好きな考え方です。和了率とか役の出現確率とかって1000局単位の話なんですよね。ただ、1局だけでみたとき結果的にはどんな手役だろうが和了れたもしくは和了れなかったという結果しか存在し得ません。母数が1だから0か1しかないという訳です。

長いスパンで考えることもとても重要なことなんですが、それだけをみて麻雀を打つのはつまらないかなって思います。1局1局を真剣に打つからこそ長いスパンでも結果が出せる。与えられた数字ではなくその場に合わせた選択をするべきだよって考え方が表れている名言かなーって。

もちろん今の定石を作っている人達(いわゆる麒麟児と呼ばれる人達)は1局を大事に考えた打ち方を提案しているのですが、それを上辺だけなぞって使っている人が多いかなとは思います。それこそ……

「たった1回の人生でも論理と計算ずくで生きていくの?」

という感じなんですよね。だからこそ一度初心に帰るためにも「和了れるか和了れないかの2分の1」っていう考えにも興味を持っていただければ幸いです。……もちろん実際には降りとか絞りとか様々な要素があるのでこれが全てだなんて口が裂けても言えませんが(笑)

残りのコメなんですがデジタルとオカルトという話なのでまとめて。

○デジタルオカルト理論への指摘見解

「デジタルはデジタルでも麻雀は天気予報や経済活動のようにいくらでも精度を上げられる複雑系ってだけでわ」

「相手の考慮をしないのが致命的とあるけど相手を考慮しても突然打ち手を変えてくる人間がいるというか上位になるほど癖を隠したり打ち筋を何個かもってるから結局変えないのが正解というのがデジタルの考え方」

うーん、そうですねぇ……今から語るのは私的見解なので気に入らないという方は流して頂ければ幸いだよもー。もーもー。

まず、精度の話。確かにあげられます。計算、確率を理解する、経験則などなど色んな事を積み重ねれば精度はあがります。

が、「いくらでも」は絶対に無理です。それは麻雀というゲームが一度に多くの事を要求され選択しなければならないゲームだから。

これは麻雀打ち皆の師匠こと『打姫おバカミーコ』の波溜さんが言ってることなんですが麻雀は矛盾する二面性を内包してるゲームなんですよね。

例えば一貫性を持っていなければ勝てないし(こっちがあるのがのどっち)、臨機応変な柔軟さがなければ勝てないのが麻雀です。

うーん、RPGのステータス振りだと思ってくれれば分かりやすいかも?全部マックスには出来ないから色々選ぶ必要があるんですよね。

で、そのステータス振りを選んでいく基準にデジタルとオカルトがあるんだと私は思います。この基準が明確な根拠を持つかどうかでデジタルとオカルトは区別されているのかなと。

デジタルは数字、確率、統計という根拠のあることを基準にしています。一方オカルトは経験則など明確に根拠のないことを基準にしています。

どっちがいいかという話はしません。経験則は数値に出来ないだけでその人オリジナルの根拠を持つものですから。好きな方を選んで頂ければいいのではないでしょうか。

さて、確かにデジタルは統計をもとにすることが多いため「相手を考慮せず打ち方を変えない」という考え方になることが普通です。

ただ、相手の応じて対応するデジタル打ちも存在するんだよね。「相手を考慮したうえで自分が数値として持っている根拠通りの打ち筋をする」というのもデジタル打ちなんです。数値という明確な根拠があるので。

例えば癖、傾向というものも確率に直すことが可能なんですよね。「癖を隠したり打ち方を複数持っている」人は確かにいますが、プレイスタイルがないということは絶対にあり得ません。だって人間だもの。みちお

船Qもしっかり数値化してたでしょ?それこそ統計は1000局単位で物を考えているので癖、傾向も数値化出来、ちゃんと自分の打ち筋に生かすことが出来るのではというのが私の意見です。

今、ここまで明らかに咲要素なかったから無理やり船Qの話を入れたと考えた人!図星なんでちょっと指摘すんのやめてーな(懇願)

ちなみにここまでうだうだ言ってきましたが、この考え方の基には『牌賊オカルティ』という麻雀漫画の梨積さんという方がいらっしゃいます。私の師匠その2ですね。片ちんの漫画はぐうすばらですよね、うん。

ちなみに梨積さんはのどちゃんタイプだったりします。全ての麻雀打ちがデジタルに打つようになるのが彼の最大目標ですからね。ただ、第六感が人より優れているので時たまデジタルに外れた和了りをするというとーかに似てるキャラです。というかとーかの元ネタこの人なんじゃないかな?

梨積さんは作品通して迷いながらも考え方が一貫しているのがいいんですよね。だからこそ最後に夏月を認めるシーンがすばらなんです。

彼も対応するデジタルなんですが、読みの範囲がデジタル打ちをしているという前提だったり。彼の提唱するイーシャンテン打法は私の麻雀に大きな変化を与えてくれたのよー。のよー。

こんな感じですかね。これ以上やると「咲-Saki-全く関係ないやん、カテゴリ詐欺かっ!」と言われそうなのでここまでで止めとこう(笑)

あ、あとのどちゃん能力者説は私も同意です。詳しくは【道筋理論】「選ぶ」能力 線引きで少しだけ、本当に少しだけ申し訳程度に触れてたりしますので是非読んでくださいなという宣伝でコメ返し締めです。

ぐだぐだ語っちゃったわー。っべわー。どうだった、しろみー?

だる…改変版

え?ええ?熱く語ってたじゃん。かっこ良かったでしょ?でしょ?……はい、茶番ですね。いや、だらだらした駄文終わったよーって合図的な意味合いやで?本当はしろみーは私の話ならだるがらずに聞いてくれるから。

病院行く?

というわけでここからはおふざけのターンです。副会長が残した咲愛溢れる名言の数々をご堪能あれだよもーもー。

そういえば許可とってないけど副会長なら多分事後通達でも大丈夫だね。ちなみにアカウント名は書くとあれかなーって思うので「bpc」に「副会長」ってローマ字で打てば多分見つかりますとだけ言っておきます。

前情報としては彼は基本宮守スキー。その他玄ちゃん、泉ちゃん、しず、あわあわ辺りに面白いツイートがあったりします。

○重度な咲オタの名言で打線組んだったwwwwwwwwww

1番 センター

将来的に塞ちゃんは高校教師、胡桃ちゃんは小学校の先生が似合いそう シロはプロの道に進んでそう

高校教師になってピッチリ決めた塞ちゃんに放課後2人だけの個人授業してもらいたいというのは塞ちゃん好きの間では論を待たないところ

2番 セカンド

気持ち悪い

副「あ〜胡桃ちゃんもっと言って〜」

201206081.png

副「か わ い い ! !!!もっと踏んで!!!!!!」

3番 ライト

貴方が選ぶベストメンバーは?という質問に対して……

難しいところだけど、先鋒しろみー、次鋒エイスリン、中堅胡桃ちゃん、副将塞ちゃん、大将姉帯さん こう・・・かな?

4番 ファースト

さあ一緒に、「ミヤ・ミヤ・モリ・モリ みんな和了れるよ♪」

「ミヤ・ミヤ・モリ・モリ みんな可愛いよ♪」にしなかったのは、わずかに残っていたキモさを自覚する心の表れだったと思う・・・

ミヤ・ミヤ・モリ・モリ みんな可愛いよ♪

5番 サード

昨日明け方見た夢 

胡桃「もーどこ行ったのよ!」 

~(物陰)~ 

塞「・・・本当にいいの?」
俺「ああ。俺は胡桃が好きだ。だからこそこんな血で血を洗う闘いに彼女を連れてはいけない」
塞「私はいいんだ?」
俺「・・・トイレ行ってくる」
塞「ごまかすな!」(ボコー」

塞(いいわ、卓外でのコイツは胡桃のもので。でも卓上では私がいっしょ・・・)
塞「///・・・さて」
俺「そろそろいきますか」
2人「世界を救いに(麻雀やりに)」

6番 DH

塞ちゃんとのデート権を賭けて宮守のメンバーと勝負し、見事1位になる青年だったが嫌そうな塞ちゃんを見て

「これだけ面白い麻雀が打てたんだ。最高に楽しいデートだったよ」

と言ってその場を去る青年

とぼとぼ歩いているときに後ろから追ってきて

「ほんとは行きたいんでしょ、・・・デート。お茶くらいなら・・・///」

と言ってくれる塞ちゃん

大歓喜の青年に、塞ちゃん

「ちょっと、騒ぎ過ぎ!!///」 fin.

って夢たった今見た(←あーもキッモイキッモイwwwww

7番 ショート

はあ・・・塞ちゃんのオネショタ本の妄想が頭から離れない・・・

8番 レフト

(姓名判断をしてみて)結婚したら幸せになる胡桃ちゃんを嫁にします 結婚したら凶になる塞ちゃんは恋人にします

※ちなみに胡桃ちゃんはこいつの名字と合わせると本当に語感がよかったりする。かわいそうに……

9番 キャッチャー

「頑張ってって俺の隣にいるしずがいってるで」という呟きに対して

ありがとう終わったで。穏乃はずっと一緒にいたから、そっちにいるのはしずかちゃんか誰かだね(ニッコリ

先発

嫁宣言とかキモいと思う。所詮2次元でしょ。と思って〇〇は俺の嫁、って言葉は今まで絶対に使ってこなかった。

でも今なら初めて言ってしまうとおもう・・・咲の臼沢塞ちゃんは嫁です。(胡桃ちゃんは奥さんです。しろみーは妻です。姉帯さんは家内です。エイスリンはワイフです。)

中継ぎ

宮守に 会えて ほんとうによかった 嬉しくて 嬉しくて 言葉に 出来ない ラララ ラララ 言葉に 出来ない

抑え

今日はサッカーだったか・・・塞ちゃんがGKやってれば0点に抑えるだろうになあ・・・(←キメエwww)

……どうだろう、4番は55本打てる逸材だと思うんだ。1,5,6番辺りも相当やばい打者だねこれは。投手陣はチーム防御率が0点台あるで。

ただ、こいつのやばいツイートはこれだけじゃない。こんなの氷山の一角なんだよもー。というわけでベンチメンバーを少しだけご紹介。

ベンチメンバー1

ドラフト会議に合わせて咲ドラフトの話になり……

俺将、臼沢塞単独1位指名 なおテッルや姉帯さんをとられた結果2位鹿倉胡桃でファンのブーイングを受ける模様

ベンチメンバー2

まあ麻雀の役でたとえれば、玄ちゃんはリーヅモ表3裏3 塞ちゃんは役牌表1赤1 泉ちゃんは白のみ500オール みんなちがってみんないい

ベンチメンバー3

大将戦前控室のあわあわに対して

あとは「あはははっ、なんで泣いてるの?」ぐらいのぐう畜さがあれば俺将ランキング1位逆転もありますわあ・・・

ベンチメンバー4

臼沢塞.356 42本106打点 鹿倉胡桃 5勝0敗45H防御率1.56 現実の野球が熱い展開だというのに無駄なことを考える

ベンチメンバー5
姫様浮き輪回の直後の呟き

目立った動きがない!?近々水着回あったらどうするんや!ヤンガン3つ買うで!

ベンチメンバー6

「宮守」とは個々人ではなく集合体。個々人も勿論好きだけど、その集合体にこそ意味があり・・・。いわば幻影旅団・・・

ベンチメンバー7

夏は泉。月のころはさらなり。

冬は塞。雪の降りたるはいふべきにもあらず。

ベンチメンバー8

無意識のうちに「臼沢塞 〇(単語)」で検索していた・・・酔った勢いとはいえ死んだ方がいいな・・・

ベンチメンバー9

今日は飲み会もなく家で遊べるから、宮守と他の麻雀漫画のクロスオーバーの妄想でもするかな・・・「サエ〜岩手に舞い降りた女神」「ダマの胡桃」・・・・・・キメエwww

※ちなみに1月頭に私が書いたちゃちゃのんとむこうぶちのクロスSSもこの子の妄想から生まれてたりします。

ベンチメンバー10

今後麻雀やるとき、毎度毎度のクソ配牌を「まーた淡ちゃんか、しかたないな」で済ませられるようになったのは大きい

監督

宮守敗退を知って……

これほどまでに 「おちつけ…大丈夫こんなもんだよ 泣くほどの事じゃねぇよ 最初から期待なんかしてなかったもん こんなもんだよ!」が似合う状況はそうそうない

そう・・・なかば諦めていた・・・ただ・・・それでも・・・奇跡を期待していた・・・・・・うわああああ

その後も延々と悲劇の叫びツイートが。

……紅白戦出来るね(ニッコリ

こんな感じだったんですがいかがでしょうか。正直私はこの子ととても長い付き合いだけどその感性についていけなくなることもしばしば。天才なんだよね、多分。その妄想力は尊敬に値するで。

最後に、頑張ってもらったので副会長の告知コーナーを設けてあげます。

【周知】 11月は、「臼沢塞(cv.矢作紗友里)推進運動」月間です。BPC会員は高い意識を持って運動に取り組みましょう。なお、引き続き他の宮守メンバーのcv案も募集しています。

多分今もこの運動は彼一人の手によって進められています。賛同してあげるよもーって人募集だよもー。ちなみに胡桃ちゃんは「うるさい、そこ(駄美声)」という相沢舞ちゃんを推しているみたいです。

そんな感じでしたー。次回は牌譜検討か今回みたいなネタ記事か、それとも個性を求めて少し実験的な記事を書くか……悩んでますが多分近いうちにあげると思うので付き合っていただければ嬉しいのよー。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たった1回の人生だからこそきちんと論理と計算を考えて
生きていくべきなんじゃないでしょうか
何回もやり直せるなら自分の直感を信じて無茶したいけど
1回きりの人生でそんな不確かなものに頼って失敗したら
家族に申し訳が立たな過ぎるし
こけて怪我するのが自分だけならいいんですけどね

No title

宮守にスフィアがぶち込まれるという風潮
プロフィール

みちくさぼーや

Author:みちくさぼーや
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。